FC2ブログ

悠遊・楽感雑記帳

旅・趣味・日々感じたことを書き綴ります。

宮城県岩沼市稲荷町・竹駒神社

竹駒神社(稲荷町1-1)は岩沼駅の南900mに鎮座、竹駒稲荷とも称され、日本三大稲荷の一つに数えられています。
(由緒)承和9年(842)陸奥守だった父小野岑守に従い、陸奥国司として赴任した参議小野篁が、伏見稲荷を勧請して武隈明神を創建したのが起源とされます。
平安後期(寛徳2年~治暦4年1045~68)当国歴遊の僧能因が、当社の神が竹馬に乗った童で現れたとして、隣接に結んだ庵が後に別当竹駒寺となりました。
当社は、東山道等主要幹線の交通要衝に鎮座の為、当地を支配してきた奥州藤原氏、伊達氏等に重視されてきました。
戦国期には衰退しましたが、14代伊達稙宗より社地の寄進を賜るなど、伊達家の篤い崇敬を受け発展しました。 
明治初期の神仏分離で、別当寺は東400mの桜に移転し、明神思想に基づく武隈明神が否定されたことで、以降、稲荷神が主祭神とされました。

主祭神「倉稲魂神」、相殿「保食神 稚産霊神」を安置、竹駒稲荷大神と呼ばれる三柱の神々は、衣食住を守護する神々として崇敬されています。

表参道に社号標「敕宣正一位日本三大稲荷 竹駒神社」、「一ノ鳥居」(明神鳥居)。
宮城県岩沼市・竹駒神社一の鳥居
















参道が左(南)に直角に折れる手前に大正12年(1923)造立「二ノ鳥居」(明神石鳥居)
岩沼市・竹駒神社二の鳥居
















山型の石扁額「奉納 竹駒神社」。
岩沼市・竹駒神社二の鳥居扁額















参道が折れる右角に芭蕉句碑(二木塚)「佐くらより 松盤二木を 三月越し
謙阿句碑(名月塚)「朧よ里 松は二夜の 月丹こ楚
芭蕉六世と称された謙阿の名月塚は、寛政5年(1792)翁百年忌法要記念で建立されています。
岩沼市稲荷町・竹駒神社の芭蕉句碑
















直角に右(西)に折れ「三ノ鳥居」(明神鳥居)。
岩沼市・竹駒神社三の鳥居
















子取り・玉取り(♂)の大正5年(1916)建立「神使 狐」。
岩沼市・竹駒神社狛狐吽岩沼市・竹駒神社狛狐阿
母狐の前足の下で仰向けで足を上げる子狐。
岩沼市・竹駒神社狛狐の子狐















参道左右に「火焔宝珠像」。
岩沼市・竹駒神社参道
















参道が左に分岐した正面に「御神馬舎」、右に「神輿殿」。
岩沼市・竹駒神社御神馬舎・神輿殿
















文化9年(1812)造営「随身門(楼門)」(市有形文化財)は、三間一戸入母屋造り・総ケヤキ造り。
岩沼市・竹駒神社随身門
















仙台藩主7代伊達重村公揮毫による神額「敕宣 正一位竹駒神社」、下層には明治期の三筆の一人・中村梧竹(彦四郎)揮毫の扁額「丹心報國」が掲げられています。
岩沼市・竹駒神社随身門扁額

















左阿形・右吽形の木鼻「唐獅子」、門を潜ると阿吽が逆になっています。
岩沼市・竹駒神社随身門入口左木鼻(阿)岩沼市・竹駒神社随身門入口右木鼻(吽)
御門の神「随神像(豊磐間戸神・櫛磐間戸神)」。
岩沼市・竹駒神社随身門右大臣岩沼市・竹駒神社随身門左大神
裏側(北)に神使「白狐像」。
岩沼市・竹駒神社随身門裏の左狐岩沼市・竹駒神社随身門裏の右狐
左大臣側は玉、右大臣側が鍵を銜えています。
岩沼市・竹駒神社随身門裏の左狐正面(玉)岩沼市・竹駒神社随身門裏の右狐正面(鍵)
左に「手水舎」。
岩沼市・竹駒神社手水舎
















向唐門前の「石燈籠」は、火袋や竿部分に火灯窓にして、下部に玉を銜える神使「狐」を安置。
岩沼市・竹駒神社唐門前の灯籠





























四隅を支える力神。
岩沼市・竹駒神社灯籠を支える力神















右に平成26年初午大歳祭御縁年記念の御神馬像。
岩沼市・竹駒神社神馬像
















天保13年(1842)造営「向唐門」(市有形文化財)、総檜造りで県下最大級の遺構。
岩沼市・竹駒神社向唐門
















明治期の政治家・三條寛美揮毫の石扁額「翔鳳」、懸魚「鳳凰」、木鼻「龍」、持ち送り「龍」、防鳥ネットではっきりしませんが三段斗栱には「龍、虎」等の動物や植物等見事な彫刻が施されています。
岩沼市・竹駒神社唐門扁額















大提灯の底に「龍」。
岩沼市・竹駒神社向唐門の提灯底の龍
















柱の下の彫金「唐獅子・牡丹」。
岩沼市・竹駒神社向唐門の脚の銅板彫刻
















左右扉に「火焔宝珠」彫刻。
岩沼市・竹駒神社向唐門扉の火焔宝珠彫刻














平成2年の放火で、宝永7年(1710)仙台藩5代伊達吉村公により造営された社殿(市文化財)は灰燼と帰しました。
権現造りの社殿は平成6年(1994)再造営、入母屋唐破風の「拝殿」。
岩沼市・竹駒神社拝殿















上下に「菊花紋」、青を基調とした扁額「正一位竹駒大明神」。
岩沼市・竹駒神社拝殿扁額















拝殿内。
岩沼市・竹駒神社拝殿内
















千木・鰹木を乗せた三間社流造りの「本殿」。
岩沼市・竹駒神社本殿
















朱の鳥居が立つ拝殿南側には、放火で社殿焼失前の元宮跡地への地下通路があります。
岩沼市・竹駒神社拝殿下の元宮鳥居
















地下通路左(西)側に「元宮跡」。
岩沼市・竹駒神社本宮跡地祭壇
















跡地西側の段上に、稲荷大神への願い事を取り次ぐ神使「霊狐」をお祀りする「命婦社」。
岩沼市・竹駒神社・命婦社
















命婦社の右、更に段上に玉・子取りの奥宮の神使「狐」。
岩沼市・竹駒神社奥宮狐吽岩沼市・竹駒神社奥宮狐阿
奥宮。
岩沼市・竹駒神社・奥宮
















南側に境内社6社が祀られています。
天神様と呼ばれる「北野神社」(祭神 菅原道真公)、右に大正13年(1924)社頭から現在地に移築された火防の神「秋葉神社」(祭神 火参霊命)。
岩沼市・竹駒神社境内社北野神社・秋葉神社
















縁結びの神「出雲神社」(祭神 大国主神 蛭子神)、社殿(大社造り)は昭和31年に出雲大社の1/8規模で造営。
岩沼市・竹駒神社境内社「出雲神社」
















天保14年(1843)造営「総社宮」(管内神社の全祭神)。
当初は二木塚(芭蕉句碑)後方に北向きに祀られていましたが、大正後期に現在地に移っています。
岩沼市・竹駒神社境内社総社宮

















享保12年(1727)造営「八幡神社」(祭神 応神天皇)、右に享保12年造営「愛宕神社」(祭神 迦具士神)。
南側の西参道の先に西鳥居があります。
岩沼市・竹駒神社境内社八幡神社・愛宕神社
















境内南側の御新田に「宇賀神社」(祭神 宇迦之御魂神)。
宮城県岩沼市・竹駒神社境内社宇賀神社
















表参道の北側に照和14年(1939)築「馬事資料館」、
躯体(骨組)は洋風、玄関は懸魚や破風の和風という県内でも珍しい建物です。
岩沼市・竹駒神社馬事資料館
















資料館前に「馬検場址碑」。
古くより岩沼は馬の集散地として知られ、境内で馬市が開かれたと云います。
岩沼市・竹駒神社馬事資料館前の馬検場跡碑















随身門の右奥(北)に、中島に松や微軫燈籠を置く「神池」。
岩沼市・竹駒神社神池
















御朱印。
岩沼市・竹駒神社御朱印



















宮城県白石市増岡・神明社

神明社(増岡町1-17)は白石駅の西約1K、白石城内北側に鎮座。
由緒:平安初期の大同2年(807)征夷代将軍坂上田村麻呂により勧請されたのが起源とされ、以後、領主藤原秀衡 蒲生氏郷等から庇護を受けてきました。慶長5年(1600)伊達正宗の白石城攻略で支城となり、2年後、正宗臣片倉小十郎景綱の城地となり、亘理郡小堤村から二ノ丸跡に遷座され、以後、片倉家代々の城の鎮守、領内の総鎮守として篤い崇敬を受けてきました。
明治32年(1899)白石大火で社殿等全て灰燼に帰し、翌年二ノ丸跡に本殿を造営、39年拝殿を造営。 明治後期~大正初期に5神社を合祀し、昭和2年(1927)郷社に列しました。

祭神「天照大御神 伊達正宗公(武振彦命) 片倉小十郎景綱公(奇敏鎌苅田彦命)他18柱」を安置。

参道口に一ノ鳥居、傍らに社号標「郷社神明社」、鳥居左に天保元年(1830)から10年の歳月をかけ、私財を投じて蔵本村大堰切通しを完成させた伊達氏臣「片平観平碑」があります。 
又、ここには本丸防御拠点の一つ・厩口門が置かれていましたが、明治初期の白石城の廃城で払い下げられ、城下北東の延命寺山門(奥州街道(白河以北)⑩に記載)として移築されました。    
白石市益岡町・神明社鳥居
















参道は南から西へ折れ、手水舎と二ノ鳥居。
白石市益岡・神明社手水舎と二ノ鳥居















手水舎の向かい(右)奥に境内社「三荒神社」(右)、「招魂社」。参道沿いには石塔、歌碑等が並びます。
白石市益岡・神明社境内社三荒神社と招魂社
















参道沿いには3対の狛犬が並びます、玉取り・子取りの昭和12年(1937)建立「狛犬」。
白石市益岡・神明社一対目狛犬吽白石市益岡・神明社一対目の狛犬阿
子取り・玉取りの昭和62年(1987)建立「狛犬」。
白石市益岡・神明社2対目狛犬吽白石市益岡・神明社2対目狛犬阿
白石市街地は、明治32年(1899)の白石大火で灰燼と帰しました、参道沿いに「白石大火記念塔」。
白石市益岡町・神明社参道沿いの白石大火記念塔
















正面(東)基壇に「麻の葉」模様の陽刻が施されています。
白石市益岡・神明社の白石大火記念塔下部

















御神門(切妻造り一戸)。
伊勢神宮第60年遷宮で解体された内玉垣御門の一部を下賜され造営。
白石市益岡・神明社神門
















神門を潜ると明治17年(1884)鋳造「狛犬」(ブロンズ)。
白石市益岡・神明社3対目狛犬(ブロンズ吽)白石市益岡・神明社3対目狛犬(ブロンズ阿)
右に祭神「大国主命」を祀る境内社「大国王命神社」(由緒等不明)。
白石市益岡・神明社境内社出雲大社
















参道挟んだ向かいに祭神「菅原道真公」を安置する「増岡天満宮」。
江戸中期、宿入口の当信寺和尚が寺子屋を開き、子供達の為に学問の神「京都北野天満宮」を勧請したと伝わります。
白石市益岡・神明社境内社天満宮
















現社殿は昭和10年造営、高欄を巡らした「拝殿」は神明造り(桁行6間1間切妻向拝)。
白石市益岡・神明社拝殿
















扁額「神明宮」。
白石市益岡・神明社扁額
















神紋「花菱紋」の賽銭箱。
白石市益岡・神明社賽銭箱
















本殿。
白石市益岡・神明社本殿
















境内北西に「神輿殿」、奥に「不忘神社稲荷」、社殿後方から北西12Kの蔵王連峰南端の不忘山(標高1705m)が遥拝出来たようですが、現在は社叢に覆われています。
白石市益岡・神明社境内社不忘神社稲荷
















秋の暮れに再訪した境内の紅葉は、錦絵の様な美しさ。
白石市益岡。神明社境内
















御朱印(奥州街道を歩いた時に拝受)。
白石市益岡・神明社御朱印


















宮城県柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社

大高山神社(金ケ瀬字台部(2-1)は、北白川駅から徒歩18分程、白石川北岸の神山丘陵上に鎮座。

(由緒)日本武尊が蝦夷征伐の東征の折、北500mの平村台ノ山に仮宮を建て住んだと伝わり、敏達天皇元年(572)仮宮跡地に白鳥大明神と称する社殿を設け、日本武尊を奉斎したのが起源とされます。

元禄初期の火災で社殿焼失し、北東2Kの字新開に遷座、大正3年(1914)現在地に移築し再遷座されました。
白鳥明神、大高宮とも称される郡内唯一の神社で、祭神「日本武尊 橘豊日尊(31代用命天皇)」を安置。

旧奥州街道沿いの社頭に社号標「延喜式内 大高山神社」、神橋の先に扁額「大高山神社」を掲げた朱の一ノ鳥居。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社一の鳥居
















西側に寛政7年(1795)建立「馬頭観世音」と石碑。
柴田郡大河原町金ケ瀬台部・大高山神社入口左の石塔群

















寛政13年(1801)建立「二ノ鳥居」。
室町末期に渡来した精鋳鉄・洋式鉄鋳等の鋼鉄を用いた南蛮鉄鳥居で、旧社地(新開)に鎮座の時に奉納されています。
柴田郡大河原町・大高山神社の銅鳥居
















明治期、四日市邑の村人が奉納した手水鉢。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社手水舎
















正面(東)向き・大型の昭和3年(1928)建立「狛犬」。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社吽狛犬柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社阿狛犬
「拝殿」は三間社入母屋造り、字新開から現在地遷座の際に造立されています。
殿内には元禄14年(1701)奉納「源平合戦図」や正徳 享保 天保 安政 明治期の奉納絵馬、又、鎌倉末期(正応6年1293)伏見天皇の代に奉納された東北最古の鰐口(国文化財)を所蔵しています。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社拝殿
















扁額「正一位大高宮」。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社拝殿扁額















白鳥伝説が伝わる社として知られ、拝殿向拝には奉納額「白鳥」が掲げられています。
白石川沿いの柴田郡・刈田郡には白鳥を神の使いとする「白鳥信仰」が根強く残り、刈田郡蔵王町宮の刈田嶺神社も白鳥伝説が伝わる社として知られています。、
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社拝殿奉納額(白鳥)














拝殿右手に奉納絵馬「日本武尊熊襲退治の図」(年代不明)。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社拝殿奉納額













社殿は権現造り、「本殿」は三間社入母屋造り・一間向拝。左に「神輿殿」。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社本殿と神輿庫
















屋根下の小壁蟇股に、白・水色を基調とした猿・羊等、十二支が描かれています。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社本殿南側彫刻













社殿右(北)に「神舞殿」、8・10月の例祭には堤神楽(町有形文化財)が奉納されます。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社神楽殿 (2)
















拝殿右に、文治年間(1185~9)藤原三郎忠衝(奥州藤原氏3代秀衝三男)が寄進した「鉄九輪搭」、
火袋部分だけが残され、燈籠の一部として組み込まれていますが、火袋内に「仏像」が安置されています。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社の鉄九輪塔柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社の鉄九輪塔火口の石仏
奥(北)に文治元年(1185)常陸国筑波分神郡邑・蚕影神社を勧請し、昭和41年境内に遷座された境内社「蚕影神社」(一間社柿葺造り)、祭神「稚産霊命 埴山姫命 木花開耶姫命」を安置。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社境内社蚕影神社
















本殿右(北西)に庚申等の石仏石塔群。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社石塔石仏群















2基の祠内には八臂・笏を持つ仏像(上写真の白⇐)、斜め向き・合掌する仏像(黄色⇐)が安置され、本殿横には蓮華座に八臂・笏を持つ菩薩立像が祀られています。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社石祠内の石仏1柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社石祠内の石仏2
入母屋造りの鐘楼。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社鐘楼
















奥(南)に蔵王山 梵字を刻む馬頭観世音 庚申(左から)。
柴田郡大河原町金が瀬・大高山神社境内の石塔群





















宮城県岩沼市のマンホール

宮城県岩沼市・カラー汚水)ツツジ・飛行機・黒松)


本町で撮影。





カラー汚水用には、中心円に「市章」、その周りに市の花「ツツジ」、
放射状に市の木「クロマツ」、左右に「飛行機」2基がデザインされています。








宮城県岩沼市・汚水(ツツジ・飛行機・黒松)










汚水用。









宮城県岩沼市・汚水JIS








JIS規格汚水用。











宮城県岩沼市・汚水(コンクリート)









汚水(共同下水)用(コンクリート製)。










宮城県岩沼市・カラー消火栓【クロマツ・ツツジ)


南長谷で撮影。






中心円に市の木「クロマツ」、「市章」、
外周に市の花「ツツジ」、内円、市章、消火栓文字をカラー使いにしたカラー消火栓。








宮城県岩沼市・角消化栓


桑原で撮影。




亀甲模様に「消火栓」、「岩沼市」文字、受枠コンクリート製の角消火栓。






宮城県岩沼市・カラー角消化栓



本町で撮影。




中心長方形に「消火栓」、「岩沼市」文字、外周をカラー使いにしたカラー角消火栓






宮城県岩沼市・空気弁


二木で撮影。



消火栓と同じですが、長方形内の亀甲模様が凹になった角カラー空気弁。







宮城県岩沼市・仕切弁(右文字)


本町で撮影。




4分割の下に「市章」、文字が左回りの仕切弁。







宮城県岩沼市・仕切弁(左文字)







文字が右回り、鍵穴が横の仕切弁。







宮城県岩沼市・水道仕切弁(ソフト)


南長谷で撮影。




4分割の上部に「市章」、其々に「ソフト」文字の水道カラー仕切弁。






宮城県岩沼市・水道仕切弁100







「市章」、「HPPE」、「ソフト」文字、「100Φ」のカラー水道仕切弁。







宮城県岩沼市・水道仕切弁(受枠)









4分割に「市章」、「ソフト」文字、4分割の受枠左右に「← →」入りのカラー水道仕切弁。








宮城県岩沼市・止水栓(右文字)


本町で撮影。






「市章」、文字が右書きの止水栓。








宮城県岩沼市・止水栓B(左文)









「市章」、「B」、小さい「鍵穴」、左書きの止水栓。







宮城県岩沼市・ドレン


中央町で撮影。





「市章」入りドレン。










宮城県柴田郡柴田町槻木・八幡神社と竹原神社

北向八幡とも称される八幡神社(槻木白旗4-3-10)は、柴田バイパス(R4号)・柴田町槻木交差点の北200mに鎮座。
平安後期(天喜4年~康平5年 1056~62)陸奥国安倍氏一族との前九年の役で、鎮守府将軍源義家が東征の折、武運長久の守護神・八幡宮を当地に勧請したのが起源、又、その際に白旗一流を寄進されたことから、地名「白旗」の由来となりました。
明治5年(1872)村社に列し、43年(1910)神饌幣帛供進神社に指定。
祭神「誉田別命」を安置。

旧奥州街道沿いに社号標「村社 八幡神社」、参道は朱の一ノ鳥居を潜ると、集落内を横切るように西に伸びています。
宮城県柴田柴田町槻木白旗・八幡神社社頭
















70m先で町道を渡ります。
柴田郡柴田町槻木白旗・八幡神社参道途中の町道















60m先に神橋、町道を横断した先の二ノ鳥居を潜ると、八幡神社と竹原神社の参道が分岐、正面が竹原神社への千本鳥居が立つ参道で、八幡神社の参道は南西(左)に分岐していきます。
柴田郡柴田町槻木白幡・八幡神社社頭
















参道沿いに「八幡館跡碑」(標柱)。
この地は、支流白石川が阿武隈川に合流する盆地で、西5.2Kには伊達氏家老原田宗輔(甲斐)が居城とした「船岡城」など、往時の要害地でした。
柴田郡柴田町槻木白旗・八幡神社内・八幡館跡碑
















杉木立の参道(約350m)を進むと「神門」、前には震災で倒壊した石灯籠らしき石だけが左右に積まれていました。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社神門















広い境内左に自然石を刳り貫いた手水鉢を置く入母屋造の手水舎、入母屋造の拝殿は北向きです。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社拝殿と手水舎
















注連縄が飾られた玉・子取りの昭和7年(1932)建立「狛犬」、阿吽が逆位置になっています。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社狛犬阿柴田郡柴田町槻木・八幡神社狛犬吽
向拝頭貫に扁額「八幡神社」、拝殿入口上に扁額「八幡神社」が掲げられています。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社拝殿扁額















賽銭箱に神紋「丸に松竹梅竜胆」。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社賽銭箱













本殿。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社本殿
















社殿右手に境内社、奥に鐘楼。
柴田郡柴田町槻木・八幡神社鐘楼















本殿右に末社4社(石祠)、雷神碑が祀られています。
柴田郡柴田町槻木白旗・八幡神社末社群















二ノ鳥居に戻り、竹原神社を参拝します。
当社は、室町期の文明2年(1470)入間野邑小池要助が勧請したと伝わり、嘉永3年(1850)正一位竹原大明神に、明治12年(1879)現社名に改称されています。
農・漁業守護、航海安全、家内安全の祭神「保食神」を安置。
八幡神社との参道分岐点に竹原神社の千本鳥居。
柴田郡柴田郡柴田町槻木・八幡神社参道から分岐の竹原神社の千本鳥居
















参道沿い左に手水鉢、珍しい龍の石灯籠。
柴田町槻木・竹原神社参道沿いの龍石灯籠
















昭和62年(1987)建立「神使狐」、阿形(右)は玉を銜え、両形の耳、口に朱の彩色跡が見られます。
柴田郡柴田町槻木・竹原神社狛狐吽柴田郡柴田町槻木・竹原神社狛狐阿
五つの鈴の拝殿。
柴田郡柴田町槻木・竹原神社社殿





















宮城県柴田郡柴田町のマンホール

柴田町は、桜の名所・白石川沿いの一目千本桜で知られています。
宮城県柴田郡柴田町・汚水(桜)


西船迫で撮影。







汚水用には町の花「サクラ」がデザインされています。









宮城県柴田郡柴田町・汚水(桜の花)









「町章」、町の花「サクラ」の花をちりばめた汚水用。









宮城県柴田郡柴田町・汚水JIS










「町章」、小さい「汚水」文字のJIS規格汚水用(鎖)。








宮城県柴田郡柴田町・汚水JIS(テトラ)











「町章」、JIS規格汚水用(テトラポット)。









宮城県柴田郡柴田町・汚水(コンクリート)










「町章」、汚水(公共下水)用(コンクリート製)。








宮城県柴田郡柴田町・汚水JIS角










「町章」、斜め分割式の汚水用。








宮城県柴田郡柴田町・汚水枡(サクラの花)








「町章」、町の花「サクラ」の花の汚水枡。







宮城県柴田郡柴田町・雨水JIS


東船迫で撮影。








「町章」、JIS規格雨水用(テトラポット)。








宮城県柴田郡柴田町・カラー排水弁(赤)







「町章」、外周の上部に「トミス」文字のカラー排水弁(ドット)








宮城県柴田郡柴田町・制水弁


西船迫で撮影。





内円4分割に「町章」、「制水弁」文字、外枠を4分割した制水弁。






宮城県柴田郡柴田町・仕切弁







内円の4分割に「町章」、「仕切弁」文字、外周はドットの仕切弁。







宮城県柴田郡柴田町・仕切弁(鍵穴違い)







鍵穴違いの仕切弁。








宮城県柴田郡柴田町・カラー仕切弁








外周だけカラー(青)にした仕切弁。







宮城県柴田郡柴田町・カラー仕切弁100







「町章」、100Φのカラー仕切弁。







宮城県柴田郡柴田町・カラー仕切弁pp50







PP50Φのカラー仕切弁。







宮城県柴田郡柴田町・角消化栓








「町章」、格子の外枠にコンクリートの角型カラー消火栓(アーガイル)。













宮城県柴田郡柴田町船迫・熊野神社

熊野神社(西船迫1-12-19)は、延喜元年(901)本州勅使:源重之が、古くからの自然信仰の聖地・熊野三山(紀伊国牟婁郡)を勧請したのが起源とされる古社。
古くは熊野大権現と称されていましたが、明治5年(1872)現社名に改称され、村社に列しました。
後、十八津入の八幡神社(応神天皇)、岩之入の天王社(素盞鳴命)、千代の川の愛宕神社(加患突知命)、船迫上町の三島社(積羽八重言代主命)4柱を合祀しています。
祭神「神祖熊野櫛御食野命」を安置。

町立船迫小学校の東側で、社頭には1対の常夜灯、社号標「熊野神社」、扁額「熊野神社」を掲げた銅鳥居(明神鳥居)。
宮城県柴田郡柴田町船迫・熊野神社社頭
















参道は北側の丘陵山腹にまっすぐに伸びています。
柴田郡柴田町船迫・熊野神社参道















当社には2対の狛犬がいます、長い石段の先に正面(南)を向く平成20年(2008)建立「狛犬」。
柴田町船迫・熊野神社狛犬吽(1)柴田郡柴田町船迫・熊野神社狛犬阿(1)
手水舎の左には、枝張見事な古樹「ウラジオカシ」(町指定銘木)。
柴田郡柴田町船迫・熊野神社ウラジオガシ

















境内右(東)に神輿殿、社殿右奥に境内社「天神社」が祀られています。
柴田郡柴田町船迫・熊野神社拝殿・神輿殿・境内社















全体は拝見できませんが、唐破風や飾綱等見事な大型神輿が安置されています。
柴田町船迫・熊野神社神輿
















拝殿前の2対目、顔が少し上向き・正面(南)を向く狛犬(年代不明)。
柴田町船迫・熊野神社狛犬吽(2対目)柴田町船迫・熊野神社狛犬阿(2対目)
吽形(左)は下部が、阿形は尾先がそれぞれ風化で欠けています。
柴田町船迫・熊野神社狛犬吽バック柴田郡柴田町船迫・熊野神社狛犬阿バック
拝殿。
柴田町西船迫の熊野神社拝殿
















扁額「熊野神社」。
柴田町西船迫の熊野神社拝殿変額














権現作りの社殿。
柴田町西船迫の熊野神社本殿
















春には、地域の鎮守講や山の神講の人々による催事が行われています。









宮城県柴田郡大河原町のマンホール

宮城県柴田郡大河原町・汚水


金ケ瀬で撮影。





内円に「町の鳥「白鳥」、中心に「町章」、
町の花「サクラ」の花、外周に町の木「ウメ」の花がデザインされた汚水用。









宮城県柴田郡大河原町・汚水親子








汚水用親子蓋(テトラポット)。










宮城県柴田郡大河原町・汚水JIS


西浦で撮影。






中心に「町章」、JIS規格汚水用。









宮城県柴田郡大河原町・汚水角JIS


中河原で撮影。






「町章」、「汚水」文字入りの斜め分割の角型JIS規格汚水用。







  
宮城県柴田郡大河原町・汚水(コンクリート)








「町章」、公共汚水枡(コンクリート製)。










宮城県柴田郡大河原町・汚水枡(汚水)


金ケ瀬で撮影。




内円に「町章」、町の鳥「白鳥」、町の花「サクラ」、「汚水」文字、
外周に町の木「ウメ」の汚水枡。






宮城県柴田郡大河原町・汚水枡(おすい)






凹のデザイン、外周の「ウメ」の花の違い、鍵穴違い、「おすい」文字の汚水枡。







宮城県柴田郡大河原町・汚水枡(プラ)


薬師で撮影。





上部に二つの「マーク」入り、凹デザインの汚水枡(プラ)。








撮影時にマークに気が付かなかった為、周りの文字が読めませんが、左マーク下にローマ字、右マークは日本語です。
柴田郡大河原町・汚水枡のマーク






宮城県柴田郡大河原町・カラー仕切弁100


西桜町で撮影。





町の花「サクラ」の100Φカラー仕切弁。








宮城県柴田郡大河原町・仕切弁(枠違い)


中河原で撮影。




「町章」、上写真と全く同じですが、模様を取り巻く円が凸のカラー仕切弁。







宮城県大河原町・仕切弁







「町章」、ピンク色の町の花「サクラ」、幅広の外周円のカラー仕切弁。








宮城県柴田郡小河原町・地籍


薬師で撮影。





「町章」入り地籍用。






宮城県柴田郡大河原町・排水弁75


金ケ瀬で撮影。





「町章」、75Φ排水弁。







宮城県柴田郡大河原町・排水弁100







100Φ排水弁。







宮城県柴田郡大河原町・消火栓









「町章」、角型消火栓。







宮城県柴田郡大河原町・空気弁


宮で撮影。





「町章」、角型空気弁。







柴田郡大河原町・空気弁角鍵穴違い








鍵穴違いの角型空気弁。










奥州街道⑪北白川駅~岩沼駅

夜行バス(八重洲口23:59発)で福島駅(5:50着)、始発で前回終了の北白川駅へ。
晴れの予報でしたが、一日ずれこみ曇天日和でスタートです。
「行程」
北白川駅(7:05)~新北白川橋~里程標~大高山神社・鉄九輪塔~金ケ瀬宿・枡形跡・石塔群・町並み・宿出口の枡形跡~Y字路~金ケ瀬薬師堂~大河原宿・西口枡形跡・如意輪観音堂・大河原カトリック教会・店蔵・佐藤屋・白石川・尾形安平翁頌徳碑・大河原駅・大河原町道路元標・明治天皇行在所記念碑・繁昌院・最勝院・白石川・宿出口の枡形跡~古峯神社~西桜町の集落~荒川~韮神山古碑群~旧道~二本杉一里塚跡と町村界碑~牡丹臭木~旧地名二本杉碑~熊野神社~大光院~船迫宿・枡形・櫻井先生頌徳碑(旧阿弥陀堂)・薬師堂~船迫館跡碑~櫻井先生髪塚~県114号高架~大池唯雄碑・土地区画整理記念碑~馬頭観世音~船迫内余川一里塚跡~白石川~測量基標~里程標(七里)~東禅寺~東北本線と阿武隈急行線高架~八幡神社~槻木宿・枡形跡・逢隅旅館・槻木駅・店蔵造り・久須志神社・宿出口の枡形跡~四日市場一里塚跡~阿武隈川沿いの旧道~境界標~樋遺跡碑~八声の橋碑・道標~千貫山~常磐線高架~東武神社~五間堀川~聖徳大師堂~岩沼宿・入口枡形跡・江戸浜街道追分・竹駒神社・二本の松史跡公園~岩沼駅(16:49)

「白石市」(白川津田)
北白川駅。
北白川駅















「刈田郡蔵王町」(宮二坂)
白石川に架かる新北白川橋を渡り、蔵王町篭石交差点(R4号)を横断。
新北白川橋から刈田郡蔵王町へ
















国道左側(北)に平行する旧道へ。
旧道口
「柴田郡大河原町」(金ケ瀬台部)
緩やかな上りを進むと、100m先で柴田郡大河原町へ入ります。
先で大高山遊歩道と国道合流へのY字路左に、明治22年(1889)仙台から十里の距離に建立された「里程標」。
刈田軍蔵王町金ケ瀬・里程標
















「里 不(几号水準点)」の上で折損していますが、「明治廿二年四月設宮城懸 距仙臺元標十里 不」、「陸前國柴田郡金ケ瀬村」と刻まれていました。
刈田軍蔵王町金ケ瀬・里程標(不文字)















直進すると右が大高山神社境内ですが、国道へ出て120m先で左の旧道へ。
大高山神社は、日本武尊が蝦夷征伐の折、仮宮を建てたと伝わり、後、白鳥大明神と称し日本武尊を奉斎したのが起源、大正3年(1914)新開(旧鎮座地)から現在地に遷座。
例祭(8・10月)で奉納される境神楽は、町民族文化財に指定されています。
入母屋造りの「拝殿」。    
※詳しくはこちらを
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社拝殿
















社殿右に文治年間(1185~9)藤原三郎忠衡(秀衡三男)寄進「鉄九輪塔」。
柴田郡大河原町金ケ瀬・大高山神社の鉄九輪塔
















(上川原~金ケ瀬町)
金ケ瀬宿は、西側の本町と東側の新町で形成、本町は片倉藩の足軽百姓、新町には仙台藩の百姓が住んでいました。
町並みは約650m、仙台藩の直轄地の為、代官所や藩主が宿泊する御仮屋が置かれ米や綿花の集積地として栄えました。

80m先で金ケ瀬宿入口の枡形跡
柴田郡大河原町金ケ瀬・金ケ瀬宿入口の枡形跡
















枡形内左に文政7年(1824)馬頭観世音、庚申塔等石塔群が祀られています。
柴田郡大河原町金ケ瀬・金ケ瀬宿枡形内の石塔郡
















金ケ瀬宿の町並み
柴田郡大河原町金ケ瀬・金ケ瀬宿町並み
















今では余り見かけなくなった土壁の旧家。
柴田郡大河原町金ケ瀬・金ケ瀬宿の旧家















宿出口の枡形跡
柴田郡大河原町金ケ瀬・金ケ瀬宿出口の枡形跡
















街道は先のY字路を右ですが、左へ進み600m北東の薬師堂へ立ち寄ります。
柴田郡大河原町金ケ瀬のY字路 (2)
















金ケ瀬薬師堂」は鎌倉期以降の創建とされ、文明期(1469~87)の大干ばつの際、高橋与右ヱ門が雨ごいで籠り、雨を降らせた言い伝えから、与右ヱ門薬師、雨乞い薬師と呼ばれます。
境内入口に地蔵菩薩、堂を取り囲むように文保2年(1318)造立「薬師三尊種子」等、鎌倉期から南北朝期造立の板碑群があります。
柴田郡大河原町金ケ瀬薬師・金ケ瀬薬師堂














薬壺を持つ薬師如来坐像(左)。
中心に大日如来(アーク)、上に宝幢如来(ア)、時計周りに普賢菩薩(アン)、開敷華王如来(アー)、文殊菩薩(ア)、無量寿如来(アン)、観世音菩薩(ボ)、天鼓雷音如来(アク)、弥勤菩薩(ユ)を刻む元享元年(1321)造立「胎蔵界曼荼羅碑」(町文化財)。
柴田郡大河原町金ケ瀬薬師・金ケ瀬薬師堂の雨ごい薬師柴田郡大河原町金ケ瀬薬師・金ケ瀬薬師堂境内の古碑郡
















Y字路に戻り、R4号の左に並行する道を進み、左角の洋服の青山の信号交差点を横断、700m先のY字路(上川原交差点)は左へ進みます。
右の仙台地方裁判所大河原支部前で北(左)に折れます、ここが大河原宿入口の枡形跡です。
柴田郡大河原町中川原・大河原宿入口の枡形
















(町~〃字町~大谷町向)
大河原宿は上町 中町 本町で形成、宿の長さは約1,1Kで街道沿いには宿屋や茶店が軒を連ねていました。 参勤制度で重要視され、代官所や御仮屋が整備され、仙南地方の紅花や藍取引で賑わいました。
町並みには店蔵等古い建物が残されています。

枡形正面(東)に、元禄年間(1688~704)本町の大泉源十郎が勧請した「如意輪観音堂」(最勝院)。
後、本尊が盗難に遭い、明治初期に隣地の宿屋大庭兵七が新たに本尊を安置。
白石川の渡し舟で角田 亘理道に通じる要衝だったことから、境内は旅人達の小休所でした。
本殿は宝形造り、左右には安政3年(1856)建立「庚申」、上町講中が安永5年(1776)建立した「山神碑」、子安観世音等石塔群が祀られています。
柴田郡大河原町中川原・如意輪観音堂本堂
















左に大正4年(1915)築「大河原カトリック教会」。
鶴岡カトリック教会(鶴岡市馬場町・国文化財)をモデルとした大河原初の洋風建築です。
柴田郡大河原町中川原・大河原カトリック教会
















昭和中期頃迄は、街道沿いに醤油・味噌工場が立ち並んでいたようですが、今は所々に店蔵造りが残されています。
柴田郡大河原町中川原・大河原宿の店蔵造り
















右に蔵や店蔵、薬医門を構えた地主「佐藤屋」(未公開)、昭和初期の建物は国文化財に指定されています。
柴田郡大河原町中川原・大河原宿の蔵造り民家
















先の交差点を右折して大河原駅に向かいます。
尾形橋から白石川の景、左奥(北)は県14号道路橋。

大河原町と柴田町間の白石川両堰には、約8Kにわたる一目千本桜と呼ばれる桜並木があります。
江戸期からの老舗旅館・高山家子息・開治郎氏は、父の没後、上京して苦学の末東京で成功、故郷の白石川堤防完成を聞き、故郷の人々の憩いの場所となる様、大正後期と昭和初期に桜1200本を寄贈したもので、桜の名所百選になっています。
柴田郡大河原町大谷町向・尾形安平架橋の尾形橋から白石川の景
















渡り詰めに、大河原の功労者「尾形安平翁頌徳碑」。
明治11年、私財で白石川に橋を架橋、東北初の瓶詰清酒「梅ケ香」を売り出し、日本鉄道株主となり駅(大河原駅)を誘致、又、六沼を開拓した尾形新田(八十余町歩)造成など多大な貢献をしている。
柴田郡大河原・尾形安平碑















(大谷町向)
大河原駅  明治20年(1887)12/15開業 業務委託駅。
東北本線・大河原駅東北本線大河原駅S










大河原町は、明治22年(1889)大河原村 小山田村 大谷村 福田村4村合併で大河原町に、昭和31年(1956)金ケ瀬村と合併して新・大河原町となる。
街道に戻り、先の丁字路右に六角形の「大河原町道路元標」、横に水準点があります。
柴田郡大河原町大谷・大河原町道路元標















明治天皇は、東北御巡幸(9年・14年)の折、江戸期から続く旅館・高山家で昼食の為御休憩されました。
白石川堰の一目千本桜(前述)を寄贈した高山開治郎氏は、昭和初期に天皇の御足跡を慕い、実家敷地に明治天皇記念碑を建立。
平成11年、繁昌院入口手前に移設された元帥伯爵東郷平八郎謹書「明治天皇行在所記念碑」。
柴田郡大河原町・繁昌院入口の明治天皇行在所記念碑
















街道東側に鎮座することから、東の寺と呼ばれる慶長10年(1605)創建「繁昌院」、本尊「釈迦如来」を安置。
宝物の一つ、平安末期作の寄木造・金箔塗「阿弥陀如来坐像」は町有形文化財に指定されています。
柴田郡大河原町・繁昌院山門と鐘楼
















山門には迫力ある木造仁王像(金剛力士像)。
柴田郡大河原町・繁昌院仁王門の吽像柴田郡大河原町・繁昌院仁王門の阿像
境内には昭和48年造営された県下有数の座禅堂、本堂前に弘化3年(1846)建立「芭蕉句碑」。
「芭蕉翁 鶯能 笠おとした留 椿可南」(鶯の笠おとしたる椿かな)
柴田郡大河原町・繁昌院の芭蕉句碑















(西浦~町)
街道を挟んだ向いに室町末期創建の古刹、西の寺「最勝院」。
唐門(山門)には山号扁額、龍虎 鳥 牡丹、木鼻に唐獅子彫刻が施されています。
柴田郡大河原町・際勝院山門
















山門の左扉彫刻「松・鶴2羽」。
柴田郡大河原町・最勝院山門左扉彫刻(つる)



















右扉彫刻「アヤメ・亀4匹」。
柴田郡大河原町・最勝院山門右扉彫刻(亀)



















先の交差点を右折すると、北上してきた白石川が400m北で大きく東に折れていき、前方にこれから向かう韮神山が見えます。
柴田郡大河原町字町からの白石川
















町立大河原小学校の先を左折~右折する宿出口の枡形跡
柴田郡大河原町・大河原宿出口の枡形跡















(西桜町~東桜町)
先のY字路を右に進み、六差路交差点を直進した北側に「古峯神社」。
天保6年(1835)大川原村の人々により勧請され、祭神「日本武尊」を安置、境内には馬頭観世音 足尾山 金剛山 八幡神社等石塔群が祀られています。
柴田郡大河原町西桜町・古峯神社
















西桜町集落を進むと、正面に韮神山(94m)が迫ってきました。
この山は白石川沿いの奥州道に臨み、山名は頂に自生する多くの黄韮を、人々が山の神霊と崇めたことに由来します。
柴田郡大河原西桜町の集落















やがて荒川に突き当たり、東下(右折)して川沿いに進みますが、往時はここで北岸側へ渡っていました。
延長17kの荒川(松尾川)は、柴田郡村田町の山中を水源とし、村田ダムに貯水後に南東に流れ、途中で支流・新川と合流して白石川に注ぎます。
柴田郡大河原町東桜町・荒川
















「柴田郡村田町」(沼部韮神~〃立石)
韮神橋を渡ると村田町に入ります。 
往時、東桜町で荒川を渡り東下し、奇岩怪石の韮神山は、文治の役の古戦場となり、平安期には韮神山の下の東街道(後の奥州街道)に、古くから歌枕で知られる「(/rp>はばか)りの関」が置かれていました。
信号交差点(R4号)を渡った韮神山(94m)南麓に庚申、古峯山碑等の韮神山古碑群があります。
柴田郡村田町沼部韮神・韮神山古碑群
















後方の段上・(左) 嘉永4年(1851)建立「遷大悲閣碑」(村田町文化財)。
文政3年(1820)大河原村の万吉は、西国三十三観音霊場の砂と石を持ち帰り、観音の霊を遷すつもりでしたが没した為、子・初吉が遺志を継ぎ、周辺の村々の浄財を受け、頂きに三十三観音石仏を安置、その由来を刻んでいる。
(中) 万治元年(1658)建立「藤原中将実方歌碑」(村田町文化財)
やすらいで おもい立にし みちのくに ありけるものを 憚りの関
(右) 弘化3年(1846)大河原の俳人・村井江三が建立「芭蕉句碑」(村田町文化財)
「芭蕉翁 鶯能 笠おとした留 椿可南
※この句碑は、大河原宿・繁昌院境内の芭蕉句碑と建立年代・自然石・刻まれた文字列等も同じ為、大河原の俳人による建立ではと思われますが。
柴田郡村田町沼部韮神・遷大悲閣碑



















渡り詰めの交差点からは国道左(北)に並行する旧道へ。
柴田郡村田町沼部立石・R4号に並行する旧道















先でR4号を横断、向かいの旧道へ進むとすぐ大きく左カーブします。
1軒目の左民家前のブロック塀前に、明治22年(1889)の市町村制施工時に、石巻市の稲井石を用いて設置された「西 沼邉村」、「東 槻木」と刻む「町村界碑」。
藩政時代の10ケ村の合併で槻木村に、後に槻木町となり、船岡町との合併で柴田町となる。一方、沼邉村は3ケ村合併で沼邉村となり、後に村田町と合併、現在は村田町と柴田町との境になっています。

右空き地は「二本杉一里塚跡」。
柴田町には一里塚が3か所あり、ここには街道の左右に杉を植えた塚が築かれました。 明治末期に1本は根株のみとなり、もう1本は大人3人が手を広げやっと回る程の大樹で、大正13年に旅人の焚火で燃え伐採されたそうです。
名称は杉2本あったことに因み、船迫一里塚とも呼ばれていました。
柴田郡柴田町・二本杉一里塚跡と道標
















「柴田郡柴田町」(北船岡~西船迫)
一里塚の先で柴田町に入ります。
葉は名の如く癖ありですが、思わず立ち止まる美しさ「牡丹臭木」。
柴田郡柴田町・牡丹臭木














左側は国道側を向くイオンやパチンコ店の駐車場が続き、右側が北舟岡集落です。
イオン手前、右集落の丁字路角に「旧地名二本杉碑」。
柴田郡柴田町・旧地名二本杉碑
















柴田町西船迫交差点を横断、次の十字路を左折して進むと、右に銅鳥居が立つ「熊野神社」(祭神神祖熊野櫛御食野命)、平安中期(延喜元年901)源重之が創建の古社です。   ※詳しくはこちらを柴田郡柴田町西船迫・熊野神社社入口

















西側に平安初期(天安2年858)創建の古刹「大光院」(本尊大日如来)。
本堂右奥に観世音菩薩を中心に不動明王 阿弥陀如来 普賢菩薩 文珠菩薩等8躰を安置する宝形造り「観音堂」、 左に無量寿如来堂(左側)。
柴田郡柴田町西船迫・大光院の無量寿如来堂
















如来堂には文永3年(1266)鋳造「阿閦如来 宝生如来 無量寿如来 不空成就如来」4躰(県文化財)を安置、船迫宿の阿弥陀堂(後述)から昭和44年(1969)境内に移され、国内現存では屈指の古さを誇る鎌倉期鋳造の鉄仏です。
柴田郡柴田町西船迫・大光院如来堂の鉄造阿弥陀像4体
















(本船迫上町~下町~舘山)
十字路に戻り左折か、直進して次の三差路で左折か、前者は地図を見るとあまりにもはっきりした枡形跡の為、宿場時代の枡形とは思えず、後者を選び1本東の丁字路を左折しました。
柴田郡柴田町本船迫上町・船迫宿入口・
















すぐ先で船迫宿入口の枡形跡らしきカーブになっています、静かな西船迫集落
柴田郡柴田町本船迫・船迫宿の集落















しかし、すぐに右側集落は途切れ畑が続きます。先のY字路で1本西側に移ると、左の旧阿弥陀堂参道口に大正4年(1915)建立「櫻井先生頌徳碑」。
槻木の医師櫻井喜吉氏(歌人号・喜臣)は、明治26年(1893)11年間にわたり船迫地区で無料日曜診療所を開設、又、耕地整理の先頭に立ち、129町歩の耕地を整理しました。
旧阿弥陀堂には鉄仏4躰(大光院で述)が安置されていましたが、堂が朽ちた為、南西400mの大光院境内に移されています。
柴田郡柴田町本船迫・桜井先生頌徳碑
















下町の集落が見えてきました、街道は緩やかに東に折れていきます。
柴田郡柴田町船迫下町の街道
















十字路を渡ると、左に江戸期の「増補行程記」に「石段 薬師堂有」、「杉篭る」と記された「薬師堂」。
参道口には明治41年(1908)建立「蠶神」、享保13年(1728)建立「山神供養碑」、明治後期に蚕の共同飼育の研究をした大正2年(1913)建立「安藤喜吉君頌徳碑」等石塔群、
早めの開花で農作業の目安となることから、種上げ桜と呼ばれる大樹「薬師堂桜」があります。
柴田郡柴田町本船迫舘山・薬師堂















薬師瑠璃光如来を安置する流造りの本堂、集落に入り込む病気や諸々災厄を守るとされ信仰されてきました。
柴田郡柴田町本船迫舘山・薬師堂本堂
















薬師堂の50m先の左に「船迫館跡碑」(標柱)があります。
雑草に覆われ側面の説明がよく読み取れませんが、『「古城書立之党』には、城主は船迫・・門、城名は不明とある。伊達氏より入嗣した留守景宗(植宗の弟)に従った船迫氏の拠った・・・・』と記され、この辺りに館(船迫城)が築かれていたようです。
柴田郡柴田町本船迫舘山・船迫館跡(標柱)
















右カーブミラーを過ぎた左に「櫻井喜吉之碑」、石段上った山腹に「櫻井喜吉先生髪塚(右)、髪塚の由来碑」。
旧阿弥陀堂でも記しましたが、当時の船迫地区は医療機関が無く、有志が槻木の医師・櫻井喜吉氏と計り、明治26年から11年間に渡り日曜診療所を開設、それにより船迫では病人が減りその徳に感謝して建立されました。
柴田郡柴田町本船迫舘山・櫻井先生髪塚
















山沿いを緩やかに下ります。
柴田郡柴田町本船迫舘山の奥州街道
















(東船迫~船迫)
先で柴田高校前交差点(R4号)を横断、街道は大きく弧を描くように左カーブし、県114号高架を潜ります。
柴田郡柴田郡柴田町東船迫・県114号高架
















左に平成2年建立「土地区画整理記念碑」、前に「奥州街道通り碑」、左側に幕末、明治維新等の短編歴史小説を遺した「作家大池唯雄の碑」があります。
記念碑冒頭に「街道沿いには船迫の松並木があり、旅人や田畑で働く人々の夏の暑さ、冬の蔵王降ろしから身を守るため、松並木の下で一休みしました。第二次世界大戦で松根油として伐採され、今は唯1本、白幡の地に「名残の松」が残されている・・(一部抜粋)」
・柴田郡柴田町東船迫・土地画整理記念碑
















東船迫集落を進むと、右P内の祠に「6臂合掌馬頭観世音立像」が祀られています。
柴田郡柴田郡柴田町東船迫・馬頭観世音
















数分先で街道は国道に接近し、右の白石川の土手下に柴田町2つ目となる「船迫内余川一里塚跡碑」。
「説明版」の図によりますと、街道を挟み南北の塚に其々杉が植えられていました。
柴田郡柴田町東船迫・船迫内余川一里塚跡(説明版)
















土手に上がると、蛇行を繰り返してきた白石川は、この地点で東に折れ、2K東で阿武隈川に合流します。 青やかな流れは、何度見ても美しい景色です。
柴田郡柴田町東船迫・白石川の景
















500m程先の左に「基標 宮城縣 第二十五號 明治三十二年」と刻む明治32年(1899)建立「河川測量基標」。
明治37年(1904)、宮城県は北上川 阿武隈川及び支流川で測量を実施、柴田町には7か所設置され、ここと槻木白幡1丁目の2か所が現存している。
柴田郡柴田町船迫・測量基標
















一里塚は明治維新後に廃止されましたが、県は明治22年(1889)に仙台・芭蕉の辻を基点にして、一里毎に里程標を設置しました。
芭蕉の辻から七里(28K)にあたるリコー開発センター入口に、正面「距仙臺元標七里 不」、左面「陸前國柴田郡槻木村」、右面「明治廿二年四月設宮城縣」と刻む明治22年(1889)建「里程標(七里)」。
柴田町内に残る唯一の里程標です。
柴田郡柴田町船迫・里程標(七里)















(槻木白幡~〃上町~〃下町)
地名「槻木」は、昔、この辺りに槻(欅の古名)があった事に由来、又、地名「白旗」は、前九年の役の折、源頼義・義家父子が南方の満蔵院白旗寺(廃寺)の門前の槻木の梢に、白旗を立てたことに由来します。

左に曹洞宗「東禅寺」。
山門の南側に扁額「大悲閣」を掲げた「観音堂」(聖観音菩薩)、柴田郡三十三カ所観音霊場第1番です。
柴田郡柴田町槻木白幡・東禅寺山門















境内の土中から発見された「慶月院供養塔」。
伊達騒動(寛文事件)後に慶月院(津多)に罪が及び、50日余食を断ち没した原田甲斐宗輔の実母7回忌の供養塔で、亘理町卑下入の山中に墓があります。
柴田郡柴田町槻木白幡・東禅寺の石碑
















東北本線、次いで阿武隈急行線高架を潜ります。
柴田郡柴田町槻木白幡・東北本線と阿武隈急行線の高架
















400m先の左に、平安期に鎮守府将軍源義家が東征の途次、八幡宮を勧請して創建した「八幡神社」(祭神誉田別命)。
二ノ鳥居の先で参道は左右に分岐し、右は千本鳥居が立つ「竹原神社」、左の杉木立の参道を進むと神門があり、深い杜に社殿が佇んでいます。   ※詳しくはこちらを
柴田郡柴田町槻木白幡・八幡神社社頭

















槻木宿は仙台直轄の穀倉地帯として栄えました、又、太古の昔より上川名貝塚や深町貝塚等の遺構があります。
このY字路を左へ、次の変則十字路を右折する槻木宿入口の枡形跡
柴田郡柴田町槻木上町・槻木宿入口の枡形跡
















枡形右の逢隅旅館は、400年の歴史を持つ老舗旅館です。
柴田郡柴田町槻木・逢隅旅館
















槻木駅 明治24年(1891)1/12開業。 
阿武隈急行線の乗り入れ接続駅。
東北本線・槻木駅
















上町の店蔵造り。
柴田郡柴田町槻木上町・店蔵造り















下町に入ると、左奥の久須志神社は、明治中期に往時からこの地の薬師堂と久須志神社が合祀され、地域の守護神として信仰されてきました。境内には庚申 大神宮 山神等の石塔石仏群が祀られています。
柴田町槻木下町・久須志神社
















先のY字路で左カーブしていく宿出口の枡形跡
柴田郡柴田町槻木下町・槻木宿出口の枡形















(四日市場二本木)
先で県52号を横断して県28号を進みます。やがて柴田町四日市場交差点で国道に合流しますが、すぐ先のグリーン地帯に「四日市場一里塚跡」。
柴田町に築かれた3ケ所の一里塚の3カ所目で、街道を挟み南北に杉が植えられていました。
柴田郡柴田町・四日市場一里塚跡
















国道南側に並行する阿武隈川沿いの旧道を進みます。
柴田郡柴田町四日市場二本木・R4号沿いの旧道















「岩沼市」(南長谷玉崎~樋~錦)
柴田町から岩沼市に入り、左に「西 柴田郡槻木村」、「東 名取郡千貫村」と刻まれた「境界標」があります。
明治22年(1889)、周辺6ケ村の合併で千貫村が発足時に建立されています。
正面に仙南・仙塩地域17市町に水道水を供給している「仙南・仙塩広域水道橋」があります。
柴田郡柴田町四日市場二本木・境界標















玉崎バス停を過ぎた左に「樋遺跡」(標柱)、奈良期の土器等や鎌倉期以降の建物があった遺跡跡です。
岩沼市南長谷玉崎・樋遺跡碑















向いに「八声の橋碑」。
陸奥守小野篁卿は、京の伏見稲荷で奥州鎮護を祈願した際、伏見稲荷の神が白狐で現れたので箱に入れお連れしました。承和9年(842)国府多賀城赴任の途次、南長谷村の小橋にさしかかると狐が八声鳴き、近くの森へ姿を消した為、小橋を八声橋と呼ぶようになり、森に地名から武隅明神と称した社(後に竹駒神社に改称)を創建しました。

又、石碑は八声橋に使われていた石で、後、橋名は転訛して弥五郎橋と呼ばれましたが、現在は水田となっています。
傍らに「八声の橋へ 南西七十三米」、 「竹駒神社へ 東北二、三粁」 と刻む「道標」があります。  
岩沼市南長谷玉崎・八声の橋碑
















左には、頂に航海の目印とされた松の大樹が、金千貫の価値があることに由来する「千貫山」(標高191m)。
家康は、江戸初期(慶長16年1611)10/28発生した慶長奥州地震津波の際、沖にいた伊達政宗の臣達の船が、「千貫松」と呼ばれていた松の傍まで流されたと「駿府政治禄」に記している。
岩沼市・千貫山















常磐線ガードを潜り、700m先で日本製紙岩沼工場への引き込み線を渡ります。
岩沼市南長谷西・常磐線ガード
















(桑原~本町)
すぐ左に寛政年間(1789~801)創建「東武神社」(祭神食稲魂命)。
往時より阿武隈川は地形から洪水が発生しやすく、田畑・人畜・家屋等の大被害に見舞われてきました。堤防決壊で周辺一帯が池となった際、水魔を鎮め五穀豊穣の鎮守として勧請。
明治42年(1909)竹駒神社(後述)に合祀されましたが、大正8年(1919)再び現在地に遷座しました。
又、境内は岩沼一里塚跡とされています。
岩沼市桑原・東部神社
















五間堀川に架かる西原橋を渡ります。
町中を大きく蛇行する五間堀川(全長23.4K)は、羽山(柴田郡柴田町入間田)を水源とし、矢野目で志賀沢川と合流、藤曾根で貞山堀に注ぎ阿武隈川に合流している。
名称は、安永年間(1772~80)に藩内各地で開墾事業が行われた為、用水不足で領内13カ所に堰が造成され、文政年間(1818~29)に北条吉兵衛が堀幅を五間としたことに由来します。
岩沼市桑原・五間堀川















岩沼郵便局を過ぎると左に「聖徳大師堂」。
往時、流行病が蔓延し、太子像を刻み祈願したのが起源とされ、社頭に清乃松(クロマツ)、大正11年(1922)建立「馬頭観世音」が祀られています。
岩沼市桑原・聖徳太子堂
















岩沼宿は、古くは国府(多賀城)への東山道が通り、近世は陸前浜街道の分岐点として経済、軍事的に重要視されました。
町割りは街道沿いを商人町とし、本陣・検断を務めた八島家等多くの町屋が残され、多賀城の城下町 竹駒神社の門前町として賑わいました。又、古来より馬の集散地として知られ、竹駒神社境内で馬市が開かれました。

すぐ先の丁字路を直角に左折、230m先の本町の丁字路を直角に右折、この枡形跡が岩沼宿入口です。
岩沼市桑原・岩沼宿入口枡形跡















150m先の丁字路は江戸浜街道(陸前浜街道とも)の追分です。
左折すると岩沼宿本町です。
岩沼市本町・岩城相馬街道追分
















(稲荷町)
左奥に承和9年(842)小野篁卿が創建の古社「竹駒神社」(主祭神倉稲魂神) 竹駒稲荷とも称され日本三大稲荷の一社です。
岩沼市稲荷町・竹駒神社一の鳥居
















三ノ鳥居を潜ると、随神像・白狐像を安置する文化9年(1812)造立「随神門」(市文化財)。
岩沼市稲荷町・竹駒神社随神門
















社殿は権現造り、入母屋造りの「拝殿」。
岩沼市稲荷町・竹駒神社拝殿
















参道沿いに建立年代不明「芭蕉句碑」(二木塚)「佐くらより 松盤二木を 三月越し」(左)
寛政5年(1792)翁百年忌法要記念で建立「謙阿句碑」(名月塚)「朧よ里 松は二夜の 月丹こ楚
岩沼市稲荷町・竹駒神社の芭蕉句碑
















社頭北側の馬事資料館前に「馬検場址碑」。
岩沼の馬市は、国司小野篁が竹駒神社に賑わいをもたらす様始めたとされ、以後は馬の集散地として境内で馬市が開かました。明治初期、政府の軍馬購買地となったことで益々盛んとなり、明治天皇も東北御巡幸の際、岩沼の名馬を天覧され、戦後は馬検場で馬市が開かれました。
岩沼市・竹駒神社馬事資料館前の馬検場跡碑















200m北の二本の松史跡公園には、千有余年前に陸奥国司藤原元良が植樹し、古より多くの歌人に詠まれてきた名木「武隅の松」(市文化財・天然記念物)があります。
元禄初期、芭蕉と曽良が「奥の細道」の旅で立ち寄り、芭蕉は『武隅の松にこそめ(/rp>さむる心地はすれ。・・・めでたき松のけしきになん(はべり)し。』と紀行し、「佐くらより松盤二木と三月越し」と詠んでいる。
松は時を経て植え継がれ、現在の松は文久2年(1862)植えられた7代目と伝わっています。
岩沼市二木・二本の松史跡公園の武隅の松
















入口に明治34年(1901)岩沼の醸造家松尾小左衛門が建立「歌碑」。
陸奥国司・藤原元良「宇恵し登き ち起里やしけ舞 多計久満の 松をふたたび あ飛見つ留嘉那
(うえしとき ちぎりやしけむ たけくまの まつをふたたび あひみつるかな)
橘秀通「松ハ二木越 美屋古人 い可ゞと問ハゞ ミ起とこたへ舞
(まつはにきを みやこびと いかがととわば みきとこたえむ)
岩沼市二木・二本の松史跡公園の歌碑
















岩沼駅  明治20年(1887)12/15開業。
岩沼駅
















岩沼駅17:05発で仙台駅へ、仙台から新幹線で帰途へ。
2018・10・31 曇後晴れ。





宮城県のマンホール

宮城県・


柴田郡柴田町本船迫で撮影。






受枠(ドット)内に四角形の斜め分割蓋、中心に「県章」、「仙広水」文字入りの空気弁室。







宮城県・阿武隈川下流流域下水道M


刈田郡蔵王町宮町で撮影。




「県章」、「阿武隈川流下」文字のJIS規格阿武隈川下流流域下水道用。

※下流流域は、仙台市 白石市 名取市 角田市 岩沼市 刈田郡蔵王町 柴田郡大河原町 〃村田町 〃柴田町 伊具郡丸森町 亘理郡亘理町の5市6町。












宮城県刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社

刈田嶺神社(宮字馬場1)は東白石駅の北約2.5K、旧奥州街道刈田宮宿の北外れに鎮座、名神大社の式内社で郡内最大の社です。

(由緒) 延暦10年(791)坂上田村麻呂が蝦夷征伐の折、大刈田山薬師嶺と呼ばれた青麻山の頂に若宮白鳥神社の合祀をしたのが起源。 延暦20年(801)若宮白鳥神社の相殿となり、再び青麻山に遷座されました。
以後、朝廷 歴代領主 奥州藤原氏 伊達氏から篤く保護され、永正11年(1514)14代伊達植宗の時に頂から現在地に遷座。
伊達家の臣片倉家の総守護神として崇敬され、白鳥大明神とも称され親しまれている刈田郡総鎮守。
明治元年(1868)現社名に改称されました。
祭神「日本武尊」を安置。

県道12号沿いに社号標「式内縣社 刈田嶺神社」、北に伸びる参道途中に寛政6年(1794)建立「石灯籠」一対。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社社頭
















平成28年(2016)建立「大鳥居」、潜ると一対の昭和5年(1930)建立「石灯籠」。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社鳥居
















参道右奥に湯殿山(嘉永7)、黄金山神社(明治39)、聖徳太子(明治40)、山神(天保4)、馬頭観世音(大正11)等石塔群。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社鳥居横の石塔群















石塔群中央に、先代の石鳥居に掲げられていた石扁額「刈田嶺神社」が置かれています。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社先代の扁額
















大樹が茂る参道を進むと、右には「百円也」と刻む昭和初期寄進の玉垣が並びます。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社参道
















左に手水舎、奥に3段の流れの木枠井戸、手前に弘化4年(1847)造立「手水鉢」。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社参道横の手水舎
















鐘楼手前には、正面にびっしりと文字が刻まれた自然石の手水鉢、向かいにも大きな長方形手水鉢が置かれている。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社鐘楼手前の手水鉢
















鐘楼。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社鐘楼
















ねじれ棒の橦木が付けられた梵鐘は、「貞享二年四月領主片倉小十郎村休・奥州四嶺神社尓神鐘寄進」と刻み、昭和18年8月大東亜戦争で供出され、昭和27年10月氏子、崇敬者寄進で再建奉納されている。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社梵鐘













「隋身(神)門」(入母屋造り楼門・桁行3間半・梁間2間半)(蔵王町文化財)、文政10年(1827)宮の豪商森家により拝殿と共に奉納されています。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社隋神門
















二階に扁額「嶺神社」。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社隋神門扁額
















龍・菊等の扁額左彫刻、右彫刻。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社隋神門2階半額左の彫刻苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社隋神門2階扁額右の彫刻
正面虹梁「波、菊等の若葉」彫刻、持送り「梅」の透かし彫。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社隋神門正面彫刻
















門の神:左大臣・右大臣(豊石窓神・櫛石窓神)。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社隋神門の左大臣苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社隋神門の右大臣
境内右(東)に北向きの神楽殿、参道左に社務所。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社舞殿
















社殿は権現作り、文政10年隋身門と共に森家が奉納した「拝殿」(向拝2間入母屋造り 桁行6間・梁間3間半)(町文化財)、左に神饌所があります。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社拝殿
















向拝虹梁に「菊、雲、口に彩色が施され玉眼の龍」の透かし彫り。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社拝殿向拝の龍
















拝殿扁額「白鳥大明神」、左に明治42年の「6社合祀額」。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社拝殿変額
















向拝の木鼻には、玉眼が嵌め込まれた「唐獅子・牙に鼻を巻き付けた象」。
因みに左右角の木鼻は、目・口に彩色を施した「唐獅子2体」です。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社拝殿左木鼻苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社拝殿右木鼻
伊達氏家紋「三引両紋」の賽銭箱。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社賽銭箱(伊達家家紋三引両紋)













幣殿左右の玉垣外に「狛犬」。
西側(左)は顔の欠損、コケ(斑点)等から、東側(右)と比べると一見対に見えませんが、体躯全体から対と思われます。台石側面の文字がはっきりしませんが、文化(1804~17)建立と読み取れますが。
又、この狛犬(先代)と並ぶように、玉垣内左右にも手足が欠損の一対の狛犬(先々代?)が安置されていました。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社幣殿左側の狛犬苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社幣殿右側の狛犬
透塀を巡らせた享保3年(1718)片倉家寄進による3間社流造りの「本殿」(県文化財)。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社本殿
















北側からの本殿。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社本殿後方
















往時より、当地方には白鳥に纏わる言い伝えから、白鳥を神の使いとする慣習がありました。
本殿後方(北)に崇拝の証として奉納された「白鳥古碑群」があります。
左から)寛文13年(1673)、元禄12年(1699)、文政11年(1828)、元文元年(1736)、元文4年(1729)、左側は蔵王町最古の古碑として蔵王町有形民俗文化財に指定されています。
刈田郡蔵王町宮・刈田神社本殿後方の石碑群















西側に神馬舎、忠魂碑、慰霊塔。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社御神馬殿















神馬。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社御神馬















西側に境内社4社、南から「赤児養育社」。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社・赤児養育社















「愛宕神社」。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社・愛宕神社
















「宝蔵稲荷神社」。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社・・宝蔵稲荷神社
















「山の神」。
刈田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社・・山の神
















御神木「夫婦スギ」。
苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社御神木の杉























宮城県白石市斉川・田村神社

田村神社(斉川字向山115)は越河駅から徒歩25分程、旧奥州街道の難所・鐙摺坂沿いに鎮座。

当社は、延暦20年(801)征夷大将軍坂上田村麻呂が奈良後期より続く蝦夷反乱鎮圧の途次、斉川で禊をし、村人達を困らせていた山賊を退治し、田や稲作りを指導した為、斉川は豊かな里となったといいます。後、その恩徳に感謝した村人達は、田村麻呂を奉る祠を建立して古将堂と称したのが起源とされます。
後に現社名に改称、明治5年(1872)村社に列し、3年後に放火で灰燼に帰しましたが、同12年社殿が再建されました。  
同40年(1907)供進社に指定、42年に水神社・金毘羅神社等9社を合祀しています。
祭神「坂上田村麻呂 鈴鹿神女」を安置。

鐙摺坂沿の参道口。
白石市斉川・田村神社
















扁額「田村神社」を掲げた明神鳥居、手前に龍口の手水舎。
白石市斉川字向山・田村神社社頭















元禄2年(1689)芭蕉と曽良は「奥の細道」紀行の途次、佐藤継信・忠信兄弟の妻の甲冑姿を拝観し、奥の細道に記している。
参道沿いに「二人の嫁がしるし まずあわれなり 女なれども かいがいしき名の 世に聞えつるものかなと 袂をぬらしぬ 芭蕉奥の細道より」と刻む石碑があります。
白石市斉川上向山・田村神社石碑















甲冑堂は、文亀年間(1501~3)子孫・佐藤左衛門亮信治が建立しましたが、放火による焼失で、昭和14年六角堂として再建されました。
堂内には、義経臣佐藤継信の妻・楓、忠信の妻・初音の甲冑装束姿像(楠の木像)が安置されています。
往時より楓・初音像は種々の文献に搭載され、江戸期には人の鑑とする孝婦像として広く世に知れ渡りました。
白石市斉川向山・田村神社境内の甲冑堂

















源義経の臣佐藤継信・忠信(大鳥城主佐藤荘司基治の息子)兄弟は、平家追討に多くの武勲を立てましたが、継信(兄)は元暦元年(1184)四国八島の戦いで義経の身代わりで戦死。忠信(弟)も、義経一行を落ち延びさせた後、文治2年(1186)身代わりとなり壮烈な最期を遂げている。
息子達の死を悲しむ母親を励ます為、嫁達は夫を失った悲しみを押さえ、形見の甲冑装束姿で息子の姿を見せて喜ばせたといいます。
忠信の妻「初音像」(左)、継信の妻「楓像」。(木像:小室達氏 壁画:小倉強氏)
白石市斉川・田村神社甲冑堂の木像
















元文3年(1738)、江戸中期の俳人・山崎北華(三左衛門)は「奥の細道」の足跡を辿り、鐙摺坂を経て甲冑堂の甲冑装束像を見て「卯の花や 威し毛ゆゝし 女武者」(卯の花や おどしげゆゆし 女武者」と詠み、斉川に向かいました。
天井には北華が詠んだ「卯の花」が描かれています。
白石市斉川・田村神社甲冑堂天井絵














元禄9年(1696)天野桃隣は、師・芭蕉の「奥の細道」の足跡を辿り、斉川を訪れました。
傍らには堂再建を記念して建立された桃隣句碑があります。
白石市斉川字向山・田村神社境内の桃隣句碑
















天野桃隣句碑「以く左めく 二人のよめや 花あや免」(戦めく 二人の嫁や 花あやめ)
白石市斉川上向山・田村神社桃隣句碑



























昭和32年建立「狛犬」。
白石市斉川上向山・田村神社吽狛犬白石市斉川上向山・田村神社阿狛犬
拝殿は入母屋造り。
白石市斉川・田村神社拝殿
















拝殿扁額。
白石市斉川字向山・田村神社社拝殿扁額
















欅の木目が美しい向拝虹梁「波・ウサギ?」
白石市斉川・田村神社拝殿向拝












流造りの本殿。
白石市斉川上向山・田村神社本殿
















本堂裏(南)に庚申、石祠等石塔群が祀られています。
白石市斉川・田村神社本殿裏の石碑群















南側に古井戸。
白石市斉川上向山・田村神社古井戸
















資料館。
市斉川・田村神社資料館















御朱印。
白石市斉川・田村神御朱印















再び(月末)訪れた境内は、美しい紅葉に彩られていました。
白石市斉川・田村神社境内の紅葉



















奥州街道⑩越河駅~北白川駅

今回も福島行きの夜行バスを利用、始発で越河駅へ。
「行程」
越河駅(6:42)~仙臺元標~金毘羅大権現~馬頭観世音~馬牛沼・明治天皇御駐蹕之碑~旧道(鐙摺坂)分岐点~石塔群・田村神社・鐙摺坂遺跡~鬼ずるす石説明版~斉川宿・宿看板・宿入口枡形跡・秋葉山・大義寺参道口・検断(島貫家)・町並み・枡形跡(宿出口)~鳥居坂~道標他~南妙法蓮華経他~道祖神社~白山神社~二十三夜塔~傑山寺・片倉小十郎景綱墓標(一本杉)~東京街道道標~白石宿・白石城三階櫓・常夜燈・神明社・武家屋敷(旧小関家)・沢端川取水口・片倉小十郎歴代廟所(愛宕山)・神石白石・宿南入口の枡形・当信寺山門・真田阿梅墓・大八墓・中町の枡形跡・白石駅・寿丸屋敷(渡辺家旧宅)・外曲輪取水口・蔵王酒造・長町市神・石津屋・亘理町市神(深山社)・延命寺山門・安珍地蔵尊・岡崎旅館・旧家・温麺発祥地~白石大橋~伊達政宗陣場跡・世良修蔵墓・木戸孝允献納石灯籠~馬頭観世音~子捨橋~蔵王町標識~旧道分岐~刈田宮宿・石塔群・枡形跡・愛染明王碑他・小野訓導殉職記念碑・町並み・明治天皇後駐蹕之碑・検断跡・羽前街道(笹谷街道)追分・刈田嶺神社・蓮蔵寺・道標・三谷寺~宮大橋~東北新幹線高架~旧道と県112号合流点~白石川~北白石駅(17:08)

「白石市」(五賀前原~越河河平)
越河駅前を北上し、斉川の二枚橋を過ぎると、下部に几号水準点「不」が刻まれた明治22年(1889)建立「距仙臺元標十五里」があります。
白石市五賀前原・距仙臺元標十五里石碑
















たわわに実る
白石市五賀前原の街道沿いのリンゴ

















数分先、左段上に文久元年(1861)建立「金毘羅大権現」。
白石市五賀前原・金毘羅大権現碑
















「越河分団第六班」脇に昭和8年(1933)建立「馬頭観世音」。
白石市越河平下谷地・馬頭観世音
















(斉川~〃馬牛)
R4号に合流し緩い上りを約1K北上すると、左に平安初期(794~)征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐の途次、乗馬が沼に落ち死んだことに因む「馬牛沼」、明治後期から鯉養殖場になり、湖中に「鯉供養碑」があります。
又、右手の馬牛山(標高240m)は、天文年間(1532~55)伊達氏臣・桑折播守の居館跡です。
白石市斉川・馬牛沼















「馬牛沼」説明版。
白石市斉川・馬牛沼説明版














明治天皇は明治初期の東北御巡幸の折、旧斉川村(斉川宿)・検断「島貫家」(後述)で御休息されました。向かい(東)に大正4年(1915)建立「明治天皇御駐蹕之碑」。
又、すぐ先の畔沿いに明治27年(1894)建立「講渠由来基碑」等石塔3基があります。
白石市斉川馬牛・明治天王御駐蹕ノ碑
















(斉川伊具田~〃上向山~〃坊ノ入)
先で右前方の鐙摺(あぶみすり)坂(旧R4号)へ進みます。
往時、鐙摺坂は道幅狭く険しい難所坂で、平泉へ向かう義経が乗馬で通る際、大岩に鎧を摺ったことに由来。
白石市斉川伊具田・旧道への分岐点
















緩やかな鐙摺坂を進むと、右の山裾に寛延4年(1751)建立「庚申」、「孫太郎虫供養碑」(写真中)、「聖徳太子」、多くの庚申塔等石塔群が祀られています。
孫太郎虫」と呼ばれるヘビトンボの幼虫は、焼いたものが子供の疳に効くとされ、往時より斉川宿(後述)の名産品として広く知られています。
白石市斉川字向山・石塔群















北側に坂上田村麻呂を奉る「田村神社」。
往時、村人達は斉川周辺に出没する山賊に苦しみ、下向中にこれを知った坂上田村麻呂が退治、後、その恩徳を慕う村人達が祠を建立したのが起源とされます。   ※詳しくはこちらを
白石市斉川字向山・田村神社社頭















昭和14年(1881)再建「甲冑堂」には、源義経の臣・佐藤継信の妻・楓、忠信の妻・初音の木造甲冑像を安置。
治承4年(1180)、義経に従い継信・忠信兄弟は矢島の戦いで討ち死、2人の嫁が甲冑装束を纏い老母を慰めたと伝わり、「御影堂・故将堂」とも呼ばれます。
傍らに、江戸期の俳人・天野桃隣(勘兵衛)が元禄9年(1696)に詠んだ句碑があります。
以く左めく 二人のよめや 花あや免」 
白石市斉川向山・田村神社境内の甲冑堂

















芭蕉と曽良は「奥の細道」紀行の途次、奥州街道最大の難所・鐙摺坂を通り、「才川ヨリ十町程前に、万ギ沼 万ギ山あり。ソノ下ノ道、アブミコブシト云ウ岩アリ」と記し、又、桃隣は芭蕉3回忌に当たる元禄9年、師の「奥の細道」の足跡を辿り、俳諧紀行「陸奥衛」で鐙摺の岩ありと記している。
本堂裏手の山林内に残る古道「鐙摺坂」、大岩「鐙摺岩」が往時を偲ばせます。
白石市斉川字向山・鐙摺坂上の旧鐙摺坂
















街道が緩やかに左に曲がる右(東)に「鬼ずるす石」説明版。
「目の前の岩倉山南斜面には、各所に石臼のように人力で動かせる岩が露出し、往時、岩窟に住む鬼形の者が、村人や旅人を捕らえては鬼ずるす石を石臼のように砕いて食らったという伝説に由来。」
白石市斉川・鬼するす石説明版















すぐ先の斎川は、坂上田村麻呂が山賊退治の際の禊ぎの川です。斎川大橋の渡り詰めで屋根付看板が置かれた「斎川宿」に入ります。
斉川宿は宿並み3丁10間(約345m)、街道沿いに58戸が軒を連ね、紙・ジュンサイ・孫太郎虫が名産品でした。
白石市斉川・斉川宿看板
















(斉川町屋敷~地宮)
斉川宿入口の枡形跡
白石市斉川宿入口枡形
















右に火伏の神、嘉永4年(1851)建立「秋葉山碑」。
白石市斉川町屋敷・秋葉山碑















すぐ先、左の道は250m西の苅田三十三観音第7番札所・臨済宗「大義寺」参道口です。
入口には、竿に「聖観世音」と刻む寛政2年(1790)建立「常夜塔」、永代供養塔、文化7年(1810)「子育て観世音」、文久3年(1863)・享保20年(1735)「名号塔」等が祀られています。
白石市斉川町屋敷・大義寺参道口の石塔群
















左に土塀と板塀の「検断・島貫家屋敷跡」。
島貫家は、宿場の人馬人足の取り仕切りや諸大名の宿泊所として指定され、幕末期は肝煎り(世話役)も兼任していました。
白石市斉川町屋敷・検断屋敷跡
















東北御巡行では当家で御休憩され、右手に昭和10年(1935)建立「明治天皇御小休息所跡碑」。
白石市斉川町屋敷・検断屋敷内の明治天皇石碑
















雑草に覆われ全体が撮れませんが、大きな建物です。
白石市斉川町屋敷・検断屋敷
















緩やかな上りの町並み
白石市斉川地宮・斉川宿の町並み















宿出口の枡形跡
白石市斉川地宮・斉川宿出口の枡形跡
















東北本線沿いに北上し、奥州街道斉川踏切を渡ると鳥居一里塚が築かれていた「鳥居坂」の上りに、先でR4号に合流。
白石市斉川鳥居坂・鳥居坂
















(鳥居坂北~地蔵院舘~賽ノ上)
歩道橋を過ぎ、「300、7Kポスト」横に正面「距仙臺元標十四里」、側面「磐城国苅田郡」と刻まれた明治22年(1889)建立「道標」(左)、横に元治元年(1864)馬頭観世音。
白石市斉川字地蔵院館・道標
















中斉川バス停手前左に明治26年(1893)建立「南無法蓮華経」(左写真)、先で東北新幹線高架を潜ると右田圃沿いに明治4年(1871)建立「馬頭観世音」 「南無法蓮華経」が祀られています。
白石市斉川地蔵院館・南無法蓮華経白石市斉川地蔵院館・馬頭観世音他
すぐ先、左段上に御神体「陽石]を奉る流造りの「斉川道祖神社」。
本殿左に陽石を祀る石祠群、明治21年(1888)建立「古峰神社碑」、右に明治22年(1889)建立「湯殿山碑」が祀られています。
白石市斉川賽ノ神・道祖神社
















高床式本殿の床下に大小の「陽石」。
白石市斉川賽ノ上・道祖神社床下の陽石群
















150m先で左後方へ、この分岐点右に馬頭観世音・南無阿弥陀仏があり、川沿いに進むと「白山神社」境内に文化7年(1810)建立「庚申」、「庚申青麻三光宮」、「名号塔」等石塔群があります。
白石市斉川・白山神社
















(大平中目~上久保~南町)
東北自動車道を潜り、先の白石市大平交差点を右折して旧4号を北上、左のセブンイレブン白石大平店の右側で左前方の旧道へ進みますが、分岐点右植え込みに安政2年(1855)建立「二十三夜塔」、先で再び旧4号に合流します。
白石市上久保・旧道分岐点の二十三夜塔















街道西側の丘陵を背に、慶長13年(1618)初代片倉小十郎景綱が創建した臨済宗「傑山寺」。
初代景綱公、2代重長公等片倉家菩提寺で、本堂前に初代「片倉小十郎景綱公像」があります。
白石市南町・傑山寺本堂
















景綱の没後から65年後の延宝8年(1680)10/14(景綱命日)、3代景長は景綱の遺骨を分骨し、2代重長と共に白石城を一望する愛宕山(後述)に改葬しています。
本堂西側に11代以降の藩主、阿弥陀如来像の下に2代以降の代々奥方が眠る「片倉家墓所」。
白石市南町・傑山寺の片倉家墓所
















伊達政宗は、景綱(元和元年(1615)没)の葬礼に際し、自身の愛馬に棺を引かせ功臣に別れを告げたといいます。
白石市南町・傑山寺の片倉小十郎景綱墓標
















遺骸は本堂を見下ろす高台に埋葬され、敵に暴かれぬよう1本の杉を植え墓標としました。
初代片倉小十郎景綱公墓「一本杉」。
白石市南町・傑山寺の一本杉

































傍らに各輪正面に「空・風・火・水」と刻まれた奥方墓「五輪塔」。
白石市南町・傑山寺の片倉小十郎景綱奥方墓















(南町~益岡町~西益岡町~福岡蔵本勝坂字勝坂~沢端町)
街道は田町交差点の次の信号交差点で右折しますが、左折した市立白石中学校正門前の右角に「手差し Main Road.For Tokyo 一等道路東京街道」と刻まれた「東京街道道標」、左に「旧北寺前碑」があります。
白石市南町・市立白石中学校正門前右・道標
















更に信号交差点を北上、先に白石城大手一ノ御門へ向かいます。
白石城は、刈田左衛門尉経元(白石氏祖)が、後三年の役(1083~7)の功で源義家より苅田郡・伊具郡を拝領、白石を本拠地として白石川南岸の丘陵に舘を築いたことに始まります。
天正19年(1591)蒲生郷成により本格的に築城され、関ヶ原合戦後に伊達領となり、家臣片倉小十郎景綱により大改修がなされ、明治維新までの260年間に渡り片倉氏の居城として栄えました。
本丸跡西北角に平成7年復元された「三階櫓」。
白石市益岡町・白石城三階櫓

















今日は1.2K程西の愛宕山へ行く為、ここからレンタサイクル(貸出・歴史探訪ミュージアム)で回ります。
西側の神明社入口前に昭和14年(1939)建立「常夜塔」。
宮城県白石市益岡・神明社入口の常夜燈
















遊歩道を挟んで南側に、慶長7年(1602)亘理郡小堤村から二ノ丸跡に遷座され、以後、片倉家代々に及ぶ城の鎮守・領内の鎮守として尊崇を受けてきた「神明社」。
往時、参道口には北からの敵に対する本丸の防御拠点の一つ「厩口門」(馬を出入り)が置かれ、明治維新後、延命寺山門(後述)として移築されています。
白石市益岡町・神明社鳥居
















昭和2年(1927)郷社に列し、現社殿は昭和10年(1935)造営。
祭神「天照大御神、伊達政宗公(武振彦命)・片倉小十郎景綱公(奇敏鎌苅田彦命)等18柱」を安置。
※詳しくはこちらを
白石市益岡町・神明社拝殿
















城址北側の沢端川沿いに棟門を構えた佇まい、享保15年(1730)築「武家屋敷(旧小関家邸宅)」(県文化財)。
白石市・武家屋敷(旧小関家)















遊歩道を進むと、城址西側に内堀用に白石川から引いた水は、ここで外堀の沢端川と分流する沢端川取水口
宮城県白石市・白石城西側の沢端川取水口
















東北自動車道を超え、緩い坂を上っていくと愛宕山入口に「片倉小十郎歴代廟所」看板、ここで自転車を降り愛宕山中腹へ。
白石市福岡蔵本勝坂勝坂・愛宕山への片倉小十郎霊廟入口
















3代景長は、白石城を望める愛宕山の山麓を代々城主の墓所と決め、初代景綱の命日に、傑山寺に埋葬された景綱・2代重長墓をここに改葬(前述)し、仙台の石工に彫らせた阿弥陀如来像を墓標としました。
杉木立に守られるように「白石城主 片倉家歴代廟所」(市史跡)。
白石市福岡蔵本勝坂勝坂・片倉小十郎歴代廟所















初代景綱を中央に整然と並ぶ阿弥陀如来像墓標、10代宗景は角柱型墓碑となっています。
白石市福岡蔵本勝坂勝坂・愛宕山の片倉小十郎歴代墓碑
















「片倉家歴代廟所」説明版。
片倉小十郎歴代廟所説明版














慶応4年(1868)新政府との戊辰の戦いで奥羽越31藩は降伏、後、生活の糧を失った家臣の多く(地方知行内)は、帰農の道を選び北海道へ開拓移住し、幾多の苦難を乗り越え札幌市白石区・登別市発展の礎を築きました。又、移住の際、登別に片倉家守護神「刈田神社」(後述)が分祀されています。

廟所前に大正4年建立「追贈居士 殉死之士碑」、横に景綱に仕え殉死した「家臣6名の墓碑」。
奥に移住の際、家臣達が建立した二宮尊徳高弟片倉家臣倉田耕之進聖純揮毫による「片倉小十郎惣家中先祖代々碑」があります。
白石市福岡蔵元勝坂・愛宕山の殉死者碑















白石城まで戻り、北東100mの路地に地名に因む「神石白石」。
三ノ丸外堀にあたる沢端川と白石城との中間点で、藩政期に“神の宿る石”として祀られていました。
横に由来を記した大正4年建立「白石記碑」があります。
白石市沢端町・神石白石
















「神石白石」説明版。
神石白石説明版














(本町~沢目~中町)
白石宿は、慶長9年(1604)伊達正宗の重臣・片倉小十郎景綱が城の大改修と共に、6町(本町 中町 長町 亘理町 短ケ町 新町)で形成する城下町(1万8千石)を整備、宿の長さは約1.4Kです。 
街道沿いに間口が狭く奥行ある町屋を配し、外堀の役目を果たす沢柿川の北西に枡形道を、その北側に武家地が置かれました。 
街道歩きの再開です、市立白石中学校前を東に進み、本町大通り商店街への交差点(変則十字路)を左折する枡形、ここが白石宿入口(南口)です。
白石市本町の枡形跡(宿入口)
















枡形を折れた右に慶長2年(1597)創建「当信寺」、城下整備と共に現在地に遷座された浄土宗の古刹。
本尊「阿弥陀如来坐像(像高42.6㎝)」(市文化財)は、大坂夏の陣(慶長20年)の際、片倉家臣が兵火で焼失する四天王寺から譲り受けたとされるヒノキの寄木造りで、黒本尊と称されています。

山門」は、白石城東門(二ノ丸大手門二ノ門)の遺構で、城下に時を知らせる太鼓門を兼用した三間一戸の楼門。 移築後、眼象窓や狭間等の開口を無くした改修がなされています。 
白石市本町・当信寺山門
















真田幸村(信繁)は大坂の陣の落城前、子4人(阿梅 阿菖蒲(六女) おかね(七女) 大八)を2代城主片倉重長に託しました。 二女・阿梅は、当家侍女として仕えていましたが、幸村三女と判明後に重長の継室(二代奥方)に、又、次男・大八(幼名)は、寛永17年(1640)伊達家に召し抱えられ真田四郎兵衛守信と称しましたが、後、片倉姓に改称し仙台藩士(300石)となりました。

本堂裏手に如意輪観音像の「阿梅墓」(左)、隣に「大八(守信)墓」。
如意輪観音像は歯痛で頬を押さえている姿から、飲むと効用ありと伝わり削られています。
白石市本町・当信寺の真田阿梅・大八墓
















本町と中町の境、中町交差点(県108号)の「枡形跡」。
白石市中町・中町交差点の枡形跡
















白石駅(東北の駅百選)  明治20年(1887)12/15開業。
白石駅東北本線・白石駅S











駅前南側に創設時のレンガ造り「油庫」。
白石駅・油庫














中町交差点(枡形跡)に戻り、右(北東)角にイベント等が開催されるスマiル広場、北側に江戸~明治期に呉服太物 質屋 塩問屋 醤油・味噌醸造を商い、当地の経済に貢献した豪商「渡辺家旧邸」。
屋号「寿丸」から寿丸屋敷と称され、明治~大正期築の土蔵群が残されています。
白石市中町・寿丸屋敷の土蔵
















渡辺家主屋。
白石市中町・寿丸屋敷
















次の十字路を左折、左に東西に流れる沢端川からの外曲輪取水口(写真左)があり、蔵王酒造の倉庫群が立ち並んでいます。
白石市中町・外曲輪取水口と蔵王酒造倉庫群
















(東小路~長町)
西側に明治6年(1873)創業「蔵王酒造」。
白石市・蔵王酒造















江戸期、6商人町毎に六斎市(6回/月)が開かれ、各町に市神が祀られていました。
街道へ戻り長町の交差点を左折すると、㈱ブルケン東日本の手前に「長町市神」が祀られています。
白石市長町・長町市神
















(亘理町~不澄ケ池~亘理町)
江戸期、白石は阿武隈川の水運を利用し、呉服・酒・醤油・小物などを扱う商家が軒を連ねていました。
長町を北上すると丁字路(R113号)に突き当たり、正面に店蔵造りの「石津屋」。
白石市亘理町・有)石津屋の蔵造り
















街道は交差点を左折ですが、右折した北側奥に深山社と共に祀られている「亘理町市神」、境内には山神・庚申など自然石の石塔群が祀られています。
白石市亘理町・深山社(亘理町市神)
















真言宗延命寺は、本尊大日如来 歓喜天を安置、西国霊場苅田札所第三十三番です。
山門」(国文化財)は三間一戸の櫓門で、白石城の厩口門(神明社で述)が移築されています。
境内には、武蔵坊弁慶が薙刀を研ぎ、池にさび水が流れ込んで以来、濁ったままになったと伝わる地名に因む「不澄ケ池」があります。
白石市不澄ケ池・延命寺山門
















「安珍地蔵尊」は、僧安珍が行脚で一夜の宿の娘清姫に恋をされ、道成寺の鐘に隠れたが、大蛇と化した清姫の煩悩の炎で焼死、その供養で建立されたと伝わります、又、地蔵の足を舐めると、ころり大往生が叶うとされ、ころり地蔵とも呼ばれています。
白石市不澄ケ池・延命寺の安珍地蔵尊
















信号交差点(丁字路)に戻り、60m先の左に薬医門を構えた「岡崎旅館」。
白石市亘理町・岡崎旅館















(城北町~大川町)
左に海鼠壁の蔵を持つ鈴藤米穀店、手前路地奥の「人形の蔵」では、明治~大正期等の懐かしい品々や人形を展示しています。
白石市城北町・なまこ壁蔵の旧家















城北町交差点の南東角(白石消防所の右)は商家「大畑屋跡」で、「温麺発祥地」説明版があります。
元禄期、胃病で苦しむ大畑屋主人に、息子は旅の僧から習得した油を使わない麺を父親にすすめるとやがて全快。後、息子は味右衛門と名を改め、屋号も「大味」とし代々温麺を家業としました。
白石市城北町・白石消防署角の温麺発祥地説明版
















白石温麺発祥の商家「大味」
白石温麺発祥の家「大味家」
















正面に片倉家代々廟所がある愛宕山、街道は「標識」の十字路を右折して白石川に突き当たりますが、往時は船で対岸へ渡っていました。
白石市城北町・白石川への右折路
















白石川(延長60.2K)は蔵王連峰に源を発し、柴田郡柴田町槻木付近で阿武隈川に合流、昭和24年架橋「白石大橋」を渡ります。
白石市・白石大橋
















(福岡蔵本陣場~〃長袋山ノ下~〃八宮字青木下)
渡り詰の信号交差点を左折(県254)、白石川北岸の陣場山は、慶長5年(1600)政宗が段丘上に陣屋を築き、白石城を攻めた際の本陣を構えた伊達政宗公陣場跡です。
上り口右に「奥州鎮撫故参謀世良修蔵墓道」、左面に「従是一丁」と刻む角柱型「道標」、右手には聖徳太子 南無阿弥陀仏 馬頭観世音等石塔群が祀られています。
白石市福岡蔵元陣馬・伊達政宗公陣場跡入口の石塔群
















陣場山を上った正面に長州藩士「世良修蔵墓」(市史跡)。
修蔵は、戊辰の役で奥州鎮撫総督府下参謀として来仙していましたが、福島宿の妓楼「金沢屋」で仙台藩士達に襲撃で惨殺され、首は月心院(白石市)に葬られました。
明治3年(1870)改葬され、同8年県が墓碑を建立。 左に同藩士2名と従者墓、左側の石灯籠は磐前県令村上光雄が献納。

又、広場には奥州俳譜四天王の一人と称された白石の俳人・松窓乙二句碑「鶴奈東盤 東し興流毛乃越 者流之山」(鶴などはとしよるものを春の山)、幣東山神碑・幣束山神碑等の石塔等が点在しています。
白石市福岡蔵元陣馬・世良修蔵墓
















翌9年(1876)木戸孝允は明治天皇東北御巡幸で、同志に歌1首と右の石灯籠を献じ、
竿に「明治九年六月二十三日扈従龍駕過此地以吊世良氏之靈 従三位木戸孝允」と刻まれている。
白石地方は、明治5年1月宮城県に編入され、9年5月磐前県に属しましたが、8月に磐前県廃止で再び宮城県に戻った為、灯籠は僅か3ヵ月間の磐前県所属時代の記念物でもある。
白石市福岡蔵本陣場・木戸孝允献納灯籠白石市福岡蔵本陣場・世良修蔵墓前の石灯籠
渡り詰めに戻り県12号へ、市立福岡中学校の先のY字路は左へ進むと、左空き地に「馬頭観世音」、後方にも半分折れた文化10年(1813)建立「馬頭観世音」等が祀られています。
白石市福岡長袋山ノ下・馬頭観世音
















R4号に並行する旧道を進み、市域中程の八宮辺りで白石川に合流する子捨川を渡ります。
渡り詰めの「白鳥伝説」説明版によると、古くより当地方では白鳥を神聖化し、祈りや願いが語り継がれてきたとされ、川名はその伝説に由来します。
その一つ、八宮の南隣「長袋」に児宮社(白石川の橋袂)があり、日本武尊が宮の地に王子を残し帰京されたが、村人達が王子の偉貌や能力を恐れ、川に捨てると王子は白鳥と化し、村々に災いをもたらしました。村人は王子を捨てたことを悔い、白鳥を神として祀ったとされるなど、土地の人により子捨川と命名したと記されている。

親柱に大きなコケシが乗る「子捨川橋」、伝統こけしで知られる蔵王町はもうすぐです。
白石市福岡八宮字青木下・児捨橋















「苅田郡蔵王町」(宮~宮町)
約1.4K先で蔵王町に入ります。
苅田郡蔵王町・標識
















宮交差点手前で左前方の旧道(県12号)へ。
苅田郡蔵王町・宮交差点手前の旧道口

















刈田宮宿入口左に五輪塔 庚申塔 馬頭観世音等石塔群
苅田郡蔵王町宮・宮宿入口の石塔群
















刈田宮宿(宮宿)は、山形の羽前街道へ抜ける笹谷街道への追分があり、奈良~平安初期頃に羽前・奥州街道合流点になった頃から少しずつ町が形成されたとされます。戦国期(永正年間1504~20)、刈田嶺神社が青麻山から宮に遷座された事で、門前町として栄え、交通の要所として発展しました。
江戸初期の街道整備で宿場町となり、宿場等の治安を守る「検断」、人足や馬を管理する「伝馬所」が置かれました。江戸中期(安永1772~80)の戸数78軒、その多くは片倉家の家中侍が占め、宿の長さは約800m、江戸初期当時と変わらぬ町並みには、土蔵や店蔵が残されています。

宿入口の枡形跡
苅田郡蔵王町宮・宮宿入口枡形跡
















枡形内右に文化元年(1804)建立「愛染明王」(右)、明治17年(1884)建立「馬頭観世音」等石塔2基
苅田郡蔵王町宮・宮宿入口枡形右の石塔群















町立宮小学校入口に、女性教師(22歳)が白石川野外活動で溺れた児童を救う為殉職した大正12年(1923)建立「小野訓導殉職記念碑」。
苅田郡蔵王町宮・小野訓導殉職記念碑
















宮宿の町並み
刈田郡蔵王町宮・宮宿町並み















左の民家敷地に「明治天皇御駐蹕之碑」。
苅田郡蔵王町宮町・明治天皇御駐熚ノ碑
















隣に重厚な門構え「検断跡」。
刈田郡蔵王町・宮宿の剣断跡















先の三叉路(信号)で東(右)に伸びる筋は羽前(笹谷)街道分岐点です。鎌倉期や戦国期には軍用路としても使われ、又、江戸初期には山形や秋田の諸大名参勤にも利用された古街道です。
刈田郡蔵王町宮・羽前街道分岐点
















(宮馬場~宮町)
街道はこの三叉路を右折ですが、直進して200m先の刈田郡総鎮守「刈田嶺神社」へ。
刈田郡蔵王町宮・刈田嶺神社入口
















刈田嶺神社(祭神日本武尊)は、戦国後期に青麻山から現在地に遷座、白石城主片倉家の総守護神として歴代藩主 奥州藤原氏 伊達氏などから篤く保護された郡内最大の社。   ※詳しくはこちらを苅田郡蔵王町宮馬場・刈田嶺神社拝殿

















古くより当地方では白鳥に纏わる伝説(子捨川で述)があり、白鳥を神の使いとして尊ぶ慣習がありました。
本殿後方(北)に寛文 元禄 元文 文政期建立「白鳥古碑群」(町有形民俗文化財)。
崇拝の証として奉納され、碑面には「白鳥」が陽刻されています。
刈田郡蔵王町宮・刈田神社本殿後方の石碑群















三叉路(羽前街道分岐点)に戻り、左に真言宗「蓮蔵寺」。
参道口に「正面「東 仙臺方面 至 金ケ瀬村」、左面「福島方面 至 白石町宮村分會」と刻む「道標」、横に庚申碑があります。
刈田郡蔵王町宮字町・蓮蔵寺
















隣に臨済宗「三谷寺」、町立宮小学校前の殉職記念碑・小野先生の菩提寺です。
刈田郡蔵王町宮字町・三谷寺















(古川~宮椚~宮二坂)
松川に架かる宮大橋を渡り、蔵王町向山交差点でR4号に合流、横断して工場が立ち並ぶ南側に並行する旧道を道なりに進み、再び国道に合流。
刈田郡蔵王町・宮大橋















東北新幹線高架を潜ります。
刈田郡蔵王町宮椚・東北新幹線高架
















500m先の仙南生コンクリートで右の細い旧道へ、数分で蔵王町篭石交差点を右折した県112号に合流します。
刈田郡蔵王町・R4号蔵王町篭石交差点と並行する旧道
















「白石市」(白川小奥~〃津田下谷地)
新北白川橋からの白石川、渡ると再び白石市です。
刈田郡蔵王町・白石川
















北白川駅  明治44年(1911)12/19開業 無人駅。
東北本線北白川駅
















福島駅へ戻り新幹線で帰途へ。
2018/10/10 曇り。









宮城県黒川郡大衡町のマンホール

大衡村は、県中央に位置する県下唯一の村です。
宮城県黒川郡大平町・仕切弁


白石市福岡長袋山下で撮影。





「村章」、カラー仕切弁。
※白石市に設置された越境マンホールです。












宮城県刈田郡蔵王町のマンホール

蔵王町は蔵王連峰の裾野に位置し、町域の約6割を山林や原野が占めています。
町の木「ゴヨウマツ」、町の花「モモの花」。
宮城県苅田郡蔵王町・JIS汚水


宮一本松で撮影。





中心に「町章」、枠付きJIS規格汚水用(テトラポット)。










宮城県苅田郡蔵王町・


宮町で撮影。





長方形に「実をつけたモモの木」、下部に「汚」文字の汚水枡(径30cm)。








宮城県苅田郡蔵王町・消火栓(小)







二色の丸型カラー消火栓(ドット)。








宮城県苅田郡蔵王町・仕切弁(5分割)


宮一本松で撮影。



4分割のカラー中心円に「町章」、周囲は5分割(モルタル)の仕切弁。








宮城県苅田郡蔵王町・仕切弁






カラー仕切弁(ドット)。








宮城県苅田郡蔵王町・仕切弁1


宮町で撮影。





中心円が凹型のカラー仕切弁(ドット)。








宮城県苅田郡蔵王町・排水弁1







中心円を大きく,ドット数も少ないカラー排水弁。








宮城県苅田郡蔵王町・排水弁


宮一本松で撮影。





カラー排水弁(ドット)。







宮城県苅田郡蔵王町・消火栓








外周(ドット)をカラーにした角形空気弁(アーガイル)。





















宮城県白石市のマンホール

宮城県白石市・カラー汚水(白石城)


東北本線白石駅前で撮影。





カラー汚水用には「白石城」、
左右に市の花「ヤマブキ」、「清流」、下部に「おすい・しろいしし」文字がデザインされています。








宮城県白石市・汚水(白石城・大文字)


上久保で撮影。






汚水用。









宮城県白石市・汚水(ヤマブキ)枠付き



斎川新町尻で撮影。






「市章」、満開の市の花「ヤマブキ」、枠付き汚水用。








宮城県白石市・汚水(ヤマブキ)



本町で撮影。






「市章」、市の花「ヤマブキ」、上下に「しろいし・おすい」文字の汚水用。







宮城県白石市・農集排親子


越河で撮影。







「白石城」、石垣に「市章」入りの農集排の親子蓋(テトラポット)。






宮城県白石市・農集排









同デザイン農集排。









宮城県白石市・農集排汚水桝








同デザイン農集排の汚水枡。






宮城県白石市・汚水枡プラ



五賀荒屋敷で撮影。





「市章」、汚水枡(プラ)。






宮城県白石市・汚水枡JIS


亘理町で撮影。





汚水枡(台形の放射状模様)。







福島県白石市・汚水枡JIS








上部に「市章」の汚水枡(アーガイル)。







宮城県白石市・汚水親子JIS



本町で撮影。





角型斜め分割蓋、中心に「市章」を入れた手毬模様の汚水用親子蓋(ドット)。









宮城県白石市・仕切弁


上久保で撮影。





「市章」、カラー仕切弁。






宮城県白石市・仕切弁vp75








「市章」、「VP75」のカラー仕切弁。







宮城県白石市・仕切弁VP100







「市章」、「VP100」のカラー仕切弁。







宮城県白石市・仕切弁枠付き








「市章」、5分割(コンクリート)枠の仕切弁。







宮城県白石市・カラー排水弁







「市章」、「VP75」のカラー排水弁(2色)。








宮城県白石市・カラー空気弁JIS



南町で撮影。




「市章」、角型カラー空気弁(ドット・アーガイル)。







宮城県白石市・空気弁JIS


斎川町屋敷で撮影。




外枠(コンクリート)内に「市章」入りの角空気弁(アーガイル)。






宮城県白石市・角消化栓(分割)


越河寺で撮影。






「市章」、斜め分割角型消火栓(ブロック)。






宮城県白石市・角JISカラー消火栓


福岡長袋で撮影。





「市章」、角カラー消火栓(ドット)。







宮城県白石市・角消化栓(文字)


城北町で撮影。





「白石」、「水道」文字の角型消火栓(アーガイル)。






宮城県白石市・丸カラー消火栓JIS



本町で撮影。







「市章」、カラー丸消火栓(七宝・ドット)。











福島県二本松市・二本松提灯祭り

日本三大提灯祭りの一つ・二本松神社例大祭「二本松提灯祭り」(10/4~6)に行ってきました。
ポオスターPA040168_convert_20181011202120

















提灯祭りは、本町・亀ヶ谷の若連が神輿渡御したことに始り、時を経て提灯を下げた太鼓台の引き回しとなり、竿灯祭り、尾張津島天皇祭と共に日本三大提灯祭りの一つに数えられています。
太鼓台の提灯への採火は17:30頃、2時間近くある為、市内をブラブラしたりして旧日本松藩鎮守「二本松神社」へ。

7町内(郭内・根崎・竹田・亀ヶ谷・本町・松岡 若宮)の提灯を下げた鳥居、参道口から境内迄の石段左右に御神紋「違棒 三ツ巴」の提灯が灯されています。
福島県二本松市・二本松神社例祭の社頭
















今回は、祭礼で拝殿に掲げられている貴重な奉納絵馬を拝見することが出来ました。
嘉永4年(1851)9代藩主丹羽長富公が奉納「源頼政鵺退治の図」(有形民俗文化財)、右に歴代藩主の守護神扁額「八幡宮」、見えませんが右に領民の守護神扁額「熊野宮」、神輿2基が安置されています。
福島県二本松市・二本松神社拝殿内(提灯祭)
















祭り初日(4日)、昼間に各町内を回った7地区の太鼓台は、夕方に本町通り(県355・旧奥州街道)・亀谷交差点(出発点)に集まります。
亀ヶ谷交差点に向かう若宮地区太鼓台。
二本松市・提灯祭(若宮)
















若衆が着る鯉口シャツ(縮緬地)には尾長鳥と桐。
二本松市・提灯祭の若衆法被
















松(枩)岡地区の先頭は、「日本松少年隊」の袴姿で若き獅子達が盛り上げます。
二本松市・提灯祭の二本松少年隊
















町紋(本町・亀谷・竹田・枩岡・根崎・若宮・郭内)幕が掲げられた出発点(亀谷交差点)北側、太鼓台はこの向かいに並びますが、すでに多くの人たちで埋め尽くされています。
二本松市・提灯祭の亀ヶ谷枡形
















出発点に集まった太鼓台、其々の屋根係は片手を横に滑らしながら“ワッショイ”の掛け声で祭りムードをさらに盛り上げます。
二本松市・提灯祭の亀ヶ谷交差点
















通りに拍手とざわめきが・・・二本松神社の御神火が到着、各太鼓台に渡されます。
福島市二本松市・提灯祭の御神火















300個の提灯一つ〃のローソクに点火していきますが、全灯まで思っていた以上の早さでした。
日本松市・提灯祭の火入れ
















信号機も消された暗闇に浮かび上がる灯り、やはり電気とは一味違う和らかさが趣あります。
この後、切通しを上る引き回しを見たかったのですが、帰宅時間を考え又の機会に。
二本松市・提灯祭7町内の提灯屋台
















駅への途次、二本松神社の社頭。
二本松市・二本松神社社頭の祭礼提灯




















宮城県宮城郡松島町のマンホール

宮城県宮城郡松島町・汚水(瑞巌寺五大堂)


松島町で撮影。






汚水用には「町章」、
東北地方最古の桃山建築「瑞巌寺五大堂」がデザインされています。








宮城県宮城郡松島町・JIS汚水










JIS規格汚水用。












秋田県仙北郡西木村(現・仙北市)のマンホール

平成17年(2005)9/20、仙北郡角館町 〃田沢湖町と合併して仙北市となりました。
秋田県仙北郡西木村(仙北市)・汚水


西明寺で撮影。





中心に「村章」、
村の花「マリーゴールド」を放射上にデザインした汚水用。














岩手県花巻市のマンホール

平成18年(2006)1/1、花巻市は稗貫郡石鳥谷町 〃大迫町 和賀郡東和町と合併して新花巻市が発足。
岩手県旧花巻市・カラー汚水(鹿踊り)


湯本で撮影。




中心に「旧市章」、鳥谷ケ崎神社祭礼で行われる「鹿踊り」、旧市の花「キク」、市の花「ハヤチネウスユキソウ」、
周囲に「花巻は湯のまち 詩のまち 花のまち」文字がデザインされたカラー汚水用。









岩手県花巻市・汚水(鹿踊り)








汚水用。















このページのトップへ