FC2ブログ

岩手県盛岡市高松・高松神社

高松神社(高松3-5-2)は、桜の名所「高松ノ池」から西300mの旧奥州街道沿いに鎮座。

由緒:寛永2年(1625)寺町(旧花屋町)の商人・三郎兵衛・三太夫の発願により、庚申信仰の場として創建したのが起源。
江戸期より「お庚申さん」と地域の人々から親しまれていた古社です。
明治初期(1868~)猿田彦神を祭神として現社名に改称、村社に列し大正5年(1916)神饌幣帛料供進神社に指定。
交通安全・厄除け開運・出世開運・縁結び等のご霊験あらたかな道びきの祭神「猿田毘古命」を安置。

表参道口に社号標「高松神社」、一ノ鳥居(台輪鳥居)。
盛岡市高松・高松神社社参道口
















昭和30年(1955)建立「狛犬」。
盛岡市高松・高松神社狛犬吽盛岡市高松・高松神社狛犬阿
木製扁額「高松神社」を掲げた「朱の二ノ鳥居」(台輪付両部鳥居)。
盛岡市高松・高松神社ニノ鳥居















石塔の右側の碑面「黙示乃健児は還らず」、左側は岩手師範学校同窓生による学友の鎮魂碑。
盛岡市高松・高松神社鎮魂碑他















境内は深い鎮守の杜に覆われ、参道右手に神楽殿と境内社。
盛岡市高松・高松神社境内
















切妻造り・向拝の「拝殿」。
盛岡市高松・高松神社拝殿
















向拝彫刻「透かし彫りの龍」。
盛岡市高松・高松神社拝殿向拝















扁額「高松神社」。
盛岡市高松・高松神社拝殿扁額














社殿は権現造り、切妻造りの「本殿」。
盛岡市高松・高松神社本殿















境内社は3社です、右は学問の祭神「菅原道真」を祀る「高松天満宮」、左に朱の鳥居が建つ五穀豊穣・商売繁盛・開運招福の祭神「倉稲魂命」を祀る「笠間稲荷神社」。
盛岡市高松・高松神社笠間稲荷神社と高松天満宮















境内社「高松稲荷神社」(倉稲魂命)。
盛岡市高松・高松神社境内社稲荷神社
















裏参道沿いに大正11年(1922)建立「南無阿弥陀佛」2基、馬の守り神として信仰されてきた嘉永6年(1853)建立「馬頭観世音」(左)。盛岡市高松・高松神社馬頭観世音他















裏参道口。
盛岡市高松・高松神社裏参道口



















岩手県岩手郡岩手町のマンホール

岩手町は北緯40度に位置し、御堂の正覚院境内の「弓弭の泉」は、東北最大の河川・北上川の源泉として知られています。
岩手県岩手郡岩手町・汚水(デザイン)


川口第9地割で撮影。




円内に北緯40度の町と北上川の流れをイメージした「40」、「北上川源泉のまち いわてまち」、
外周上部に町の鳥「キジ」、右に町の木「御堂松」、左に町の花「リンドウ」、下部にローマ字「OSUI」がデザインされた汚水用。








岩手郡岩手町・汚水親子(源流の町)


川口第12地割で撮影。





同デザインの汚水用親子蓋(テトラポット)。









岩手郡岩手町・汚水枡(デザイン・径30)


川口第9地割で撮影。





同デザインの汚水枡(径30cm)。







岩手郡岩手町・汚水枡JIS(径30)



川口第12地割で撮影。




「町章」、汚水枡(径30)







岩手郡岩手町・汚水枡JIS(小・鍵穴違い)






上写真と鍵穴違いの汚水枡(小型)。








岩手郡岩手町・汚水枡JIS(小)






「町章」、デザイン違いの汚水枡(小型)。







岩手郡岩手町・汚水枡(プラ・市章カラー)


川口第15地割で撮影。




「町章」がカラー(グリーン)の汚水枡(プラ)。







岩手郡岩手町・汚水枡(プラ)


川口第12地割で撮影。



「町章」、汚水枡(プラ)。







岩手郡岩手町・仕切弁(黄)








4分割に「町章」と「仕切弁」文字、周囲をカラー(楕円・黄)にした仕切弁(径30)。








岩手県岩手郡岩手町・仕切弁(青)







カラー違い(青)の仕切弁。








岩手郡岩手町・仕切弁(赤)







カラー違い(赤)の仕切弁。








岩手郡岩手町・仕切弁(75-PE)






「町章」、「PE 75」のカラー仕切弁(青・ドット)。








岩手郡岩手町・流量計


川口第15地割で撮影。






中心円に「町章」、左右に「鍵穴」の流量計(網目)。









岩手郡岩手町・消火栓(赤・75-PE)


沼宮内で撮影。





「町章」、「75 PE」のカラー消火栓(赤・ドット・径30)








岩手郡岩手町・排水弁(青)








「町章」、周囲をカラーにした角形の排水弁(青・アーガイル×ドット)。











岩手県岩手郡玉山村(現・盛岡市)のマンホール

岩手郡玉山村玉山村は、平成18年(2006)1/10に盛岡市に編入合併しました。
西に県最高峰・岩手山(日本百名山)、東に姫神山(日本二百名山)が望め、石川啄木の故郷で知られています。
村の木「スギ」
村の花「スズラン」
村の鳥「キジ」


岩手郡玉山村(盛岡市)・汚水(スズラン)


渋民愛宕で撮影。





中心に「村章」、上部に岩手山(2038m)、下部に「姫神山」(1123.8m)、
村の花「スズラン」、左右に「北上川のせせらぎ」をイメージした汚水用。









岩手郡玉山村(盛岡市)・汚水親子


玉山馬場で撮影。







同デザイン汚水用の親子蓋(凹形の六角形×Y字)








岩手郡玉山村(盛岡市)・汚水枡


渋民鶴塚で撮影。




汚水枡。

















品川区戸越・戸越八幡神社

旧村社・戸越八幡神社(戸越2-6-23)は、東急大井町線:戸越公園駅から600m北の住宅街に鎮座。

由緒:室町後期(大永6年1526)行永法師が旧中原街道沿い(荏原)の藪清水池より出現した御神体(誉田別命)と、京・石清水八幡宮を勧請して草庵に共に祀ったのが起源、多くの人々から崇敬を受け、祈願成就のご霊験あらたかなことから成就庵とも称されました。
後、江戸初期(文禄元年1593)行慶寺を開山した念誉上人が、成就庵に八幡神社を建立し御神体と阿弥陀如来を安置。
元禄元年(1688)行慶寺が現在地に移転し、明治初期の別当廃止で戸越村の鎮守となり崇敬されてきました。
祭神「誉田別命」を安置。

表参道(南)に社号標「村社 戸越八幡神社」、明神鳥居。
品川区戸越・戸越八幡神社社頭















扁額は明治神宮宮司甘露寺受良謹書「戸越八幡神社」。
品川区戸越・戸越八幡神社表参道鳥居扁額
















住宅街にありながら、南北に広い境内は鎮守の杜を形成、北に伸びる参道沿いは社叢に覆われています。
品川区戸越・戸越八幡神社参道
















左に西参道の鳥居、ここを進むと元別当・行慶寺です。
品川区戸越・戸越八幡神社西参道
















参道右に社務所。
品川区戸越・戸越八幡神社社務所
















社務所左に「手水舎」。
品川区戸越・戸越八幡神社手水舎















龍口を置く「唐子手水鉢」。
品川区戸越・戸越八幡神社手水鉢
















四隅を担ぐ唐子。
品川区戸越・戸越八幡神社手水鉢の四神
















参道左に江戸期、草相撲と共に力比べで使われた「さし石」(力石)。
品川区戸越・戸越八幡神社さし石















明治6年(1873)再建「狛犬」。
品川区戸越・戸越八幡神社参道狛犬吽品川区戸越・戸越八幡神社参道狛犬阿
足で押さえられショゲた表情の吽形の子犬。
品川区戸越・戸越八幡神社参道狛犬吽形の子犬
















左の子犬は玉取り、右の子犬は足で押さえられ首を伸ばし親に視線を向けています。
品川区戸越・戸越八幡神社参道狛犬阿形の子犬二匹と玉
















天保期(1834・1836)刊「江戸名所図会 戸越(とごえ)八幡 行慶寺」に「戸越村の鎮守なり 天文年間の鎮座奈りといふ 御正躰者聖徳太子の作本地佛阿弥陀如来の像ハ春日の作なり 當社境内の小石を疱瘡の守と毛霊験ありとて土人是を拾い・・・・」と記され、現在と同じく参道西(左)側に行慶寺が描かれています。
江戸名所図会行慶寺・戸越八幡



























「戸越の地名の起り碑」。
地名は、直に願いが叶うと云われた成就庵(当社の起源)の評判を謡った古歌「戸越えて 清水の上の成就庵 ねがひの糸の とけぬ日はなし」から、当地が江戸越えの村だったことに由来。
又、安政3年(1856)刊「江都名所図會」に狂歌二首が載せられています。
疱瘡を 守る戸越の 八まんに 神子は笹湯を あふる御祭
疱瘡の 守りにせんを 諸人が 戸越の宮に ひろふ軽石
品川区戸越・戸越八幡神社参道左の碑
















大正4年(1915)建立「大正天皇御大典記念碑」。
品川区戸越・戸越八幡神社大正天皇御大典記念碑

















入母屋造りの「神楽殿」、右側が東参道です。
品川区戸越・戸越八幡神社神楽殿
















正面板絵「松」を背に、神職による匝嵯市のお田植祭で収穫された「稲穂」、前に商売繁盛の神「恵比寿天」、福徳開運の神「大黒天」、南面の板絵に「例祭の神輿渡御」が描かれています。
品川区戸越・戸越八幡神社神楽殿内
















神楽殿外壁左右に描かれた満開の「桜」。
品川区戸越・戸越八幡神社神楽殿南側の壁絵
(南側)




神楽殿左に「神輿奉安庫」、左に「忠魂碑」。
品川区戸越・戸越八幡神社神輿殿
















駒札「御本社」、屋根紋「三つ巴紋」の「神輿」は市川市本行徳の神輿師16代浅子周慶謹製。
品川区戸越・戸越八幡神社神輿















靖国鳥居を置く「忠魂碑」。
品川区戸越・戸越八幡神社忠魂碑
















玉垣内の社殿は安政2年(1855)改築、権現造り・総檜造り。
「拝殿」は入母屋唐破風・向拝、前に「福分け猿(左)・夢叶うさぎ(右)」。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿















戸越村の村民達が延享3年(1746)奉納した角(吽形)と宝珠(阿形)の「狛犬」(区有形文化財)。
区内最古の狛犬で、台石三面に戸越村207名の奉納者名が刻まれています。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿前の狛犬吽品川区戸越・戸越八幡神社拝殿前の狛犬阿
尾は先端が欠損した阿形(右)の方が少し幅広で、巻き毛の形も違っています。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿前の狛犬吽バック品川区戸越・戸越八幡神社拝殿前の狛犬阿バック
神紋入り鬼瓦、唐破風懸魚「鳳凰」、向拝「龍」。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿唐破風 (2)


























木鼻「龍」、神殿幕で頭貫や持ち送り彫刻が拝見出来ないのが残念です。
品川区戸越・戸越八幡神社左木鼻品川区戸越・戸越八幡神社右木鼻
明治神宮々司一戸兵衛謹書の拝殿扁額「八幡神社」。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿扁額
















拝殿内。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿内
















拝殿内には多くの「奉納絵馬」が掲げられています。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿の奉納絵馬1















奉納絵馬。
品川区戸越・戸越八幡神社拝殿奉納絵馬2
















入母屋造りの本殿。
品川区戸越・戸越八幡神社本殿
















本殿の頭貫の上二段に渡り、麒麟・鳥・植物等の見ごたえある彫刻が施され、木鼻は唐獅子です。
品川区戸越・戸越八幡神社本殿彫刻













境内の豊かな杜は区保護樹林に指定されています。
玉垣外の北東角には、樹高や幹周等一際見事な「御神木」(→)が寄り添うように本殿をお守りしています。
品川区戸越・戸越八幡神社本殿右の御神木




























社殿左右には現在地に遷座(1688)の際、建立された末社が祀られています。
左に五穀豊穣・家内安全・衣食住の祭神豊受姫命を安置する「稲荷社」。
品川区戸越・戸越八幡神社境内社稲荷神社
















右に災難厄除け・病気平癒・縁結び等の祭神天兒屋根命を安置する「春日社」。
品川区戸越・戸越八幡神社境内社春日社
















御朱印。
品川区戸越・戸越八幡神社御朱印0





















川崎市幸区東古市場・天満天神社

多摩川大橋手前のR1号沿いの御幸公園(3万㎡)。
明治期、小向一帯(旧小向村)は梅栽培が盛んで、明治中期に梅林を訪れた文学者成島柳北が連載した「小向観梅記」こ、「一村尽く梅で 夜はいはゆる天地一白、燈を点せずして 車を挽くを得べし」から梅の名所として広く知れ渡りました。
幸区東古市場・御幸公園
















梅林を復活させる為、北側には御幸公園梅香事業による梅林が広がり、明治17年(1884))明治天皇が小向梅林に行幸された「明治天皇御観梅跡碑」があり、園名「御幸」や「幸区」は天皇御幸行記念に由来しています。
幸区東古市場・御幸公園内の明治天皇碑
















公園の西500mに祭神「菅原道真公」を安置する川崎唯一の天神「天満天神社」(東古市場83)。
創建年代不祥ですが、安政大地震(1855)で折損した鳥居年号や文献等によりますと、当社は約三百数十年前に古市場農民二十数戸の浄財により、多摩川大橋の上流約50mの中央河川敷(幕府領)に村の氏神として建立されたと伝わります。

明治以後、東京府荏原郡矢口村古市場となり、上台東部台地の一千余坪の社地に茅葺の社殿、松や杉の老木が生い茂り、毎年12月に社前で開かれた古市場天神の市(毎年12/25)では盛況を極めたことから、地名発祥の社とされている古社です。

南向きの参道口に明神鳥居、社号標「天満天神社」。
幸区東古市場・天満天神社社頭
















子・玉取りの「狛犬」は大正元年(1912)建立・昭和35年(1960)再建、大正期の台石正面に「梅鉢紋」。
幸区東古市場・天満天神社狛犬吽幸区東古市場・天満天神社狛犬阿
権現造りの社殿は昭和47年(1972)再建、高欄を廻らした入母屋向拝の「拝殿」。
幸区東古市場・天満天神社拝殿
















向拝「龍」。
幸区東古市場・天満天神社拝殿向拝の龍












木鼻「唐獅子」。
幸区東古市場・天満天神社拝殿左木鼻幸区東古市場・天満天神社拝殿右木鼻
郷社稲毛神社社司謹書扁額「天満天神社」。
幸区東古市場・天満天神社拝殿扁額















「拝殿内」、東西の扉は開け放されています。
幸区東古市場・天満天神社拝殿内















本殿(南東から)。
幸区東古市場・天満天神社本殿
















社殿左に「由緒碑」、前に先代「狛犬」。
幸区東古市場・天満天神社天神の庭と先代の狛犬
















再建された狛犬の台座から、建立年代は大正元年と思われますが。
幸区東古市場・天満天神社先代の狛犬吽幸区東古市場・天満天神社先代狛犬阿
前面は欠損や修復跡がありますが、後面は建立時のままの深い彫が見事です。
幸区東古市場・天満天神社先代狛犬吽バック幸区東古市場・天満天神社先代狛犬阿バック
由緒碑左に建立年代不明の「庚申塔」(日・月・四臂青面金剛・三猿)が祀られています。
幸区東古市場・天満天神社青面金剛像
















左の旧社跡に、関東大震災(大正12年1923)で折損し修復された先代の鳥居(明神鳥居)、礎石や灯籠等が置かれた「菅原道真公御神忌壱千百年記念 天神の庭」。
幸区東古市場・天満天神社天神の庭
















境内北・西・南側の枝張見事な5本の大樹「イチョウ」(保護樹林)は、篤志者から奉納された記念樹だそうです。
幸区東古市場・天満天神社境内南東から社殿
















拝殿左の樟(クスノキ)は、紀元2600年記念で国より拝受した記念樹です。
幸区東古市場・天満天神社の樟
















境内西から社務所。
幸区東古市場・天満天神社境内西から社務所









渋谷区恵比寿南・稲荷坂

恵比寿駅界隈の散歩です。
駒沢通りからの「恵比寿駅西口」。
恵比寿駅西口1















北口ロータリー前の「えびす像」。
恵比寿駅西口の恵比寿像














駒沢通りを渡り「庚申橋西交差点」を右折。
庚申橋交差点手前1















緩い左カーブの先が渋谷川に架かる「庚申橋」です。
渋谷区・渋谷川手前
















西袂に江戸後期・寛政11年(1799)造立「庚申橋供養碑」があります。
渋谷区・庚申橋袂の橋供養碑
















碑の上部に「日・月」、左右に「國土安穏・天下泰平」、「三猿」、「邪気」を踏む「六臂合掌青面金剛」。

又、陽刻下の四面には、渋谷・麹町・赤坂・芝・麻布・四谷・大久保・池袋、市ケ谷方面から目黒・中野・世田谷・荻窪等広範囲にわたる橋講中世話人役や万人講、個人名がびっしりと刻まれていることから、江戸期よりこの道は交通の要衝だったことが窺えます。
渋谷区・庚申供養碑上部彫刻




















丸みの護岸を流れる渋谷川、西袂の右親柱「こうしんはし」、左は「庚申橋」、渡り詰めは逆になっています。
渋谷区東3町目・渋谷川の庚申橋
















明治通りに合流。
渋谷区東・明治通り
















横断した右手に曹洞宗「渋谷山福昌寺」(伝慈覚大師作本尊阿弥陀如来)。
創建年代不祥ですが、慶長2年(1597)寂の僧桂岩宗嫩の開山からそれ以前の創建とされる古刹、かつては閻魔堂が祀られていたことから閻魔寺とも称されていました。
渋谷区東3丁目・福昌寺















境内左に「花供養碑」、左には路傍で庶民が礼拝の対象とした「阿弥陀石棺仏」(区有形文化財)があります。
渋谷区東3丁目・福昌寺境内
















この石棺仏は、像容等から南北朝期に彫られたとされ、古墳中後期頃の家型石棺の蓋の内側を長方形に彫り窪め、蓮台上に船形光背、蓮華を持ち来迎印を結ぶ阿弥陀如来の姿で、立像は極めて稀とされています。
渋谷区・福昌寺の石棺仏
































道を戻り、庚申西交差点を直進した先に山手線・埼京線の「庚申道ガード」。
煉瓦造りや石積み擁壁が時代を感じさせますが、落書きが目立ちます。
渋谷区恵比寿西・庚申道ガード
















五差路の「恵比寿西1丁目交差点」で南下して駒沢通りへ。
渋谷区・恵比寿西1丁目交差点
















西側市街地に家内安全 無病息災 五穀豊穣にご霊験あらたかと信仰される「恵比寿神社」。
創建不祥ですが、景行天皇(111~113)とされる説もある古社で往時は天津神社と称していました。
昭和34年(1959)区画整理で駅前から現在地に遷座され、西宮神社事代主命(恵比寿神)を勧請して合祀し、地名や恵比寿ビールに因み現社名に改称されました。
祭神「国常立神 豊雲野神 角杙神 意富斗能地神 伊邪那技命 伊邪那美命 事代主命」を安置。

古樹クスノキ(保護樹林)が囲う境内は、十字路の中心に位置した楕円形をしており、多くの参拝者が訪れていました。
渋谷区恵比寿西・恵比寿神社社頭















扁額「恵比寿神社」、「新願成就・美徳天道」看板を掲げた切妻向拝の拝殿。
渋谷区恵比寿西・恵比寿神社拝殿扁額
















石造り本殿、左下にモルタルで埋めた火灯窓があります。
渋谷区恵比寿西・恵比寿神社本殿
















駅西口に戻り、駅沿いに直角に折れます。
渋谷区恵比寿・恵比寿駅西口の稲荷坂手前
















駅西側の線路沿いを南に上る「稲荷坂」、先程までの喧騒が嘘のような静けさ。
渋谷区恵比寿・稲荷坂
















次第に勾配がきつくなり、線路より高くなります。
渋谷区恵比寿南・稲荷坂の坂上近く
















稲荷坂は全長約130m、ピーク手前の右マンションに坂名に因む福徳稲荷神社が祀られています。
渋谷区恵比寿南・稲荷坂坂上の手前
















社頭に明神鳥居と社号標「正一位 福徳稲荷大明神」(倉稲魂命)。
渋谷区恵比寿南・稲荷神社社頭
















由緒等がありませんが「‥童子」、「澁谷次郎之趾碑」から、往時の渋谷村、澁谷次郎の屋敷跡で、その邸内社として祀られていたのではと推測されますが。
渋谷区恵比寿南・稲荷神社境内の石塔
















神使「狐」は巻物と玉を銜えた2対です、手前が昭和53年(1978)建立、後方が50年(1975)建立。
渋谷区恵比寿南・稲荷坂の稲荷神社狛狐左渋谷区恵比寿南・稲荷坂の稲荷神社狛狐右
扁額「福徳」を掲げた社殿。
渋谷区恵比寿南・稲荷神社社殿
















坂上から坂下方面。
渋谷区恵比寿南・稲荷坂坂下方面
















地名や駅名、恵比寿神社、福徳稲荷と回りましたが、町一帯が金運招福・災難厄除け等福が舞い込みそうな活気にあふれています。






川崎区港町・川崎河港水門

多摩川の南岸に、昭和3年(1928)運河と多摩川を仕切るための水門として竣工した「川崎河港水門」(国有形文化財)がある。
川崎区港町・川崎河港水門全景

















2本のタワーとの壁上部に、扁額によく使われる装飾を施こした長方形の窓、上部に「市章」。
川崎区港町・川崎河港水門左から






























南面壁に「丸窓」、頂部の装飾「ナシ・ブドウ・カキ」はかつては川崎の名産品でした。
川崎市港町・川崎河港水門柱のオブジェ


















ローラーゲート式水門の高さ20.3m、水門幅10m。
川崎市港町・川崎河湊水門プレート














現在は砂利運搬船等の出入りに使用されている水門の南の船溜まり。
川崎区港町・川崎河港水門の南側の味の素敷地の船溜まり
















北側の船溜まり。
川崎区・川崎河港水門北側の船溜まり
















南東からの水門。
川崎区鈴木町・土手南東からの水門
















水辺の野鳥、大田区南六郷の土手から。
大田区南六郷からの景
















秋晴れに輝くススキの群生。
大田区南六郷からの多摩川



















荒川区と台東区を繋ぐ・芋坂

日暮里駅東口から徒歩5分程南下すると、善性寺(左)前の三差路が台東区谷中へと上る芋坂です。
坂名は、付近で自然薯(山芋)が採れたことに因みます。
荒川区東日暮里・芋坂分岐点
















現在は全てが暗渠となりましたが、往時、社前の通りは北区王子から田端~日暮里を経て隅田川に合流した音無川が流れる長閑な道だったと思われます。
芋坂上り口の老舗「羽二重団子」の屋号は、文政2年(1819)創業「藤木茶屋」の団子が羽二重の様だと賞されたことに由来、
南東350mに正岡子規が過ごした旧宅(子規庵)もあり、羽二重団子の植え込みには子規句碑「芋坂も 団子も月の ゆかりかな」があります。
東日暮里・芋坂起点の羽二重















角に正面(北)「王子街道」、左(南東)面「左 根ぎしみち」、右(北西)面「右 いも坂みち」と刻む近代の「道標」があります。
「街道」という文字が気になりますが、これによればかつては音無川が流れていたこの道が王子街道ということになります、然し、王子は逆(北西)方向ですので、芋坂を上り王子方面への標と思われます。
荒川区東日暮里・芋坂分岐の道標

















団子は後程の楽しみとして、「芋坂」を進むと傾斜のない平坦な道が谷中方面に伸びていて、いくらかの蛇行が当時を忍ばせます。
荒川区東日暮里・芋坂
















明治中期の日本鉄道(JR)東北線敷設により、高架の先で芋坂は消滅している為、20m程左に名残を残す芋坂跨線橋を渡ります。
芋坂突き当り
















跨線橋の上り階段からの写真です、かつての芋坂は消滅点から高台の矢印方向へと伸びていましたが、線路によって荒川区と台東区が二分されたということです。
荒川区東日暮里・芋坂消滅部分1
















渡り詰めに標柱「芋坂碑」。
跨線橋の左下に芋坂児童公園があり、フェンス沿いに左に下ってみます。
台東区谷中・芋坂碑
















北西に下った坂は公園角で北東に折れて先の線路で消滅です、往時はこの地点から坂下の台東区へ下っていました。
台東区・芋坂消滅点
















芋坂児童公園は、住宅地より低地にあり、新幹線や高層ビル群がよく見えます。
台東区谷中・芋坂児童公園
















引き返して江戸期からの味を引き継ぐ羽二重団子へ。
店内には、伊藤晴雨が描いた茅葺屋根の「羽二重団子」(江戸期から明治22年)。
荒川区東日暮里・江戸期から明治期の羽二重団子

















「芋坂 羽二重団子 文政2年創業」看板を掲げた昭和6年~46年(1931~71)迄の木造二階建て店舗(写真)、「氷旗」から夏季に撮った写真のようです。
荒川区東日暮里・昭和期の羽二重団子

















餡団子・焼団子・煎茶セット(@500税別)。
正岡子規や夏目漱石もよく食した江戸期からの味、モッチリ生地と香ばしい醤油の香りが口の中で広がります。
荒川区東日暮里・羽二重団子












向かいに長享元年(1487)創建「善性寺」(東日暮里5-41-14)、根岸古寺巡り9番札所(釈迦牟尼仏)です。
寛文4年(1664)6代徳川家宜の生母長昌院(保良)が埋葬され、以来徳川家縁の寺となりました。
荒川区東日暮里・善性院山門
















宝永6年(1709)家宜が6代将軍となり、長昌院は上野寛永寺に改葬されましたが、当寺に松平清武(家宜弟)が隠棲し、しばしば家宜のお成りから山門前の石橋は「将軍橋」と呼ばれました。
荒川区東日暮里・善性寺山門前の将軍橋
















石橋左の欄干に「将軍橋」、右に明治39年(1906)12月と刻まれ、暗渠となった時の架橋のようです。
荒川区東日暮里・善性寺の将軍橋の名称









山門左に35代横綱「双葉山(穐吉定次)」が眠る「穐吉家墓」。
荒川区東日暮里・善性寺山門横の双葉山墓
















福徳の神として信仰集める安土桃山期造立「不二大黒天石像」。
荒川区東日暮里・善性寺不二大黒天像
















山号扁額「関妙山」を掲げる本堂。
荒川区東日暮里・善性寺本堂
















本堂左の墓地に「舊濱田藩殉難諸士碑」(左)、右に「松平家諸霊之墓」。
荒川区東日暮里・善性寺本堂右墓地の舊濱田藩殉難諸士碑
















山門右手に京都・伏見大社を勧請した隼人稲荷神社(祭神宇迦魂命)。
荒川区東日暮里・善性寺右の隼人稲荷神社















こじんまりとした境内右に明治33年(1900)造立「手水鉢」、横に先代の「石扁額」や鬼瓦があります。
荒川区東日暮里・善性寺境内の隼人稲荷神社手水舎1
















玉・子取りの明治39年(1906)建立「狛狐」。
荒川区東日暮里・善性寺境内の隼人稲荷狐玉取り荒川区東日暮里・善性寺境内の隼人稲荷神社狐子取り





栗おこわ

栗の季節です、栗おこわを作りました。
材料:もち米2カップ半、皮をむいた栗800グラム。

皮むきが一苦労ですが、ぬるま湯に数時間浸してから皮むきです。
大粒の栗














数時間水につけたもち米に、半割にした栗を乗せ蒸し器で蒸しますが、途中、塩少々の水をかけて混ぜます。
栗おこわ蒸し器1
















出来上がり!  炊いた栗ご飯もいいですが、おこわも美味しいですよ。
栗おこわ出来上がり























北海道網走市のマンホール

北海道網走市・汚水JIS


三眺で撮影。






「ア・走」文字を図案化した「市章」、受枠付きJIS規格汚水用。












北海道釧路市のマンホール

北海道釧路市・雨水(丹頂ツル)


東金町で撮影。







雨水用には上部に「雨」文字、飛行する3羽の「丹頂鶴」(国特別天然記念物)がデザインされています。









北海道釧路市・汚水(丹頂鶴)


錦町で撮影。






汚水用。











釧路市・汚水枡









文字無しの汚水枡。











釧路市・汚水枡(釧路湿原)








「釧路湿原」(丹頂鶴の天然保護区域)をデザインした汚水枡。








釧路市・汚水H


北大通りで撮影。






「市章」、放射状に左右上下に「大小の長方形」を繋いだ汚水ハンドホール。











炊飯器とコーヒーミルカバー

テーブルクロス等の残り生地で炊飯器とコーヒーミル用のカバーを作りました。
炊飯器カバー・コーヒーミルカバー



生地
コットン(グリーン×花柄)

縫い代部分にミシン刺繍をしています。





















北海道阿寒郡阿寒町(現・釧路市阿寒町)のマンホール

平成17年(2005)10/11、阿寒町 釧路市 白糖郡音別町が合併して釧路市となる。
町の木「エゾヤマザクラ」  町の花「スズラン」
阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・カラー汚水(スズラン)


阿寒温泉で撮影。





中心に「阿寒町」文字、放射状に4色6分割した町の花「スズラン」がデザインされています。










阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・カラー汚水(阿寒湖・まりも・遊覧船)







「MY TOWN AKAN」、「雄阿寒岳」(1370m)、麓の「阿寒湖」に浮かぶ「遊覧船」、「マリモ」をデザインしたカラー汚水用。










北海道阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・カラー汚水枡








鍵穴違いの汚水枡。









阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・汚水(阿寒湖・遊覧船)








町の木「エゾヤマザクラ」、「雄阿寒岳」、
「阿寒湖」の「遊覧船」、「阿寒湖」文字の汚水用。










阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・カラー汚水(丹頂鶴・スズラン・エゾヤマザクラ)








「MY TOWN AKAN」、「阿寒湖」、飛んでいる「丹頂鶴」2羽、
左右に町の木「エゾヤマザクラ」、下に町の花「スズラン」のカラー汚水用。








北海道阿寒郡阿寒町(釧路市阿寒町)・汚水









「丹頂鶴」、「阿寒湖」、「マリモ」、「阿寒」文字入り汚水用。














北海道斜里郡小清水町のマンホール

小清水町の位置図小清水町は北部がオホーツク海沿いに面し、南部は山岳地帯に位置、酪農が発達している。
町の木「ミズナラ」
町の花「エゾスカシユリ」
町の鳥「オオハクチョウ」

北海道斜里郡小清水町・字浜小清水地区の農集排


浜小清水で撮影。





「藻琴山」(標高1000m)、網走町と小清水町に跨る「濤沸湖」(面積900ha)で泳ぐ町の鳥「オオハクチョウ」、右に町の花「エゾスカシユリ」、中央に「牧草と乳用牛」をデザインした字浜小清水地区の汚水農集排。












ラメ入りジョーゼットのブラウス

同系色の残り生地を組み合わせたブラウスを作りました。
ライトイエローブラウス


生地
ジョウーゼット(小花柄・ライトクリーム)
別布にジョウーゼット(ライトクリーム)。





デザイン
襟(6cm)は前中央で重ね、後ろ見頃にコンシールファスナー(18cm)、
袖は別布を使用、カフス(3.5cm)はボタン止め、着丈63cm。













エンボス加工に似た銀ラメ入りのシボ生地。
袖口

















奥州街道㉔日詰郡山宿~盛岡駅

ホテルを6:25にチェックアウト、国道沿いのコンビニイートインで朝食を摂り、日詰郡山宿から歩きます。

行程:ホテル(6:25)・・・・・弘法爪書地蔵尊(6:50)~日詰郡山宿・平井家・井筒屋跡・幾久屋・明治天皇聖蹟碑・井筒屋跡・銭形平治手形・幾久屋・明治天皇聖蹟碑・仲町枡形・来迎寺・習町車置処・習町枡形・旧鍛冶町の町並み・宿北口~勝源院・逆さカシワ~二日町一里塚跡~大元帥陛下御幸新道碑~高水寺城址御殿跡・愛宕神社~二日町の町並み~高水寺跡・走湯神社~土壁の民家~木宮神社~高水寺の町並み~幡龍寺~横澤酒造店~果樹園~矢巾町標識~間野々一里塚跡碑~徳田村役場跡碑~徳田神社~徳丹城跡・曲家佐々木家~高田藤沢稲荷神社~盛岡市標識~今宮神社・見前町と御制札~岩手山~大国神社~いたこ塚~川久保一里塚跡・稲荷街道追分~明治天皇小次遺趾碑~北十左衛門墓碑~小鷹刑場跡~仙北町駅~長松寺~不退院千日堂~阿弥陀如来像~高屋稲荷神社跡のケヤキ~旧道~新山河岸~明治橋~徳清倉庫~北上川~盛岡宿・明治橋碑・盛岡藩御蔵(下町資料館)・南大通り・円光寺・遠野街道追分・鉈屋町の町並み・大慈清水・もりおか町屋物語館・鉈屋町番屋・三面地蔵尊・十六羅漢・大慈寺・祇陀寺・青龍水・千手院・木津屋・清水町交差点・東北総業・もりおか啄木賢治青春館(旧第九十B/K本店)・岩手B/K赤煉瓦館(旧盛岡B/K本店)・中ノ橋・盛岡信金・紺屋町カーブ・茣蓙九・紺屋町番屋・菊の司酒造・鍛冶町一里塚跡碑・上ノ橋町枡形・旧井弥商店・上ノ橋・本町通り交差点・道標小本街道碑・東商店・本町枡形・四ツ家惣門跡碑・大智田中地蔵尊~県132号交差点(16:40)・・・原敬別邸跡碑・・・北上川・・・盛岡駅南口


「紫波郡紫波町」(日詰西~日詰郡山)
早朝の西日詰の通り、国道へ向かいます。
紫波郡紫波町日詰西・町道
















R4号・運動公園入口交差点角に「弘法爪書地蔵尊」。
元禄5年(1692)日詰西浦 新田町 桜町村下川原の人々が先祖供養で建立し、昭和中期に西側の現在地に移設されました。
紫波郡紫波町西日詰・運動公園交差点角ファミマの石碑
















「日詰郡山宿」の南入口辺りは、周辺に水田を持つ半商半農が多いことから新田町と呼ばれ、半面、江戸期から呉服屋などを営む近江商人系の大店が近年まで店を構えていました。

南口左に豪商「平井家住宅」(国文化財・建造物)。
平井家は元和期(1615~24)に伊勢国松坂から移住し、寛文年間(1661~73)江戸へ移出する志和産米の保管や移送を行う八戸藩御蔵宿に指名され、制度廃止迄勤めました。
明和期(1764~72)6代頃から醸造業を営み、近代以降は主生業として城内の杜氏を雇い入れ、明治36年(1903)私財を投じ北上川に木橋「平井橋」(紫波橋の北60m辺り)を架橋している。
紫波郡紫波町日詰郡山駅・平井家
















左の盛岡信金紫波支店は、薬・小間物を営んでいた豪商「井筒屋彦兵衛店跡」です。
紫波町日詰郡山駅・盛岡信金前の説明板















志波町(旧彦部村)は銭形平次の作者・野村胡堂の生誕地です。
宿の中心・旧仲町を進むと、東北B/K紫波支店前に「銭形平次」を演じた男優「手形」があります。
志波町日詰郡山駅・銭形平次手形1















幾久屋」は延宝期(1673~81)に美濃国・関から移住し、代々七郎兵衛を襲名して呉服 醤油販売を営んだ豪商です。
明治天皇の御巡行(明治9・14年1876・1881)の際、当家で御休息されました。
志波町日詰郡山駅・幾久屋
















北側のふれあい公園(幾久屋の旧地)に「明治天皇御聖蹟碑」。
志波町日詰郡山駅・ふれあい公園の明治天皇聖蹟碑
















県25号の交差点(十字路)で左折(西)する「仲町枡形」です。
往時、東側の北上川に領内屈指の川港が拓され、物資交流の要衝として繁栄したことから、枡形角(正面のG・Sヒノヤ給油所角)に郡山代官所の高札場が置かれ、市が開かれる等、二日町 水分 長岡から集まる人々や旅人で賑わった交差点でした。
枡形正面(北)は来迎寺へ至る寺小路と呼ばれた路地です。
志波町日詰郡山駅・枡形
















寺小路の正面に、江戸初期創建の古刹・浄土宗「来迎寺」(阿弥陀如来)。
藩御用達、日詰代官所役人、勘定奉行元締を歴任した金子七郎兵衛の菩提寺です。
志波町日詰郡山駅・来迎寺
















枡形を折れると旧習町です。
右の紫波郵便局跡地に「習町車置処」と名づけられた駐車場があり、入口に旧仲町と同じ銭形平次の主演男優手形が置かれています。
志波町日詰郡山駅・車置処














紫波中央駅入口交差点(R4号)手前の三差路が「習町枡形」です、右折(北)すると旧鍛冶町です。
紫波町日詰郡山駅・習町枡形
















旧鍛冶町の町並み。
紫波町日詰郡山駅・旧鍛冶町の街並み















(日詰朝日田~二日町南七久保)
宿出口でR4号(日詰バイヤス)に合流、向いは「勝源院」です。
紫波町朝日田・日詰郡山駅出口の国道4号















勝源院」は、慶長16年(1611)開基の曹洞宗の古刹。
参道沿いには観世音、餓死供養塔、普門品一石一字供養塔等石塔群、「山門」は二層に仏像を安置した一間一戸四脚楼門です。
紫波町日詰郡山駅・勝源院山門
















本堂裏手に、前九年の役を平定した源頼義・義家父子が、戦死者の菩提の為に手植えしたと伝わる「逆さカシワ」(国天然記念物)。
樹齢300年以上、地面際で4本に分岐し、地面を這うように枝張り(東西21.8m・南北27.7m)しています。
紫波町日詰郡山駅・勝源院の逆さカシワ
















先で城山入口交差点(変則十字路)を右折しますが、横断した北西角の旧家辺りが日本橋から135番目「二日町一里塚跡」です、以前は一里塚標柱がありましたが現在は見当たりません。
紫波町二日町南七久保・二日町一里塚跡
















(二日町向山~〃古舘~向山~田中前~御堂前)
城山交差点を右折(東)した左に「大元帥陛下御幸新道碑」、明治期に整備された道です。
紫波町二日町向山・大元帥階下御幸新道碑
















街道は三差路で左折しますが、城山公園として整備された正面の高水寺城址へ向かいます。
紫波町二日町向山・高清水城址手前の三差路
















高水寺(こうすいじ)城」(町史蹟)は、北上川西岸の標高180mの段丘に築かれた山城で、鎌倉期~戦国期の約400年間にわたり当地を支配した高清水斯波氏の居城で斯波御所と称せられました。
天正16年(1588)南部信直の侵攻後、郡山城と改め、盛岡城へ移った跡の寛文7年(1667)破却されました。

最頂部に「御殿跡碑」、御殿跡とも称された主郭跡です。
志波町二日町古舘・高清水城址御殿跡















御殿跡に火伏せ・防火の神「愛宕神社」。
紫波町二日町・高清水城址の愛宕神社
















三差路に戻り北上、「二日町向山の町並み」。
紫波町二日町・古舘・町並み
















先で街道は右~左に折れ、城山の西北麓の高台に奈良期(768)創建の古刹「高水寺」(本尊木造十一面観音立像・県文化財)(右)、「走湯神社」が並びます。

旧村社「走湯神社」(祭神天忍穂耳命)は、文治5年(1189)源頼朝が高水寺の鎮守として走湯権現を勧請、藤原清衡が勧進した参道の大槻(ケヤキ)に矢を放った故事に因み、大槻観音とも称された古社です。 ※詳しくはこちらを
紫波町二日町・走湯神社・高清水寺
















参道沿いに“ 矢立ての槻 ”とも呼ばれる樹齢1000年を超す老樹「ケヤキ」(町文化財)。
紫波郡紫波町二日町・走湯神社の大槻
















街道沿いには厳しい冬に備えて建物沿いに大量の薪が積み上げた民家や、今では珍しい「土壁の民家」などが見られます。
紫波町二日町田中前・土壁の民家
















丁字路手前に「木宮神社」(祭神迦具士命)。
平安初期、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐、東奥開拓で下向の折に志波城(延暦22年803)を造営、城内の鎮守として伊豆国田形郡・来宮神社を勧請したのが起源とされ、代々斯波氏に尊崇され、後に南部氏歴代藩主からの篤い崇敬を受けてきました。
参道沿いには県内有数の大樹・樹齢400年を超す3本の「ケヤキ」(町天然記念物)があります。
紫波町二日町御堂前・木宮神社
















12代南部利済直揮毫の神号額を掲げた千木鰹木の入母屋向拝の「拝殿」、右に境内社「土山稲荷神社」(祭神倉稲魂尊)。
紫波町二日町・木宮神社拝殿と土山稲荷神社















(高水寺向畑~稲村)
国道に合流した先ですぐ右前方の旧道へ進みますが、西1.8Kには坂上田村麻呂、源頼義、源頼朝等が布陣した陣ケ岡があります。
緩い上りの「高水寺の町並み」。
紫波町高水寺向畑の町並み















曹洞宗「幡龍寺」は承応期(1652~5)創建、山門右に当国三十三観音第7番札所の「観音堂」(千村苞巻観音像)があります。
紫波町高水寺・幡龍寺
















右に“月の輪”の蔵元、入母屋・千本格子の佇まいの明治19年(1886)創業「横澤酒造店」。
紫波町高清水・月の輪酒造店















五内川を渡り古舘BP入口交差点でR4号に合流、合流点右にリンゴや「洋ナシ」等の果樹園があります。
志波町高清水・古舘BP北口交差点右の洋ナシ園
















「紫波郡矢巾町」(土橋~間野々(あいのの)~西徳田~藤沢)
岩崎川に架かる三枚橋で矢巾町に入ります。
紫波郡矢巾町・i三枚橋の矢巾町標識
















約1K北上し、右の「エコレストランあいのの」を過ぎた右に奥州道136番目「間野々一里塚跡碑」(標柱)。
慶長9年(1604)頃に築造され、後に街道沿いには松並木が植樹されました。
矢巾町間野〃・間野々一里塚跡碑
















徳田神社前交差点の手前右に「徳田村役場跡碑」、昭和30年迄村役場が存在していました。
矢巾町東徳田・徳田村役場跡碑
















交差点を横断すると左右は徳丹城址です、右に約100mの参道が続く「徳田神社」(祭神大名牟遅命 少毘古那命)。
矢巾町徳田・徳田神社社頭
















当社は徳丹城の南門跡に鎮座、本殿は高床式で、社殿右に出羽三山 天神 猿田彦等石塔群があります。
矢巾町徳田・徳田神社
















「徳丹城」(国史跡)は、平安後期・弘安3年(812)頃に征夷将軍文室綿麻呂により造られた律令制最後の城柵で、北上川右岸の低位段丘に立地。
規模は一辺約355mの方型で、外郭線は内外に溝を巡らした築地と丸太材木塀の併用で、各辺中央部に八脚門を置き、中間に17棟の櫓が取り付いていました。
町立矢巾小学校南側一帯の「徳丹城跡」。
矢巾町西徳田第六地割・徳丹城跡・
















丸太で復元された「政庁跡」。
矢巾町西徳田・徳丹城政庁跡















小学校西側に「徳丹城址碑」。
矢巾町西徳田・徳丹城址碑















城址は国道で分断されています、向かい(西)に外郭正門跡等の「西辺柵跡」。
矢巾町西徳田・徳丹城の西柵
















矢巾町歴史民族資料館の北に、文久3年(1863)建築「曲家」(町有形文化財)。
藩政期に村役(村長)を勤めた佐々木家の建物(建坪90坪)で、南部地方特有の母屋北側に南向き馬屋が取り付く形式です。
矢巾町西徳田第3地割・佐々木家曲家
















藤沢交差点を過ぎると左に旧村社「高田藤沢稲荷神社」(祭神宇迦之御魂命)。
源頼義が熊野社を勧請して蝦夷征伐の戦場地・石突の鎮守としたのが起源、宝永4年(1707)現在地に遷座され、以後、歴代藩主から篤く崇敬され、幕府巡検使も奉拝しています。
矢巾町藤沢第七地割・高田藤沢稲荷神社
















「盛岡市」(東見前~津志田中央~津志田町)
見前川で盛岡市に入ります。
標識盛岡市
















見前交差点を過ぎた右に、文化10年(1813)10代藩主南部利敬が創建した「今宮神社」(祭神蛭子之命)。
今宮神社盛岡市東見前・今宮神社
















境内の「見前町と御制札」説明板。
江戸初期、見前町には検断が置かれ、境内には見前一里塚が築かれていました。
盛岡市東見前・今宮神社内の説明板
















すぐ先から街道は大きく左カーブし、正面に県最高峰「岩手山」(標高2038m)の景。
盛岡市東見前・R4号からの景
















約3K北上し大国神社前交差点を横断した左角に、文化7年(1810)10代藩主南部利敬が津志田の総鎮守として創建した「大国神社」、境内左(南)に境内社「八坂神社」(祭神素戔嗚尊)。
文化~文政期(1804~29)、この界隈は津軽町と称した遊郭街として賑わいました。
遊女や楼主が諸願成就で奉納した「絵馬献額」、欧州俳諧四天王の一人・小野素郷筆「俳諧之発句」が両社に奉納され、絵馬12額と俳句献額3面が遊郭当時の歴史資料として市有形文化財に指定されています。
盛岡市津志田中央・大国神社と八坂神社
















「大国神社拝殿」(祭神大穴牟遅之命)。
社殿傍らには月山 湯殿山 羽黒山、姫神獄 岩鷲山 早池峯山等の石塔群が祀られています。
盛岡市津志田中央・大国神社















津志田交差点左に、身寄りのない遊女を葬った「いたこ塚」があります。
盛岡市津志田町・津志田交差点角のいたこ塚















(南仙北~仙北)
「仙北町」は、江戸初期に2代藩主南部利直が街道南口に出羽国仙北郡からの移民を住まわせたことに由来、紫波郡の穀倉地帯にも近く、米の集散地や農民相手の商工業で発展しました。

西高入口交差点の先の三差路左に、「盛岡城下ゆかりの地、川久保一里塚と稲荷街道」説明板(左側の→)があり、この辺りに盛岡城下の鍛冶町(紺屋町)元標から南一里にあたる「川久保一里塚」があったそうです。
分岐点から南西方向(写真の左側)への道は、天保5年(1834)13代南部利済が志和稲荷神社参拝の為、川久保一里塚を起点として日光道中を模して整備した稲荷街道です。
盛岡市南仙北・稲荷道追分の川久保一里塚跡説明版 (2)
















歩道橋上から見た稲荷道との追分です。
左が歩いてきた奥州街道(R4号)、右前方が矢巾町・赤林・広宮沢・紫波町上松本を経て志和稲荷神社へ至る稲荷街道(約16Kの行程)。
ここで自転車旅している6名の高校生達と知り合い、奥州街道を1週間でここまで来たそうです、お互いに頑張りましょうと激励しあって別れました。
盛岡市南仙北・稲荷道追分
















川久保交差点で国道から左に分岐する街道(県16号)※歩道橋上から。
盛岡市南仙北・川久保交差点の分岐点
















交差点右のオーロラ薬局後方に小社と「明治天皇小次遺趾碑」。
盛岡市南仙北・川久保交差点右の明治天皇小次遺址碑1















国道を100m北上した左の集合住宅前に、金山奉行として盛岡藩初期の財政造りに貢献した「北十左衛門墓碑」、横に文化5年(1808)建立「湯殿山」。
盛岡市南仙北・北十左衛門墓碑
















街道へ戻り北上、感音寺の斜向かいに刑死者の菩提の為、法華寺18世観明院世日誠上人が天保7年(1837)建立した「題目供養塔」があります。
江戸期、重罪人は穀町の御会所場から城下を引き回しの上、盛岡藩の小鷹刑場(観音寺の北側辺り)で磔・獄門に処されたそうです。
盛岡市南仙北・小鷹刑場跡の供養碑
















仙北町駅口交差点(三差路)を左折した正面に、
仙北町駅」 大正4年(1915)1/5開業、業務委託駅。
盛岡市南仙北・仙北町駅
















仙北町駅口交差点の先、左歩道に「石川啄木ゆかりの地」説明板。
明治28年(1895)洪民小学校を創業した啄木は、盛岡高等小学校入学の為、最初に寄宿した母カンの生家がこの辺りにあったと記されています。
先の右、曹洞宗「長松寺」(本尊阿弥陀如来像・慈覚大師作)は、寛永年間(1624~45)浄土宗から曹洞宗に改宗の際に長昌寺から現寺名に改称、盛岡三十三観音霊場第12番札所(千手観音)となっています。
盛岡市南仙北2丁目・長松寺















境内には仙北町の火防の為、寛政期(1789~801)遠州秋葉神社を勧請した火伏の神「秋葉三尺坊大権現」(祭神火之迦具士大神)が祀られています。
盛岡市仙北・長松寺の秋葉三尺坊
















長松寺の東側に、元禄期(1688~704)の飢饉による多くの犠牲者の菩提で建立された浄土宗「千日堂不退院」(本尊阿弥陀如来)。
地域の方々からは虚空蔵さんと呼ばれ、盛岡三十三観音霊場第13番札所(聖観世音)となっています。
盛岡市仙北・千日堂不退院(虚空堂)
















北側の長松寺墓地に「阿弥陀如来坐像」。
南部藩は、元禄 宝暦 天明 天保の四大飢饉に見舞われた度に多くの餓死者が発生。藩内の飢饉餓死者の供養の為、祇陀寺(長松寺の本寺)14世和尚は、五智如来・十六羅漢の石仏建立の発願を当寺13世和尚に伝え、13世和尚が5年の歳月を掛け、浄財を募り建立した最初の一体です。
盛岡市仙北・長松寺墓地内の阿弥陀如来坐像















路地を北上して墓地北側に「高屋稲荷神社跡」。
高屋稲荷神社は、宝永15年(1708)6代藩主南部利幹の時、仙北町・川原町を結ぶ新山舟運や、旧明治橋に通じる沿道に五穀豊穣と舟の安全祈願として伏見稲荷を勧請、篤く信仰されてきました。然し今年に入り150年振りに大宮神社(本宮字大宮)に合祀され、社殿老朽化等で取り壊され更地になっています。
跡地には推定樹齢260年を超す古樹「ケヤキ」(景観重要樹林)が当時を忍ばせます。
盛岡市仙北・高屋稲荷神社跡のケヤキ
















ケヤキ前を左に、細い旧道を抜け北上川へ。
盛岡市仙北・新山河岸への旧道















盛岡城下の入口「新山河岸(しんざんかし)」です。
北上川は当初は舟渡しでしたが、延宝8年(1680)両岸に巨大な親柱と中島に大黒柱を立て、人馬が往来できるように20艘の小舟を繋いだ上に敷板を並べた新山舟橋が架橋されました。
明治7年(1874)明治橋(木橋)が架橋されるまで使用されていましたが、洪水時は橋中程から南を当町(仙北町)の水主が舟橋を外し、北を鉈屋町の水主が外していました。
又、舟橋の橋詰めから右(南東)に緩やかに下る辺りは千日川原と称され、千日堂不退院(前述)の建立に因むそうです。
※写真の対岸右が藩御蔵(下町資料館)
盛岡市仙北・新山河岸跡
















左側(西)に昭和7年(1932)架橋「明治橋」、後方に「岩手山」。
盛岡市仙北・明治橋















明治橋南交差点(県16)の南西角に徳田屋清右衛門が寛文期(1661~73)創業「徳清倉庫」。(北上川沿いからの土蔵群)
盛岡市仙北・明治橋袂の徳済倉庫
















北上川」は弓弭(ゆはず)の泉を水源とし、盛岡市から南下する延長249Kの東北最大の河川。
盛岡市千北・明治橋からの岩手山
















(南大通り~鉈屋町~茶畑~大慈寺町)
「盛岡宿」は2代利直の時に城下整備を行い、二重の外堀を巡らした城を中心に上級武士を配置し、その周りに上方や江戸からの商人や職人、外側を侍町とし、城下外れの街道沿いに警護の為の足軽、北山と称した城下北部に盛岡五山の寺社を、東に神社を配置する等、市中の平均した発展の為に五の字割と呼ばれる町割を実施しました。

渡り詰めの明治橋北交差点(5差路)で右道(土手沿い)を進むと「新山舟橋跡」(市史跡)となり、土手際に明治6年(1873)造と刻む「明治橋碑」があります。
江戸期、新山舟橋は城下入口に当たり、北上川舟運の起点だったことから、人が集まり物資の流通も多く奥州街道の要所として栄えました。
盛岡市南大通り・北上川沿いの明治橋碑
















道路を挟んだ北側に江戸後期築「御蔵(米蔵)」(市有形文化財)。
盛岡藩は度々大飢饉に見舞われた為、嘉永3年(1850)お布令を出し備穀を奨励、安政3年(1856)この土蔵(桁行38.1m・梁間9.5m)に一括して溜穀を貯えていました。
現在は下町資料館として新山船橋ゆかりの資料等を展示しています。
盛岡市南大通り・下町資料館(御蔵)















明治橋北交差点から「南大通り」へ進むと、城下町の趣を醸す町屋が続きます。
盛岡市南大通り・町並み
















右に浄土宗の古刹、元禄年間(1661~73)創建「円光寺」(本尊阿弥陀如来)、山門前に南無阿弥陀佛碑、擬宝珠があります。
盛岡市南大通り・円光寺山門















元禄年間(1688~704)再造営「本堂」(市保存建造物)は、妻飾りに木蓮格子が施された入母屋造り。
本堂前に左が雄木、右が雌木の「夫婦カズラ」(市天然記念物)、樹齢300年で創建頃の植樹とされています。
盛岡市南大通り・円光寺本堂前の桂
















境内に盛岡三十三観音霊場第11番札所の「生目観音堂」(生目観世音菩薩)、堂の右に「首塚」。
藩奥女中の蓮子は、斬首刑となったキリシタン信者の材木商の父・与一郎の首を刑場から持ち出し、円光寺住職に供養と埋葬を願い出て自首、その孝心に胸を打たれた藩主は蓮子を側室に迎え、後、31代信恩公の母君となられた。
この縁により、お蓮の方は父の菩提の為、首塚の傍らに観音堂を建て十一面観音像(生目観音)を安置したと伝わっています。
盛岡市南大通り・円光寺の生目観音と首塚碑
















先の丁字路で左折(城下南枡形)ですが、右折して遠野市へ至る「遠野街道」へ進みます。
盛岡市南大通り・奥州街道と遠野街道の分岐丁字路
















明治期築の町屋が続く「鉈屋町」は、江戸期に当地に来た京の富豪鉈屋長清が、釶屋山菩提院を建立したことに因み、文化9年(1812)城下の一町となりました。
盛岡市鉈屋町(遠野街道)の町並み
















当町は、江戸期より良質で豊富な湧水に恵まれたことから、酒 醤油 味噌等醸造業が盛んでした。
大慈清水」(平成名水百選)は、江戸期より利用されてきた盛岡三清水の一つで、一番井戸(飲料水)、二番井戸(米とぎ水)、三番井戸(野菜や食器洗い)、四番井戸(足洗い)と其々用途が定められています。
清水盛岡市鉈屋町・大慈清水
















千本格子の町屋等の古い町並み、正面に岩手山。
盛岡市鉈屋町の通り
















三差路右の旧岩手川酒造跡に、観光案内所や特産品を販売する「もりおか町屋物語館」、左に望楼を乗せた「鉈屋町番屋(第二分団)」。
盛岡市鉈屋町・もりおか町屋物語館
















三差路を左折した右奥に昭和4年(1929)建立「三面地蔵尊」、古くは十和田山に祀られていた武人の守り本尊を模し、当地の人々の守護として祀られました。
盛岡市鉈屋町・三面地蔵尊















祇陀寺の末寺宗龍寺跡地の「らかん児童公園」に、藩4大飢饉の餓死者供養で祇陀寺14世天然和尚が発願、嘉永2年(1849)孫弟子長松寺13世泰恩和尚の時に竣工した「十六羅漢像・五智如来像」(大日・釈迦・多宝・阿弥陀・阿閦)21体があります。
盛岡市茶畑・らかん児童公園の十六羅漢
















大慈寺小学校の北側に寛文13年(1673)創建の黄檗宗「大慈寺」(本尊如意輪観音)、山門「竜宮門」は明治38年(1905)造営(市保存建造物)です。
4代藩主南部行信の娘・光源院(麻久姫)は、黄檗宗に篤く帰依したことから菩提寺となり、後、南部家から保護を受けてきました。又、盛岡三十三観音霊場第6番札所(十一面観世音菩薩)、当国三十三観音霊場第10番札所(十一面観世音菩薩)となっています。
盛岡市大慈寺町・大慈寺
















大慈寺の西側に天正8年(1580)創建、曹洞宗「祇陀寺」(本尊阿弥陀如来)。
盛岡三十三観音霊場第4番札所(馬頭観世音)、8番札所(十一面観音・廃寺・宗龍寺)となっています。
盛岡市鉈屋町・祇陀寺
















向かいに盛岡三清水の一つ「清龍水」。
汲みに来ていた方に勧められ一口、五臓六腑に沁み渡るようなまろやかな味でした。
盛岡市大慈寺町・大慈清水
















左に延宝5年(1677)創建の天台宗「千手院」、子年生まれの守り本尊「千手観世音菩薩」を安置する盛岡三十三観音霊場第30番札所です。
盛岡市鉈屋町・千手院
















すぐ先の丁字路を左折、60m先の丁字路で街道に復帰ですが、この丁字路が枡形先の三差路です。
右に盛岡城廃城後に払下げられ、木津屋本店に移築された城内の御蔵「土蔵群」。
盛岡市南大通り・木津屋蔵















木津屋の塀沿いに「盛岡城警備総門趾碑」。
江戸期、枡形には南総門が置かれ、城下出入の通行人や荷物等を改める御番所が置かれていました。
総門跡碑















木津屋本店」は、寛永15年(1638)池野千代松が新町に小間物商として創業、享保18年(1733)現在地に移転。
現建物は天保5年(1834)築の卯建をあげた土蔵造りの町屋で、土蔵群と共に県有形文化財に指定されています。
盛岡市南大通り・木津屋















(清水町~下ノ橋町~中ノ橋通り)
南大通り2丁目交差点(県120)を横断、先の丁字路を右折(県120号不動盛岡線)します。
交差点盛岡市清水町・県120丁字路交差点















左にレンガ造り・塔屋と乗せた明治末期建築「東北総業」。
盛岡市下ノ橋町・東北総業
















先の信号交差点(十字路)を横断した左角に「もりおか啄木・賢治青春館」(国文化財)。
明治43年(1910)12月旧呉服町(現在地)に旧第九十銀行本店本館として竣工、当時の欧州建築を反映させ外観と営業室はロマネスクリバイバル式、諸室をセセッション式とした建物で、盛岡出身の設計者横濱勉が遺した唯一の現存建築です。
盛岡市中ノ橋・もりおか啄木・賢治青春館
















県106号との信号交差点を横断した左に、明治44年(1911)盛岡B/K本店本館として建てられた「岩手銀行煉瓦館」(国文化財)。
ルネサンス様式の煉瓦造り一部3 F建で、東南角に八角形の塔、南面西寄りに四角形の塔、東西北端に切妻屋根が突出した立体感ある構成で、外壁は赤煉瓦に花崗岩の帯を回し、屋上にドームを載せています。
昭和11年(1936)岩手殖産B/K(岩手B/K)が買受け、平成24年(2012)までの100年に渡り使用されました。
盛岡市・岩手銀行赤煉瓦館

















入口の八角形の塔の天井。
盛岡市・岩手銀行天井
















南面の通路。
岩手銀行内 (2)
















旧事務室の南面に施された「アーチ欄間の装飾」。
ここは明治18年(1885)設立された北上廻漕㈱(舟運業)跡地で、そのメンバーが中心となり盛岡銀行を創設したことから、舟をモチーフにした意匠が採用されたと考えられます。
盛岡市中ノ橋・岩手銀行内の欄間装飾
















赤煉瓦館前を左(県106)に進むと中津川三橋の一つ、慶長16年(1612)架橋「中ノ橋」です。
渡り詰め左が「櫻山神社」、「盛岡城址公園」ですが、以前訪れている為今回は寄りません。
※城址公園については東北の桜紀行を参照下さい。 
盛岡市中ノ橋・中ノ橋
















右に昭和2年(1927))盛岡貯蓄B/Kとして建築された「盛岡信金本店」(市保存建造物)。
ドーリア式柱を用いたギリシャ建築を思わせる重厚な建物です。
盛岡市中の橋・盛岡信金本店
















(紺屋町~上ノ橋町)
街道は大きく右~左カーブします。
盛岡市紺屋町・紺屋町のカーブ
















カーブの内側に文化13年(1816)創業「茣蓙久(森九商店)」(市保存建造物)。
江戸後期・明治中・末期に増築された建物は、市を代表する町屋建築です。
m盛岡市紺屋町・森九商店















店内の竹製の籠等の雑貨。
盛岡市紺屋町・森九商店内
















先の信号交差点北西角に、明治24年(1891)盛岡消防よ組番屋として建てられた「紺屋町番屋」(市保存建造物)、屋根に六角形の望楼が付きの木造2 F建。
盛岡市紺屋町・紺屋町番屋

















左に菊の司、七福神の蔵元、安永年間(1772~81)平井家6代六右衛門が創業した「菊の司酒造」。
盛岡市紺屋町・菊の司酒造
















すぐ先のハイツ・グリーンゲーブルズ前に、慶長期(1596~615)築造「鍛冶町一里塚跡碑」。
盛岡市紺屋町・ハイツクリーンゲーブルズ前の鍛冶町一里塚跡碑
















上ノ橋町交差点」(丁字路)の枡形です。
盛岡市紺屋町・上ノ橋町交差点(枡形)
















枡形を左折ですが、右折した左に黒漆喰土蔵造の建物「旧井弥商店」(市保存建造物)。
盛岡市上ノ橋町・旧井弥商店
















枡形を左に進むと中津川に架かる「上ノ橋」。
上ノ橋は、慶長3年(1598)盛岡城築城で、盛岡藩2代南部利直が14年(1609)木造木橋を架橋、現在の橋(長さ57m・幅12m)は昭和10年(1935)架橋。
盛岡市上ノ橋町・上ノ橋
















上ノ橋の高欄には、18基(慶長14年・18年)の擬宝珠(国指定重要美術品)が受け継がれています。
「慶長十六辛亥年八月吉日 中津川中ノ橋 源朝臣利直」と刻まれた「擬宝珠」。
盛岡市上ノ橋・上ノ橋の擬宝珠






















(本町通り~大通り~盛岡駅前通り)
渡り詰めで旧京町だった「本町通り」に入ります。
京町は、文化9年(1812)本町に改名されましたが、城下の要地で京から移住した豪商達が居住していました。
盛岡市本町通り
















通りを進み、本町通り交差点(十字路)を横断した右角に「是よりは小本街道 牛追の道」と刻まれた追分道標があります。
ここは、城下から早坂峠を経て小本(岩泉町)へ至る分岐点で、牛の背に塩・木炭などを乗せ、牛方が南部牛追い歌を歌いながら峠を往復したそうです。
盛岡市本町通り・小本街道道標














左に千本格子や屋根看板の町屋建築、大正6年(1917)築「東商店」。
盛岡市本町通り・東商店1
















本町の西隣が8日市に因む八日町、その北側に奥州街道北口にあたる四ツ家町がありました。
次の信号交差点南西角に、明治11年(1878)鍛冶町の仮聖堂を経て、13年(1880)現在地に建てられたカトリック四ツ家教会があり、街道はこの「交差点」を右折(北)して、「本町2丁目仁王小学校口交差点」(変則十字路)で左折(西)する枡形になっています。
本町枡形
















四ツ家町は宿北口(出口)にあたり、街道が大きく右カーブする辺りが「四ツ家惣門跡」、カーブ左には安産・家内繁栄の守り本尊として信仰されている「大智田中地蔵堂」(左側)が祀られています。
地蔵尊は、5代南部行信が母堂・於俊の方の菩提の為、元禄7年(1694)荼毘に付した火屋跡(那須川町の東禅寺門前)に創建。社名は於俊の方の戒名から「大智」を、荼毘地名「田中」をとり名付けられ、大正元年(1911)現在地に遷座されました。
盛岡市本町通り(旧四ツ家町)の街道
















四ツ家惣門趾碑。
盛岡市本町通り・四ツ家惣門趾碑
















田中の地蔵さん、四ツ家の地蔵さんと呼ばれ親しまれている像高1.58m・花崗岩丸彫り「大智田中地蔵尊(石造地蔵菩薩坐像)」(市有形文化財)。
盛岡市本町通り・四ツ家地蔵尊家
















街道は、すぐ先の県132号の「交差点」を横断して上田通りを北上しますが、今回はここで終了です。
左折して駅に向かいます。
盛岡市本町通り3丁目・県132交差点
















大通り3丁目交差点右角の七十七B/Kは、19代内閣総理大臣・原敬が明治40年(1907)に建てた別邸「介寿荘跡」で、通りに面した植え込みに「原敬別邸跡碑」があります。
盛岡市・原敬別邸跡碑
















開運橋から北上川上流と岩手山。
北上川
















盛岡駅17:54発のやまびこ54号で帰途へ着きます。
「盛岡駅」(南口) 明治23年(1890)11/1日本鉄道の駅として開業、東北の駅百選。
駅スタンプ「チャグチャグ馬コ」
盛岡駅南口盛岡駅s












2019.・9・20(曇・晴)







岩手県紫波郡紫波町二日町古舘・走湯神社

走湯神社(字向山172)は、城山公園(高水城址)の西北の麓に鎮座。
由緒:文治5年(1189)源頼朝が藤原泰衡征伐の為、本陣として陣ケ岡に宿営の際、走湯権現(熱海市)を勧請して高水寺の鎮守としたのが起源とされます。
愛宕神社を合祀し、かつては走湯権現、大槻観音とも称され、明治初期に現社名に改称した旧村社です。
勝運招福、商売繁盛、厄除け、縁結び等のご霊験あらたかな祭神「天忍穂耳命」を安置。

旧奥州街道沿いに面した社頭に社号標「走湯神社」、石扁額「走湯神社」を掲げた一ノ鳥居(台輪鳥居)、鳥居左に寛政9年(1797)建立「馬頭観世音」。
志波町二日町・走湯神社社頭
















参道口に昭和18年(1943)建立「狛犬」。
紫波町二日町向山・走湯神社狛犬吽紫波町二日町向山・走湯神社狛犬阿
参道沿いに、源頼朝が奥州征伐(4代藤原泰衡の討伐1189)で陣ケ丘布陣の際に立ち寄った際、鏑矢2本を射立てたことから“ 矢立ての槻 ”とも称される推定樹齢1000年・幹周6.5mの古樹「ケヤキ」(町文化財)。
紫波郡紫波町二日町・走湯神社の大槻
















大ケヤキの後方(北)には、不浄を清める功徳ありと信仰される天保3年(1832)建立「烏瑟沙摩(うすさま)明王」。
志波町二日町・走湯神社の烏瑟沙摩明王
















境内入口に朱の二ノ鳥居(木製台輪鳥居)、参道が左(北)に折れる正面に「手水舎」。
紫波町二日町・走湯神社二の鳥居
















すぐ左(西)に境内社二社が並びます。
左に諏訪神社(祭神建御名方富命)、両部鳥居が建つ菊池稲荷神社(祭神宇迦之御霊l神)・道祖社(祭神猿田彦命)。
志波町二日町・走湯神社境内社諏訪神社と稲荷神社
















三方に高欄なしの縁を巡らした入母屋造り向拝の「拝殿」、右縁の奥に大きな木製男根が置かれています。
紫波郡紫波町二日町・走湯神社拝殿
















拝殿扁額「走湯神社」。
紫波郡紫波町二日町・走湯神社拝殿扁額















社殿左に湯殿三山(明治3) 金毘羅山(文政元) 庚申塔(寛政9) 馬頭観世音 駒形大神 山神等の石塔群。
紫波町二日町・走湯神社石塔群
















境内社三社、右から「八坂神社」(祭神素戔嗚尊)、八幡神社(祭神誉田別尊)、天満神社(祭神菅原道真)。
志波町二日町・走湯神社境内社
















西側に推定樹齢1000年、当社創建時からの御神木「大杉」。
紫波町二日町・走湯神社境内・御神木杉
















北側に鎮魂碑が建つ「令和の舞台」。
志波町二日町・走湯神社の令和の舞台
















令和の舞台から「二日町田中前集落」、紫波町のシンボル「東地山」(928.4m)等紫波三山の景。
紫波町二日町・走湯神社令和の舞台からの眺望



















岩手県盛岡市のマンホール

盛岡市・JIS合流1


本町通りで撮影。






「市章」、JIS規格の合流(汚水・雨水)用(鎖)。










盛岡市・雨水(鎖・受枠)1


紺屋町で撮影。






「市章」、JIS規格汚水用(鎖・幅広受枠アーガイル)。









盛岡市・JIS雨水(枠)1


本町通りで撮影。





「市章」、JIS規格汚水用(上記と受枠模様の違い)。










盛岡市・JIS汚水(枠長方形)


盛岡駅付近で撮影。








JIS規格の汚水用(鎖・受枠口)。








盛岡市・汚水モルタル1


南仙北で撮影。






「市章」、汚水用(モルタル製)。









盛岡市・汚水JIS(H・鍵穴違い)1







「市章」、鍵穴2個(口)、アーガイル模様のJIS規格汚水用ハンドホール。







盛岡市・汚水JIS1


東見前で撮影。






上記と鍵穴違いの汚水ハンドホール。








盛岡市・汚水(歩道タイル)


本町通りで撮影。





歩道仕様の汚水ハンドホール。








盛岡市・汚水枡1


三本柳で撮影。





「市章」、JIS規格汚水枡。







岩手県盛岡市・汚水枡(プラ)


上田で撮影。




「市章」、上写真の汚水枡と同じ模様が凹の汚水枡(プラ・グレー)。








岩手県盛岡市・JIS汚水枡(亀甲)


西松園で撮影。





「市章」、枠で囲んだ「おすい」文字のJIS規格汚水枡(亀甲)。






盛岡市・JIS雨水1


南仙北で撮影。




「市章」、JIS規格雨水用(枠◇)。











岩手県盛岡市・JIS雨水


高松で撮影。






「市章」、JIS規格雨水用(枠なし・鎖)。









岩手県盛岡市・排水弁JIS(Y枠付き)


西松園で撮影。





「市章」、JIS規格排水弁(幅広枠付き・鎖)。









盛岡市・排水弁(波)


内丸、盛岡城址付近で撮影。






「市章」内に「水」文字、波模様の排水弁。










盛岡市・排水弁(波)1


三本柳で撮影。





「市章」、JIS規格の外枠付き波模様の排水弁(枠W)。









盛岡市・排水弁(波・枠なし)1


肴町で撮影。




「市章」、波模様の排水弁ハンドホール。










盛岡市・JIS排水弁H1


西見前で撮影。




「市章」内に「水」文字、右に「鍵穴」、JIS規格の排水弁ハンドホール(ブロック)。






盛岡市・空気弁(波)1


内丸、盛岡城址付近で撮影。





「市章」、波模様の枠付き空気弁(枠W)。











盛岡市・仕切弁1


鉈屋町で撮影。





「市章」、JIS規格の外枠付き仕切弁(鎖・互い違い横線)。










盛岡市・カラー仕切弁


紺屋町で撮影。




「市章」、ソフトシール(S)カラー仕切弁。






盛岡市・仕切弁


内丸、盛岡城址付近で撮影。





「市章」、ソフトシール仕切弁。






盛岡市・消火栓(波)


津志田町で撮影。





「水」文字入り「市章」、「波模様」、上に「№14」のカラー消火栓。









盛岡市・消火栓(波・№25)


鉈屋町で撮影。





ナンバー「№25」違いの上記と同じカラー消火栓。










盛岡市消火栓(鎖)


三本柳で撮影。




「市章」と「消火栓」文字がカラーの枠付きJIS規格消火栓。










盛岡市・消火栓(角)1


仙北で撮影。




「市章」と「消火栓」文字をカラーにした角形消火栓。







盛岡市・防火水槽


大通りで撮影。






「消防徽章」内に「水」文字、周囲がカラーの防火水槽(ドット)。









盛岡市・制水弁1


肴町で撮影。




「市章」内に「水」文字の制水弇(弁)。






盛岡市・量水器


三本柳で撮影。


「市章」、雫模様の量水器。






岩手県盛岡市・JIS流量形(親子)



高松で撮影。





「市章」、JIS規格・流量計の親子蓋(亀甲)。












岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)のマンホール

平成18年(2006)石鳥谷町 大迫町と共に花巻市と合併して花巻市となりました。
町の木「スギ」 町の花「ウメ」 町の鳥「トビ」 
特産品「リンゴ・リンドウ・日本酒」
※石鳥谷町は古くから「南部杜氏の里」として知られ、酒造りの伝統文化を保存・伝承する南部杜氏伝承館、伝統的酒造技術の資料等を展示している歴史民俗資料館があります。
岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・汚水(デザイン)


八幡、県265号で撮影。




汚水用には酒の「仕込み用樽」に「南部杜氏の里 石鳥谷」文字、
作業をする「二人の杜氏」、周囲上部に町の特産品「リンゴ」、下部に「リンドウ」がデザインされています。








岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・汚水親子(デザイン)







汚水用親子(JIS規格・テトラポット)。










岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・汚水JIS


好地、県265号で撮影。






「町章」、JIS規格汚水用(鎖)。









岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・汚水枡

二枚橋町大通り、県213号で撮影。




「酒仕込み樽」で仕込みする「二人の杜氏」、南部杜氏の里石鳥谷」文字、
特産品「リンゴ・リンドウ」の汚水枡。







岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・仕切弁(mp)


八幡第1地割で撮影。





「町章」、「M P」文字入りの仕切弁。








岩手県稗貫郡石鳥谷町(現・花巻市)・仕切弁








「町章」、仕切弁。


















奥州街道㉓花巻駅~旧紫波郡役所

東京発(10:40)の夜行バスで盛岡駅(5:45着)へ、東北本線で花巻駅に6:28に到着。
前回、花巻城址途中で帰途に就いた為、城址後半から歩きます。

行程:花巻駅(6:40)・・・・花巻宿・花巻城址(御長屋跡・西御門・本丸御井戸跡・御台所前御門跡・菱櫓跡・初代二所ノ関軍右エ門墓碑・後川・早坂・早坂御門跡・早坂稲荷神社奥ノ宮碑)・一日町枡形・花巻城下町発祥地、四日町、一日市町碑/明治天皇御聖跡碑・四日町枡形・花巻城下町発祥地四日町一日市町碑・枡形・町家・四日町交差点(宿出口)~瀬川橋交差点~宮野目一里塚~標識~石仏石塔群~花巻市交通会館(旧花巻空港ターミナル)~追分の碑~石鳥谷町街道左の景~江曽一里塚・明治天皇御小休所碑~餓死供養碑~小森林館跡~逆ヒバ~石鳥谷BP南口交差点分岐~石塔群~西中島の田園風景~八幡神社~八幡の町並み(旧八幡村)~杉生桜~花巻温泉分岐~石鳥谷宿南口・歩道橋・好地旧一里塚・石鳥谷駅・石鳥谷肥料相談所跡・好地一里塚跡・中町の町並み・薬師堂川・菊の司酒造・井筒屋跡・上町の町並み・石鳥谷宿北口~長坂~菊池数馬の墓~境塚~紫波町標識~松並木~鎌倉街道分岐交差点・鎌倉街道・東根山の景~滝名川~善知鳥坂~善知鳥館跡・厳島神社~山吹橋~五郎沼・夜泣き石・古代蓮池~大荘厳寺跡碑~薬師神社~赤石小学校~桜町分岐~桜町本町の町並み~志賀理和気神社~志賀理和気神社本宮~庚申神社~紫波運動公園~旧道分岐~旧道~県25号交差点~日詰郡山宿・平井家住宅・旧紫波郡役所跡(16:25)

「花巻市」(大通り~城内)
花巻駅」から東南東700m、河岸段丘の花巻城址へ向かいます。
花巻駅















花巻城の図(19世紀頃)。
花巻城図面1


















花巻小学校体育館前の東側に「御長屋跡碑」。
花巻城址・御長屋跡碑
















本丸跡の高台一帯は、“ 往古誰人の始めて築くといふことを伝えず ”と二郡郷村誌に記された鳥谷ケ崎城と呼ばれた城跡です。花巻城の前身は、約400年に亘り当地を支配した稗貫三河守広内の居城で、本丸跡に瑞興寺(応永4年1397開基)本堂がありましたが、天正19年(1591)南部藩郡代北秀愛が和賀・稗貫二郡を統治するに際し、瑞興寺を坂本町に移し、本丸を整備して花巻城と改称しました。

藩主が使用する「西御門」(二層枡形脇櫓門)、平成4年(1992)花巻開町400年記念で復元。
花巻市城内・西御門















門を潜り左周りに進むと、四阿手前に「本丸御井戸跡」。
城内・花巻城本丸井戸跡















左奥に、本丸内に勤める城代等の藩士が使用した本丸の南口門(通用門)「御台所前御門跡碑」。
本丸と二ノ丸を隔てる内堀を渡る坂道の奥にあり、防御用の枡形を構成。名称は本丸御殿の御料理ノ間に面していたことに由来、ここを下るとグラウンド北東角に出ます。
花巻城址本丸の御台所前御門跡碑















東側に「菱櫓跡碑」。
花巻城址本丸の菱櫓跡碑
















御門北側に、文化3年(1806)最高位大関となった南部藩お抱え力士「初代二所ノ関軍右エ門墓碑」。
花巻城址本丸北側の力士墓碑















城址北側に東西に流れる「後川」。
花巻城本丸からの西側堀















緩やかに下る「早坂」。
城内・早坂
















左カーブした石垣外れ、二ノ丸北側に「早坂御門跡碑」。
参勤の時に一日日町、四日町への往来に使用する公用門(楼門)でした。
花巻城址・早坂御門跡碑
















早坂御門には奥ノ宮が祀られていたようです、門跡碑の右に「早坂稲荷神社奥ノ宮碑」。
城内・早坂御門の早坂稲荷神社奥ノ宮碑
















一日市町(ひといちまち)~四日町市)
城内を下り、県297号(花巻温泉郷線)の交差点を右折すると花巻三町の一つ・一日市町となり、先の交差点(南西角・花巻信金)を左折、15m先で右折、ここが「四日町市枡形」です。
花巻市一日市・枡形
















左広場前に「明治天皇御聖跡碑」(左)、標柱「花巻城下町発祥地 四日町 一日市町碑」。
花巻城下が開かれる以前は、四日町に僅かに田屋(農家)が数軒、浄土宗広隆寺(四日町)や曹洞宗瑞興寺(一日市町)があるだけの寒村でした。
築城で開町となり、南部氏居城三戸との連絡確保の狙いから最初に四日町(文禄期1592~95)が開町し、慶長年間(1596~614)頃に八日町(後の川口町→上町)、一日市町が開かれ花巻三町と呼ばれました。
町名「四日町」と「一日市町」は毎月1・4の日に定期市が開かれたことに由来、一日市町には東西に御仮屋、高札場が置かれ、四日町には稲荷社や広隆寺等の寺社が多く配置されていました。
花巻市四日市・花巻城下町発祥地・四日町・一日市町碑・明治天皇御聖跡碑
















約250m先の丁字路を右折、30m先の丁字路(県297号)を左折する「枡形」。
花巻市四日町の枡形出口
















左に千本格子の佇まい「町屋」。
花巻市四日町・千本格子の旧家















先で四日町3丁目交差点(三叉路)を右折(東)、400m先で四日町交差点(丁字路)を左折、この辺りが花巻宿北口(出口)となります。
花巻市四日町・四日町交差点
















(東宮野目~西宮野目~二枚橋町)
先で釜石線高架を潜り、瀬川橋交差点の先で釜石自動車道高架を潜ります。
花巻市東宮野目・瀬川橋交差点
















花巻東BP北口交差点でR4号に合流、左緑地に日本橋から131里(約515K)「宮野目一里塚」(復元)があります。
明暦3年(1657)3代南部重直は、街道の改修や松並木の植栽を実施、延宝3年(1675)4代重信まで至りましたが、松並木が等間隔に続く宮野目地内~紫波の蔭沼までの一直線の道(約14K)は、全国を代表する美型の街道だったとされています。
花巻市西宮野目・宮野目一里塚(復元)
















三獄交差点手前に青森まで237Kの「標識」、交差点を過ぎた左に「501Kポスト」があります。
花巻市西宮野目・三獄交差点手前の標識
















宮野目交差点の先、左奥に和算念佛碑、奥の祠に馬頭観世音等「石仏石塔群」が祀られています。
宮野目小学校口交差点の先に設置された温度計は「19℃」、日中には25度位まで上がりそうです。
花巻市西宮野目・和算念仏碑他















右側に花巻空港が続きます、2009年に滑走路東側にターミナルビルがオープンしました。
街道沿いの旧花巻空港ターミナルビルには、市観光協会や国際交流事務所が入り、かつての待合室が交流スペースや研修室に改装され「花巻市交通会館」として活用されています。
西宮野目・花巻市交通会館(旧空港ターミナル)
















油沢川に架かる境橋を渡ると、左に2基の「追分の碑」(市有形文化財)。
右)享保9年(1724)建立「道標」の正面に「右ハはやつ袮みち」、「左ハもりおかみち」「九月」と刻まれ、盛岡へ向かう途中から早池峯への道標として街道東側に建てられていました、

左)明治23年(1890)「道標」の正面(東)「土佛観世音道」、左面(南)「壱里弐十弐町」、裏面(西)「大興寺三十世祖量圓宗代・建立年」と刻まれ、古くから土佛観世音信仰が盛んな石鳥谷大興寺への道標として建立されました。
花巻市二枚橋町大通り・追分の碑
















(石鳥谷町南寺林~江曽~小森林)
花巻空港駅口交差点を過ぎると、平成18年(2006)1/1大迫町 和賀郡東和町と共に花巻市となった石鳥谷町(旧稗貫郡)に入ります。
街道沿いには鮮やかなケイトウや菊等、夏と秋の花が競うように咲き乱れ、黄金色に輝く田圃風景が広がります。
花巻市石鳥谷町・街道左側の景
















江曽地区コミュニティ消防センター前に昭和38年建立「区画整理記念碑」、傍らに昭和4年建立「足尾山」等石塔があります。
塚の根交差点(三叉路)手前左に、日本橋から132里「江曽一里塚西塚」(復元)、斜向かいが「東塚」(現存)です。
塚花巻市・江曽一里塚西塚
















向かいに、明暦4年(1658)南部重直の命で築造された現存塚、「江曽一里塚東塚」(県史蹟)。
花巻市・江曽一里塚東塚
















塚右に「岩手県指定史蹟 江曽一里塚碑」、東北御巡幸で立ち寄られた「明治天皇江曽御小休所碑」、右奥に明治天皇御巡幸記念碑があります。
石鳥谷町江曽・江曽一里塚碑・明治天皇江曽小休所碑1















元禄(1688~703)・宝暦(1751~62)・天明(1781~88)・天保(1830~43)期の冷害や凶作等の大飢饉は、盛岡藩四大飢饉と云われました。
塚の根交差点角(一里塚北側)に、天保8年(1837)村人達が街道筋の行路病死者を哀れみ建立した「ア(大日如来)ユ(弥勤菩薩)ユン(地蔵菩薩)供養」と刻む供養塔「餓死供養碑」があります。
又、天明期の飢饉では、多くの餓死者の死骸が一里塚の下辺りに埋葬されたと伝わっています。
花巻市石鳥谷町江曽・餓死供養碑(塚の根交差点角)
















先の左一帯は中世に稗貫郡を統治した稗貫三河守広内の家臣小森林治部少輔の「小森林館跡」。
館は東西・南北共に約400mの規模を有し、中でも北東の郭が最大で、館下に巾10~15mの堀、段丘崖沿いに巾3~4m・高さ1~2mの土塁が築かれる等、家臣の中では小森林氏の勢力が強大だったことが窺えます。
石鳥谷町江曽・小森林館跡
















滝沢川の手前左に県内最古のクロベの古木「銘木 逆ヒバ」。
諸国巡幸で、弘法大師が湧き水で喉を潤そうと休憩した時、地面に挿した杖が根付いたとされ、名称は幹(4.75m)に対して根元(2m)が細いことに因み、後方(西)に観世音 金比羅、弘法大師遍照金剛等の石塔群が祀られています。
石鳥谷町江曽・逆ヒバ
















(中寺林~西中島~八幡)
滝沢川、次いで耳取川を渡り、「標識」の先の石鳥谷BP南口交差点で右前方(県265号)へ。
花巻市石鳥谷町・石鳥谷BP南口交差点手前
















すぐ先の右民家前に庚申塔等「石塔群」。
石鳥谷町西中島・石塔群















市立八幡小学校前の歩道橋の先に、藩政期、幕末期、明治期にかけての旧八幡村の変革等、現在に至る歴史を刻んだ「八幡村役場農協事務所跡碑」があります。
街道から外れますが、西200mの田園地帯に鎮座する「八幡神社」を参拝します。
八幡地区の鎮守で、胆沢鎮守府八幡宮を勧請したのが起源とされる古社。  ※詳しくはこちらを
石鳥谷町八幡・八幡神社
















長く緩やかな上りの「八幡の町並み」。
石鳥谷町八幡・八幡の街並み
















石鳥谷保健センターを過ぎると、右に明暦4年(1658)頃植樹された杉に山桜が寄生した珍しい「銘木 杉生桜」。
石鳥谷町八幡・銘木「杉生桜」
















(好地)
先の三差路の左筋(県109号石鳥谷花巻温泉線)は、市西部の花巻温泉への分岐点です。
花巻市石鳥谷町好地・花巻温泉分岐点
















三差路を渡ると石鳥谷宿に入ります。
石鳥谷好地・石鳥谷宿入口
















街道から外れますが、駅の南150mの歩道橋で東北本線を跨ぎます。
石鳥谷町好地・陸橋
















石鳥谷小学校の校庭西側、R4号との間の田圃内に、街道改修前の「好地旧一里塚」(県史蹟)、塚西側には旧奥州道の名残「溝帯」が残されています。
3代藩主南部重直は「御領内河辺御廻り、又は山坂多く不便」として、山道は平坦部に移し、屈折多い道を直線に改修しましたが、改修前は南寺林から中寺林の光林寺の東側を経て、一里塚西側を通り数馬長根(後述)を超え犬渕に通じていました。
石鳥谷町好地・旧好地一里塚
















石鳥谷駅」 明治26年(1893)2/15 開業 業務委託駅。
石鳥谷駅















街道(県265)に復帰、(有)矢川自工を過ぎた北側に「石鳥谷肥料相談所跡」、歩道に賢治愛用の鳥打帽とコートの「案内板」。
石鳥谷町好地・石鳥谷肥料相談所跡1















「石鳥谷肥料相談所跡説明板」
石鳥谷肥料相談所跡説明板




すぐ左に「好地一里塚跡」説明板。
日本橋から133里、街道東西に松を植えた5間(約9m)四方の塚が築かれていました。
石鳥谷町・好地一里塚跡説明板















中町(好地第8地割)を進み薬師堂川を渡りますが、右70m先の水門で北上川に合流しています。
石鳥谷町好地・薬師堂川の水門
















左に、6代目平井平右衛門が安永期(1772~8)に創業「菊の司酒造」、「菊の司」の蔵元で、明治39年(1906)廃業した井筒屋(後述)の銘柄「七福神」を引き継いでいます。
石鳥谷町好地・菊の司酒造















隣の岩手B/Kの右に、「七福神」の蔵元「井筒屋跡」(小野家)。
小野家は京都や江戸で質屋を営み、明治29年(1896)8代権右衛門慶善の時、石鳥谷に移りました。
石鳥谷以前より別家や使用人による酒造りが行われ、幕末期には京都 大阪 盛岡 郡山 石鳥谷等10数か所に家屋と店舗を持ち、明治39年(1906)廃業している。
石鳥谷町好地・井筒屋跡
















上町(第9地割)の町並み」。
石鳥谷町好地・上町の町並み
















石鳥谷宿の北口」(出口)。
石鳥谷町好地・石鳥谷宿出口
















(上口3丁目)
長坂」。
石鳥谷町好地第11地割・長坂の上り
















長坂ピーク手前、数馬長根と呼ばれる左緑地に「菊池数馬の墓」。
数馬の父菊池政宗は、天正18年(1590)秀吉による小田原征伐で殉死、後、数馬は秀吉の助命で石鳥谷に居住し、新田開発、道路、橋の新設等に尽力、又、好地村(石鳥谷町)と隣村の犬渕村(紫波郡犬渕)との境界争いに活躍し、境の平安を守りました。
石鳥谷町好地第11地割・菊池数馬墓入口
















危篤の際、 “自分の死後も境の鬼となり好地を守るので、境に埋めて欲しい” との遺言から、長坂の長根に葬られました。
昭和初期、墓からは南無阿弥陀仏と書かれた小石が無数に発見されたことから、村人達に慕われ当地開発の恩人として崇敬されていたことが窺えます。
菊池数馬の墓」(左2)
石鳥谷町好地第11地割・菊池数馬墓















北側に「境塚」。
安政4年(1857)「好地村絵図」には、北上川と旧国道(奥州街道)間に8基、旧国道と古街道(旧奥州街道)間に4基、古街道と北寺林村間に4基、、計16基の境塚が築かれました。
ここを含め現存する塚(周囲10~13m、高さ0.5~1m)は3基で、郡境としてより村境として築かれたと考えられています。
石鳥谷町好地・境塚
















「紫波郡紫波町」(犬渕上田~古道)
すぐ先で「紫波郡紫波町」に入り、犬渕交叉点でR4号に合流。
紫波郡紫波町標識















国道沿いの「松並木
紫波郡紫波町犬渕・R4松並木
















次の交差点(変則十字路)を左折、鎌倉街道跡へ向かいます。
紫波町犬渕・鎌倉街道分岐点















長閑な道(上田地区)。
紫波町犬渕深田・鎌倉街道1
















300m先の突き当りに標柱「紫波町指定文化財 鎌倉街道跡碑」、この南北に走る古道が鎌倉街道 古街道 弾圧下り とも呼ばれた旧奥州街道です。
右折して北上します。
紫波町犬渕深田・鎌倉街道2
















120m程北上すると地名は「古道」に。
紫波町犬渕古道・鎌倉街道3
















古道は丁字路に突き当たります。 右折すると、左の畑前に北西9.5Kの志和稲荷神社(枡沢前平)に関係ありそうな「志和稲荷大・・碑」、すぐ先の犬渕工業団地入口交差点(R4号)を左折します。
紫波町古道・鎌倉街道突き当り
















街道左側(西)に「東根山」(標高928.4m)の景。
紫波町犬渕上田・街道左の東根山の景
















滝名川は奥羽山脈を水源とし、市街地を東流しながら犬渕で黒沢川と合流し、下川原で南下して北上川に合流、流域面積79.2K、延長25.1K。
紫波町犬渕・滝名川
















(南日詰蔭沼~箱清水)
渡り詰めから「善知鳥坂」の緩い上り。
紫波町南日詰・善知鳥坂
















すぐ先の三差路を右折、田圃沿いに蛇行する細道を進むと、左一帯の森林は安倍貞仁の臣・善知鳥(うとう文治安方の旧館跡「善知鳥館跡」(町史蹟)とされています。
安倍氏の柵、安倍氏と関連する有力者の居館とも推定され、ここを拠点として当地域を支配していたとされています。
紫波郡紫波町南日詰字滝名川・善知鳥館跡
















居館跡北側に両部鳥居が建つ「厳島神社」(祭神弁財天)、境内には五庚申 庚申等石塔群が祀られています。
紫波町・南日詰・厳島神社















山吹川に架かる「山吹橋」。
山吹川は古くは蛍の群生地でしたが、国道拡張や護岸工事などで少なくなり、地域の推進活動により10数年前から環境変化で少しづつではありますが飛び交うようになったそうです。
紫波町南日詰蔭沼・山吹橋
















春は桜、夏は古代蓮、冬は白鳥飛来で知られる「五郎沼」。
五郎沼に続く一帯は、藤原清衡の孫・樋爪太郎俊衡・五郎季衡兄弟の居館「樋爪館跡」(町史蹟)と伝えられ、北方の守りの要として当地に館が置かれたとされています。
名称は、五郎季衡がこの沼で遊泳していたことに因みます。
紫波町南日詰箱清水・五郎沼
















沼の東側に往時、沼の堤防決壊を鎮める為に人柱にされた娘の供養塔、延文6年(1361)建立「夜泣き石」。
紫波町南日詰箱清水・五郎沼の夜泣き石
















北西岸に「古代蓮池」。
文治5年(1189)、源頼朝の陣営(陣ケ丘蜂神社)に届けられた4代秀衡の首級は、実検後長く晒された後、ひそかに中尊寺金色堂に安置されました。
首桶から手向けられた五郎沼の蓮の種子が見つかり、800年の長い時を経て古代蓮(中尊寺ハス)として復活し、平成14年に五郎沼に株分けされました。
紫波町南日詰箱清水・五郎沼の古代蓮
















沼北側の畑に「大荘厳寺跡碑」。
沼北側に樋爪館と共に創建された「大荘厳寺」がありましたが、慶長初期に盛岡に移転し、明治初期に廃寺となっています。
紫波町南日詰箱清水・大荘厳寺跡碑















樋爪館南西部に樋爪太郎俊衡が国家安穏・武運長久の為、大荘厳寺の鎮守社として居館内に勧請した「薬師神社」があります。 ※詳しくはこちらを
紫波町南日詰箱清水・薬師神社参道口
















頼朝軍の進撃で居館は焼失しましたが、発掘調査で樋爪館跡の町立赤石小学校校庭や、西部の水田から当時の建物や大溝が確認されています。
紫波町南日詰箱清水・町立赤石小学校
















(北日詰)
先で街道に復帰、紫波I.C入口交差点手前のY字路で街道は右前方へ。
紫波町桜町・紫波IC入口交差点手前のR4号との分岐
















(桜町本町~下川原)
満開のコスモス、「本町の町並み」。
紫波町桜町・本町の町並み
















右に征夷大将軍坂上田村麻呂が創建の古社「志賀理和気神社」、郡名「紫波」に因む「霊石 赤石」を奉ることから、赤石神社とも称される日本最北端の式内社です。 ※詳しくはこちらを 。
紫波町桜町本町・志賀理和気神社鳥居
















参道沿いには、恋の伝説に因む「南面の桜」(町天然記念物)」があります。
紫波町桜町本町・志賀理和気神社参道の南面の桜
















80m先の三差路を過ぎた右に「志賀理和気神社元宮」。
紫波町桜町本町川原・志賀理和気神社本宮
















100m先の右に道の神「庚申神社」(猿田彦大神)、参道口に観世音 庚申が祀られています。
紫波町桜町本町川原・庚申神社
















街道が緩やかに左~右に蛇行した右に、町民がスポーツやレク等を楽しむ陸上競技場・野球場・総合体育館等を設備した「紫波運動公園」。
志波町桜町下川原・紫波運動公園
















緩い下りとなり、右の出光(G・S)前の三差路を左折して旧道へ。
志波町桜町下川原・旧道分岐三差路















旧道は、150m程で紫波運動公園の先で合流します。
志波町桜町下川原・旧道
















(日詰郡山駅~日詰西浦)
交差点(県25号)を渡ると、日詰郡山宿に入ります。
志波町日詰郡山駅入口の県道25号交差点
















「日詰郡山宿」は、斯波氏の時代に城下町が作られ南部氏の時に奥州街道が整備されました。北上川の舟運の要衝として栄え、高札場や日詰と上町、下町に馬繋所(郡山駅)が置かれ10日交代で業務を行いました。

左に「平井家住宅」(国文化財)。
北上川舟運で栄えた郡山駅に、豪商・平六商店(現・菊の司酒造 ※石鳥谷宿で述)の第12代平井六右衛門が、内閣総理大臣に就任した原敬を招待する為、約3年の歳月を掛け大正10年(1921)完成した伝統的な町屋構造の屋敷です。
志波町日詰郡山駅・平井家住宅
















本日はここで街道歩きを終了し、日詰交差点(R4号)近くの「旧紫波郡役所」(町有形文化財)へ立ち寄ります。
明治32年(1899)築、下見板張り、切妻屋根風の小庇付の窓、切妻屋根の洋風玄関ポーチの木造2F建、大正12年(1923)郡制廃止後も郡役所として15年(1926)迄使用されました。
昭和35年(1960)町役場新設に伴い、現在地に移築されています。
志波町・旧紫波郡役所跡
















今夜は日詰中央駅近くのビジネスホテルに宿泊します。
2019・9・20(晴れ・曇り)






     
今日の日付入りカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pansy

Author:pansy
神奈川県在住の女性。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR